トップページ診療内容 > 診療部門紹介 > 循環器科部

循環器科部

循環器科部紹介

 循環器とは血液を体内で循環させる器官つまり心臓と血管の事を指す医学用語です。循環器疾患には、心筋梗塞、心室細動など短時間で生命を奪ってしまう疾患があります。
 悪性腫瘍(以下がんと表現します)も循環器病も比較的高齢者に多く発症しますので、循環器病を持ってみえるがん患者さんは少なくありません。そのため、がん治療前に循環器チェックが行われます。このチェックで循環器疾患が初めて見つかる方もおみえになります。
 手術療法、化学(薬物)療法、放射線療法、内視鏡治療などの多くのがん治療は心臓に負担をかけます。循環器疾患を合併してみえる場合、がん治療が安全に行なえるように循環器治療も同時に行ないます。
 また、がん治療自体が心筋梗塞、狭心症、心不全などの循環器疾患の原因となることもあります。これに対し、循環器科は、がん治療中に循環器病が発生しないように予防処置を講じます。
 このように、がん診療が安全かつ円滑に行えるように循環器病学的な支援を行うのが当センター循環器科の役割です。

スタッフ紹介

波多野 潔
波多野 潔
(はたの きよし)
部長
(兼集中治療部長)

患者さんへのことば

 循環器専門医ですので循環器疾患一般を診療しております。名古屋大学付属病院などで、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、不整脈、人工ペースメーカ、高血圧症などの循環器疾患の研究、治療を行ってきました。
 がんセンター着任後は、がん治療に伴う循環器診療を行っております。具体的には抗がん剤の心毒性や自律神経障害、悪性心膜炎に関する治療、研究などがん治療に伴う循環器診療を行なっております。
 特殊な診療分野ですので解明されていない事象が多く、難しい舵取りが要求されます。しかしながら、赴任後10年以上のベテランです。蓄積した貴重な経験が、最良のがん患者さんのための循環器診療に導いてくれているものと自負しております。

資格

日本循環器学会認定循環器専門医、日本内科学会認定内科医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本医師会認定産業医、医学博士

診療内容

  1. 手術療法、化学療法、放射線療法などのがん治療を受けられる前の心臓機能評価および心臓機能の悪い患者様のがん治療時の循環器的な診療支援。
  2. 抗がん剤による心毒性の診断と心毒性による心筋障害の治療。
  3. 転移性心膜炎の診断。
  4. 人工ペースメーカが植え込みされている患者様の放射線検査および放射線治療時の循環器的な診療支援。
     など雑多な診療内容です。これらがん診療に関連した循環器診療を各部と連携して行っております。

外来診療

 外来診療を受けて見えるがん患者さんの循環器診療を循環器外来で行なっております。当センターの循環器科医師は私1名ですので、圧倒的な人員不足です。したがって、がん治療が終了した患者様の循環器診療は他施設に紹介させていただきますので、よろしくご理解の程お願い申し上げます。

診療実績

外来患者数

 外来で診療させていただいている患者様は1日に30名から60名で、大体10〜15名が新患患者様です。のべにして年間4660名の外来患者さんの診察を行なっております。 ※循環器科の入院診療は、循環器医が1名となってからは行なっておりません。

前年度の検査件数

心電図検査 5593件
(安静時心電図3685件 負荷心電図 1,908件)
心臓超音波検査 2,041件
トレッドミル運動試験 696件
ホルタ-心電図検査 359件

研究・学会活動

 論文数 14  (和文 11、 英文 3)
 発表   29  (国内 26、 国外 1、シンポジウム2)
 (※当センター赴任後件数)

治験・臨床試験

 循環器領域の治験分担医師として7件の治験に参加しています。

平成24年9月改訂

このページのトップへ