トップページ>あなたの街の消防団>長久手市消防団の紹介

長久手市消防団の紹介

消防団員になろう!!

消防団の歴史

長久手市消防団活動風景01

明治初期に「火消方」を組織。昭和40年に腕用ポンプを配置することにより、消防団の組織が確立。当時は地域の青年全員が加入するといったルールもありました。昭和8年に公設組織として長久手村消防団を結成。昭和22年には警防団も消防団と改称し、自治体消防として発足。その後、町制施行により長久手町消防団に、平成24年には市制施行により長久手市消防団に改称しました。

年間行事

長久手市消防団活動風景02
5月 市消防団消防操法競技会
6月 水防訓練
8月 地区防火点検
9月 地区防火点検、市防災訓練
11月 秋季火災予防運動広報
12月 年末夜警
1月 出初式、文化財防火デー消防訓練
3月 春季火災予防運動広報、署・団合同消防訓練、入退団式

平成23年の愛知県消防操法大会で6位入賞

長久手市消防団活動風景03

ポンプやホースなど消防器具の操作を身につけることが消防団員の一歩になります。操法大会は、消防器具の操作の正確さ、スピード、熟練度などを競う大会です。

平成23年の第56回愛知県消防操法大会の小型ポンプ操法の部で長久手消防団は6位入賞に輝きました。出場選手はもとより、訓練の準備や指導等に関わった全ての人の協力があってこその結果だと思います。

家族でできる水防方法を伝授する水防訓練

長久手市消防団活動風景04

長久手市は北西のエリアが浸水被害の影響を受けやすく、東海豪雨や平成23年の台風15号では床上・床下浸水の被害をこうむった家屋もありました。地元の消防団員は、被害現場に急行。土のうの積み上げや排水作業などの水防活動にあたりました。

いざという時に被害を少しでも防ぐため水防訓練にも、消防団員は毎回参加しています。大がかりな工法から、家庭にあるプランターや段ボール箱など身近にある日用品を使った簡易水防工法を市民の皆さんに伝授。水害に負けない町づくりの一助になればと考えています。

大地震を想定した訓練も行っています

長久手市消防団活動風景05

長久手市に近い猿投山北断層が動くと、震度6弱の地震に見舞われるとも言われています。そういった大地震が起きた場合の訓練を行っています。

その一つが救助資機材の取り扱い訓練で、消防団員の技術の向上と活動の充実を図るために総務省消防庁から配備されました。救命具であるAED、4つ折担架、倒れた建物から住民を救う油圧カッター、エンジンカッター、チェーンソー、ストライカー。これらの取り扱い訓練を繰り返し、万が一に備えています。

このほか、団員は人工呼吸や胸骨圧迫(心臓マッサージ)、AEDを学ぶ救命講習の受講。住民と一緒になっての避難誘導訓練も、定期的に行っています。

「ながくてポピーズ」という愛称の女性消防団員

長久手市消防団活動風景06

長久手市消防団には現在7名の女性団員がおり、「ながくてポピーズ」として活動しています。土日等の休日を利用し、一人暮らしのお年寄りのお宅を訪問しています。火の周りの環境チェックや、住宅用火災警報器や消火器などの設置依頼・点検をしています。今では活動が浸透し、彼女たちの訪問を楽しみに待ってくれているお年寄りも少なくありません。

また、操法訓練にも積極的に参加しています。平成21年には47都道府県の代表が集まる全国女性消防操法大会に愛知県代表として出場し、見事10位入賞を果たし優良賞を受賞しました。そのほか、出初式、総合防災訓練、火災予防運動などの行事で、防災を呼び掛け、初期消火指導も行います。


※平成24年1月現在のデータを基に作成しています