トップページ診療内容 > 診療部門紹介 > 放射線診断・IVR部

放射線診断・IVR部

放射線診断・IVR部紹介

 放射線診断・IVR部ではX線単純写真、X線断層写真、X線透視・造影検査、CT、MRI、アイソトープ(PETは導入されていません)、超音波検査、血管造影検査などの画像検査とその診断を行っています。
 また、X線透視、超音波、CT、血管造影といった画像をもとに放射線診断技術を用いた特殊検査や治療も行っています。

スタッフ紹介

稲葉 吉隆
稲葉 吉隆
(いなば よしたか)
部長
(放射線診断科・IVR科)

患者さんへのことば

 画像診断、インターベンショナルラジオロジー(IVR)を専門としています。最先端の機器を用いた迅速で精度の高い画像診断、低侵襲で効果の高い治療ができるよう心がけています。また、患者さんに最善の医療を提供するため、全ての診療科とカンファレンス等で密接な連携をとりながら診療を行っています。当科の外来を、原発性肝癌に関するセカンドオピニオン、紹介などにご利用頂ければ幸いです。

資格

日本医学放射線学会放射線診断専門医、日本IVR学会IVR専門医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、がん治療認定医、日本消化器病学会消化器病専門医

女屋 博昭
女屋 博昭
(おなや ひろあき)
医長
(診断科)

患者さんへのことば

 画像検査を駆使した診断情報をもとに、臨床診療科の先生方と検討を重ね、最適ながん医療提供に努めます。

資格

日本医学放射線学会放射線診断専門医、日本医学放射線学会研修指導者、日本IVR学会IVR専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、検診マンモグラフィー読影認定医、日本核医学会PET核医学認定医、臨床研修指導医

山浦 秀和
山浦 秀和
(やまうら ひでかず)
医長
(診断科)

患者さんへのことば

 大したことはできませんが、「こころ」を大切にします。

資格

日本医学放射線学会放射線診断専門医、日本IVR学会IVR専門医

佐藤 洋造
佐藤 洋造
(さとう ようぞう)
医長
(IVR科)

患者さんへのことば

 IVRの技術を駆使して、全ての患者さんに貢献します。

資格

日本医学放射線学会放射線診断専門医、日本IVR学会IVR専門医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医

加藤 弥菜
加藤 弥菜
(かとう みな)
医長
(診断科)

患者さんへのことば

 より良い治療のためには患者さんの意志も大変重要です。不安なことや、御希望などがあれば、我慢せずに是非どんどん伝えてください。

資格

日本医学放射線学会放射線診断専門医、日本IVR学会IVR専門医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医、日本内科学会認定医、日本消化器病学会消化器病専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医

村田 慎一
村田 慎一
(むらた しんいち)
医長
(IVR科)

患者さんへのことば

 適切な医療の研鑽に励みます。

資格

日本放射線学会放射線科専門医、日本IVR学会会員、日本救急医学会救急科専門医

長谷川 貴章
長谷川 貴章
(はせがわ たかあき)
医長
(IVR科)

患者さんへのことば

 画像診断やIVRを通じて患者さんを少しでも小さな侵襲で手助 けできるよう学び続けていきたいと思います。

資格

日本医学放射線学会放射線診断専門医、日本IVR学会IVR専門医

高橋 大雄
高橋 大雄
(たかはし まさお)
シニアレジデント

患者さんへのことば

 IVRの技術で患者さんをはじめ、診療科のみなさまの手助けをしたいと思います。その技術の研鑽に励みます。

資格

日本医学放射線学会会員、日本IVR学会会員、麻酔科標榜医

出嶋 育朗
出嶋 育朗
(でじま いくお)
レジデント

患者さんへのことば

 患者さんの目線にたち、親身になって最適な医療を提供できるよう励みます。

資格

 日本医学放射線学会会員、日本IVR学会会員

茶谷 祥平
茶谷 祥平
(ちゃたに しょうへい)
レジデント

患者さんへのことば

 画像診断とIVRを通して患者さんに貢献できるよう研鑽に励みます。

資格

日本医学放射線学会会員、日本IVR学会会員

塚本 裕一
塚本 裕一
(つかもと ひろかず)
レジデント

患者さんへのことば

 系統立てた読影を心掛け、日々努力します。

資格

日本医学放射線学会会員

【技師スタッフ】

放射線診断技術室技術科スタッフ 15人 うち、
 日本血管撮影・インターベンション専門診療放射線認定技師 3人
 第1種放射線取り扱い主任者 2人
 検診マンモ撮影認定技師 4人 

診療内容

診療内容  がんと診断された時から当診療科とのお付き合いはスタートします。病状を把握するためのCTやMRIといった画像検査はもちろんですが、組織診断や遺伝子診断を行うために超音波やCTを用いて画像誘導下に生検も行っています。化学療法を円滑に行うために皮下に設置する中心静脈ポートは、患者さんを静脈穿刺に伴う苦痛や、血管炎から解放できます。
 肝細胞癌を中心として経カテーテル的に動脈から高濃度の抗がん剤を流す治療や、塞栓物質を用いがんへの栄養を断って兵糧攻めにする治療、あるいは病巣に直接針を刺して焼灼する治療(ラジオ波治療)などを行っております。

 がんの進行にともなって尿路や胆道・血管などの管腔臓器に狭窄や閉塞をきたしてしまった場合には狭窄をひろげる器材であるステントを挿入して、狭窄症状の緩和を行うこともあります。
 このように当科ではCTやMRI、超音波といった画像を用いた診断を行うだけでなく、その画像を利用した処置や治療(これをIVRと称します)を積極的に行っております。

診療内容

 また、カテーテル治療やラジオ波治療が内科的治療の鍵となる肝細胞癌の診療を行なっています。カテーテル治療やラジオ波治療だけでなく、抗癌剤や分子標的薬を用いた全身治療も同時に担当しており、免疫チェックポイント阻害薬などの治験にも積極的に参加しております。

医療設備

 X線撮影装置、X線断層撮影装置、X線透視装置、乳腺撮影装置、CT、MRI、IVR-CT(血管撮影装置)、アイソトープ検査用ガンマカメラ(PETは導入されていません)、自動乳腺生検装置など。

外来診療

診療実績

診療実績(件数) 2015年度〜2017年度

   2015(H27)年度 2016(H28)年度 2017(H29)年度
CT 18350 19270 20363
MRI 4000 4080 4017
血管系IVR      
 TAE/TACE/TAI 183 259 222
 動注リザーバー設置 17 22 10
 中心静脈ポート 421 441 490
 中心静脈カテーテル 337 275 347
非血管系IVR      
 RFA 肝 10 18 16
 RFA 肺 15 10 18
 経皮的生検 肺 204 212 259
 経皮的生検 肺以外 159 170 193
 ドレナージ挿入 155 176 192
 胆道IVR 36 36 39
 尿路IVR 44 39 60
 消化管IVR      
  イレウス管挿入 56 64 89
  経頚部食道胃管挿入(PTEG) 5 9 13
  経皮的胃瘻造設(PRG) 8 26 26
 

研究・学会活動

  関連学会、研究会を通じて研究活動を積極的に行っています。

治験・臨床試験

 肝細胞癌、IVRに関する治験・臨床試験を行っています。

研修生・レジデント募集

 当院は日本医学放射線学会の総合修練施設に認定されており、放射線治療部と連携して放射線科の総合研修を行うことが可能です。画像診断や血管系IVRだけでなく、非血管系IVRにも力を入れており、体系的にIVRの修練を行うことができ、放射線科だけでなく、救急や内科といったあらゆる分野の先生が当科で研修を受けています。日本IVR学会の修練施設にも認定されています。
 画像診断やoncology、IVRの研鑽などその方のキャリアパスに合った研修を提示できると思いますので、見学などのご希望があれば、ご遠慮なく稲葉(105824@aichi-cc.jp)までご連絡ください。

平成30年7月改訂

このページのトップへ