災害時要援護者を災害から守ろう

災害時要援護者を守るには

高齢者、子ども、障害者、外国人など災害時に手助けが必要な方(災害時要援護者)がいます。こうした方々は、突然見舞われた災害に、自カでの避難が難しく、すぐに対応ができないため、避難が遅れたり、不自由な生活を強いられたりすることが考えられます。

過去の災害では、阪神・淡路大震災で多くの高齢者が亡くなられたり、東海豪雨水害でも逃げ遅れた人たちの多くが災害時要援護者とその家族でした。こうした問題は、地域社会において重要な課題です。地域で一体となって、災害時要援護者への協力・支援体制を整えていく必要があります。誰もが安心して生活できるために、一人ひとりができることは何かを考えましょう。

地域でできる対策

・災害時要援護者の視点に立って、避難所、避難路を確認する。イラスト

・高齢者、子ども、障害者のいらっしやる家庭と日頃から、交流を密にしておく。もし災害が発生したら、何ができるのか、何をしてほしいのかを事前に理解しておくことが大切。
また、避難の際は、声を掛け合い、一緒に避難するようにしましよう。

・災害時要援護者支援について地域住民間で問題意識を持つ。防災訓練に一緒に参加するなど実践的な支援体制を考えましょう。



愛知県のマーク

防災局防災危機管理課