ホーム当センターのご紹介 > 目的・設置の根拠

目的・設置の根拠

目的

 がんは、昭和56年に死亡原因の1位となり、その後も年々増加している。わが国におけるがんの対策は、諸外国と同様に、生活習慣病対策のなかで最も重要な国民的課題である。
 がんの根本的な制圧のためには、その実態を究明して積極的な予防策を講ずるとともに、早期に適切な診断と治療を行わなければならない。これらのがん対策を推進するためには、がんの基礎的研究部門からはじまる幅広い研究活動と、がんに対する高度な診断・治療の実施のほか、専門技術者の養成や診断技術の普及も必要なことである。
 このため国は、昭和37年、東京に国立がんセンターを設置したが、これと呼応して愛知県においても、この種の専門施設の少ない東海地方に病院と研究所を併有した愛知県がんセンターを設置し、がん制圧の重要な拠点とすることにした。

設置の根拠

設立当初・愛知県がんセンター条例(昭和39年条例第60号)
運用部、病院、研究所の3部門を設置
現在・愛知県病院事業の設置等に関する条例(昭和41年条例第36号)
 業務の内容
  ア 悪性新生物に関する診断及び治療を行うこと
  イ 悪性新生物に関する予防、診断及び治療についての調査研究を行うこと
  ウ 悪性新生物に関する技術者の研修を行うこと
  エ 悪性新生物に関する調査研究を行う者に施設を利用させること

このページのトップへ