トップページ診療内容 > 治療の流れ

治療の流れ

 当院を受診される患者さん・ご家族の方にとって、検査や治療がどのような流れではじまるのか不安が募るばかりだと思います。その不安が少しでも軽減できるように、外来受診から治療そして退院、外来通院などの過程をご紹介いたします。
 ご紹介している内容は一般的な内容です。そのため、ご自身のご病気の状態や治療方法の違いから流れが異なることがあります。ご自身の治療の流れや今後の方向性についての詳細は、担当医師や担当看護師などにお尋ねください。

主治医、受持ち看護師、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカーなどが、退院までサポートをいたします。

外来受診
外来受診
矢印
その他
他病院紹介
セカンドオピニオン
矢印 矢印 矢印
入院
外来通院
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
精密検査などが行われ、その結果に基づき、今後の治療・方向性について、患者さんと話し合います。
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
手術療法
治療に関する説明
医師から治療に関する説明を受けます。
手術前日
手術前日に手術室の看護師が病室に訪問し手術の流れを説明します。
手術当日
手術当日は、手術室の看護師が病室から手術室まで付き添います。
名前の確認
手術室に入室した際、ご本人およびリストバンドで名前の確認をします。
精神的なサポート
手術台の上に横になります。麻酔や手術が開始されます。常に看護師が傍にいて、精神的なサポートを行います。
矢印
化学療法
効果や副作用などの説明
医師から化学療法について、効果や副作用などの説明があります。
治療開始
治療開始。受持ち看護師が治療中の注意点などについて説明します。
相談
治療中、副作用により気分が悪くなったりすることがあります。その症状が増強しないように予測的に症状を抑える薬を使用したり、症状に応じた薬を使用します。当院には、がん化学療法看護認定看護師が活動をしており、患者さん・ご家族などの相談を受けています。
矢印
放射線療法
放射線治療部
放射線治療部 地下1階で受付を済ませます。その後、自分の受ける治療室の前へ行き、診察券入れに診察券を入れます。
順番待ち
ロビーで順番待ちをします。
放射線療法
放射線療法
治療の呼び出しがあり、治療室に入り、放射線治療を受けます。
心身のサポート
当院では、がん放射線療法看護認定看護師が活動をしており、患者さんの心配ごとや疑問などの相談に応じ、心身のサポートをしております。
矢印
外来での化学療法
外来受付
外来受付を済ませます。
検査や診察
検査や診察を行い、化学療法を受けることができるか担当医師が判断します。
外来化学療法センター
化学療法が可能であれば、外来化学療法センターで治療を受けます。
化学療法を開始
点滴をし、化学療法を開始します。
化学療法
化学療法
ゆったりとした椅子に座り、治療を受けます。眠ったり、雑誌を読んだりして時間を過ごしていただきます。
手術の内容を説明
手術が終了した際、医師から家族へ手術の内容を説明します。
退院指導
手術後、回復状況を考慮しつつ、患者さんやご家族へ、日常生活などについて退院指導(人工肛門、乳腺術後管理など)を行います。
心身ともにサポート
治療中、様々な不安や心配ごとが生じますが軽減できるように、医師や看護師、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカーなどが心身ともにサポートを致します。
矢印
矢印 矢印
矢印
退院
退院
矢印
入院費を支払い
会計で入院費を支払います。また、ATMによる支払も可能です。

私たちは、患者さん・ご家族の方が安心して治療が受けられるように全力で心身のサポートをしていきます。

【愛知県がんセンター中央病院看護部作成】

このページのトップへ