愛知県がんセンター中央病院 > 各種相談のご案内 > 地域医療連携・相談支援センターのご案内 > よくあるご質問

よくあるご質問

当センターで受けるよくあるご質問です。
これらの質問以外でももちろんご相談ください。遠慮なく声をかけてみてください。

Q がんセンターを受診したいが、どのようにしたらよいですか?
がんと診断された場合
診断された医療機関からの、診療情報提供書(紹介状)をご用意ください。フイルム検査データなどもお持ちになると、診察に役立ち、早期の診断、治療につながります。HP内[初診の方へ]をご参照下さい。

がんではないかと心配している場合
がんは早期発見が重要ですが、がんセンターでは検診目的による受診はできません。近医にまず受診して、がんセンター受診が必要と判断された場合、診療情報提供書(紹介状)をご用意して受診して下さい。
Q 主治医とうまく話し合えない、どうしたらよいですか?
主治医と相談できないというのは辛く悩み深い問題と感じます。
ただ、がんと闘うことは、医師と患者の共通の想いです。そしてあなたの病気の情報を最も知っているのは主治医です。質問の仕方、タイミングを工夫する必要はありますが、『とにかくきこう』と自分を励まして話し合ってみましょう。あなたの思いを主治医に伝えることから始めてみましょう。
Q 主治医に言われた治療法以外に、他の治療法がありますか?
ご自身の治療法の理解を深めましょう。もちろん、主治医にも確認してみましょう。その上でセカンドオピニオンを考えてみましょう。当センターではセカンドオピニオンの紹介、相談に応じています。
Q セカンドオピニオンとはどういうことですか?
主治医以外の専門医から診断・治療方針、その他の治療方法の確認とその根拠について聞くことです。主治医の紹介状と検査や画像データが必要です。ききたいことを整理して臨みましょう。
主治医との関係が悪くなることを心配されるかも知れませんが、セカンドオピニオンをきくことは一般的なことと理解されていますので、希望があれば伝えましょう。
HP内[セカンドオピニオン外来]をご参照ください。
Q もう治療法がないといわれましたが・・・・・
頼れるものを失ってしまったと、絶望、悲しみの気持ちかと思いますが、がんの状態や、治療の効果、身体の調子によって治療を続けられないことがあります。
無理な治療は良いことではありません。痛みや辛い症状を和らげる治療は継続できます。今にあった治療について考えていきましょう。
セカンドオピニオンを利用して治療法の確認ができるかもしれません。
Q がんと言われてどうしてよいか分かりません。
がんは一人で闘うには大きすぎる病気です。不安や悩みは、家族や相談できる人に打ち明けましょう。当センターではあなたの気持ちに耳を傾けます。
気持ちが落ち着いてから今後のことについてご一緒に考えていきましょう。
Q がんの治療について知りたいのですが・・・
一般的な治療についてはインターネットや本などからの情報を提供できます。お渡しできる小冊子などもあります。
主治医から提示された治療内容についてご一緒に考えさせていただきます。
個人的な症状や治療方針については、主治医が判断します。
Q 入院が決まりました。医療費が心配です。
高額療養費制度はご存知ですか?
医療費が一定額を超えた場合、手続きをすると超えた額が「高額療養費」として戻ってきます。事前に「高額療養費限度額適用認定証」を発行してもらい、会計窓口にご提示いただくと限度額までのお支払いで済みます。
→申請先:国民健康保険の窓口、協会けんぽ、勤務先の庶務担当等
Q 外来で化学療法を受けることになりました。抗がん剤は高いと聞いているので心配です。
使う薬の種類や量によってはかなり高額になるものもありますが、外来においても、高額療養費制度が対象となります。「高額療養費限度額適用認定証」を発行してもらい、会計窓口にてご提示いただくと、限度額までのお支払いで済みます。
→申請先:国民健康保険の窓口、協会けんぼ、勤務先の庶務担当等
Q 退院後、自宅療養となりますが、介護保険は使えるでしょうか?
介護保険は通常65歳以上で介護が必要な方が対象となりますが、40歳以上のがん末期の方も対象となります。介護度に応じて、電動ベッド・車椅子のレンタルやホームヘルパー等がご利用できます。
→申請先:市町村の介護保険の窓口
Q 治療のために会社を休まなければなりません。生活費の保障は何かありますか?
健康保険加入者本人が病気やけがのために仕事を休み、給料の支払いが受けられなくなったときは、傷病手当金が支給されます。3日連続して休み4日目から支給が開始され、上限は1年6ヶ月、支給額は標準報酬月額の3分の2です。
→申請先:協会けんぽ、勤務先の庶務担当等
Q 主治医から緩和ケアを考えましょうと言われましたが、緩和ケアとはどういうことでしょうか、どこで受けられますか?
がんの治療中にはさまざまな苦痛・不安が起きます。それらすべてを含めた全人的なサポートを目指す医療のことです。がんの治療時期にかかわらずつらい症状を取り除くようにします。緩和ケアチームによる対応、緩和ケア病棟、在宅医療でも受けられますが、すべての医療機関で対応できるわけではありませんので、詳細については当センターにご相談ください。
→参考サイト:「緩和ケア.net(日本緩和医療学会)
Q 手術も終わり今は落ち着いていると言われましたが、家で家族だけでみていくのは自信がありません。家から病院へ通うのは遠くて大変です。
ご自宅の近くで在宅医療を行っている診療所から往診してもらうことができます。痛みのコントロールや中心静脈栄養などの管理ができるところもあります。
よりきめ細かなサービス(病状の観察、ご家族からの相談、リハビリ、シャワー・入浴の介助、カテーテルの管理等)を受けるためには訪問看護ステーションに訪問看護を依頼することができます。
在宅医と訪問看護師が協力して行うことでより安心が得られます。

ページ上部へ