トップページ>あなたの街の消防団>日進市消防団の紹介

日進市消防団の紹介

消防団員になろう!!

消防団の歴史

日進市消防団活動風景01

明治40年に前身である「東愛消防組」が8消防組で組織され、のちに全村域が加入しました。昭和12年には、各大字消防団を分団とする「日進村消防団」を設置。14分団で組織され、現在の分団編成の骨格となっています。その後、度重なる名称変更を経て平成6年の市制施行にともない「日進市消防団」と改め現在(平成23年)に至ります。

年間行事

日進市消防団活動風景02

辞令交付式、分団長会議(年6回)、分団長研修(署見学および訓練、研修旅行各1回)、市消防操法大会、水防工法訓練、幹部訓練会、春秋火災予防運動、年末夜警、出初式 等

県の操法大会で11年振りの優勝

日進市消防団活動風景03

4月、5月は消防操法大会に向けて、団員たちはほぼ毎晩ポンプやホースなど消火器具の取り扱い訓練をします。 市の大会で優勝すると県の大会に出場できるので訓練にも熱が入ります。

平成23年には小型ポンプの部で、11年ぶり2回目の優勝を果たしました。日進市消防団は入賞も多く過去にはポンプ車の部でも優勝しています。

操法は消防の基礎でこれを身につけることは、火災現場での迅速・丁寧な消火活動につながります。

水害のための訓練や防災啓発活動

消防団では、火災だけでなくさまざまな災害を想定した訓練を行っています。平成12年の東海豪雨では、天白川の堤防が一部崩れ、団員たちは土のうを積んで浸水を防いだり、住民の避難誘導などを行ったりしました。そのときの経験を生かした水防工法訓練を実際の現場となった天白川で毎年行っています。

東海地震や東南海地震が起きた場合、日進市の震度予測は震度6以上とされ、家屋の倒壊やそれにともなう火災が懸念されます。住民の安否確認、救済や避難誘導などは消防団員が率先して遂行します。また、住民の防災意識を高めるため、地域の防犯訓練や防災マップの配布など啓発活動にも力を入れています。

地元出身ではない団員が多いです

日進市民の約3分の2が市外から引っ越ししてきた市民です。そのせいか団員の多くが地元出身でない市民です。消防団の活動を通じて、土地の風土や習慣、住んでいる人のことを知ることができます。「日進市に移住して右も左も何もわからなかったのに、町に溶けこむことができた」「顔見知りが増え、町についての情報交換ができる」と語る団員もいます。

消防団員の確保に向けて

他の市町村と同様に日進市も消防団員数不足に悩まされています。入団促進のため、様々な見直しを実施し魅力ある消防団を目指していきます。


※平成23年12月現在のデータを基に作成しています