トップページ>あなたの街の消防団>常滑市消防団の紹介

常滑市消防団の紹介

消防団員になろう!!

消防団の歴史

常滑市消防団活動風景01
昭和29年4月 大野町、鬼崎町、常滑町、西浦町、三和村が合併し常滑市になり、常滑市連合消防団が結成
昭和31年4月 連合消防団5団を統合し常滑市消防団になる
昭和32年4月 小鈴谷町の坂井以北が常滑市に合併されたことにともない1団14分団485人となる
昭和58年2月 日本消防協会最高栄誉賞である最高表彰「まとい」を受章

消防団再編を重ね、平成23年度現在4分団9班体制、条例定数200人

年間行事

常滑市消防団活動風景02

消防出初式、消防団観閲式、市総合防災訓練、地区防災訓練、市消防団操法大会、年末夜警、文化財防火訓練、春季・秋季火災予防運動、防災パレード、教養訓練、樋門点検

すべては常滑市民の生命・身体・財産を守るために

常滑市消防団活動風景03

常滑は平安鎌倉期から瓦土管などの焼き物の町だったため、歴史的に防火意識が高い町といえます。そのため消防団では、かけがえのない市民の生命・身体・財産を守るため、様々な活動を行っています。

訓練・講習は消防ポンプ自動車操法を中心に、水害のための土のう積み、建物倒壊訓練、心肺蘇生法・AEDの救命、溺れた人を助ける水難救助など多岐に渡っています。また、地域の住民と防災訓練や火災予防を呼びかける広報活動や、祭、盆踊り、花火大会では、交通整理、警備などを行っています。火災の際は現場に出動しますし、台風が近づいてきたら堤防にある樋門を閉めるなど、地域の皆さまが少しでも安心して暮らせるよう活動をしています。

県の操法大会では入賞の常連です

常滑市消防団は4分団9班で構成され、消防ポンプ自動車8台・小型動力ポンプ付搭載車1台が配備されています。この車両を使って消火活動の基本となる消防ポンプ自動車の操法の訓練を行います。訓練は、夜、小学校の校庭にナイター照明をあて行います。大会の前は目を太陽に慣れさせるため朝訓練もします。県大会には、市大会で優勝した分団が出場。分団同士競争心を持つことが、それぞれの分団のレベルアップにつながります。 県大会では、ほぼ毎年入賞し、優勝経験もあります。

若い団員が多く、女性団員も所属しています

常滑市消防団活動風景04

団員の平均年齢が28.5歳、分団長の平均年齢が31歳と若く、学生の団員も所属。新入団しても、ジェネレーション・ギャップを感じずに活動をすることができます。

また、分団ではなく本部に所属する本付女性団員9名が、地域の皆さまと消防団をつなぐ存在として活動しています。子どもたちに防災の紙芝居を見せたり、団の車両でエリア内を回りマイクで防災を呼び掛ける広報をしたり、そのほかAEDの救命法の講習など、女性ならではの活動をしています。

地元で頼りにされる存在になれるよう活動をしています

常滑市消防団活動風景05

消防団に入って活動を続けると、地元の方から顔や名前を覚えてもらえるようになります。地区防災訓練や祭礼警備などで、「ありがとう」とか「頑張っているね」と声をかけてもらえると、とてもうれしいです。

訓練があるため仕事から帰っても家でゆっくりできなかったり、みんながイベントを楽しんでいるときに警備をしたりしているので、そうした地元の皆さまの一言ひとことが励みになり、地元で頼りにされる消防団員でありたいと思うようになります。

また、社会人になると地元で新たな知り合いを見つけることがなくなりますが、消防団に入ると年齢が違う仲間ができます。退団してもその仲が途切れることなく友達付き合いをしている人が多いです。


※平成23年12月現在のデータを基に作成しています