トップページ診療内容 > 診療部門紹介 > 循環器科部

循環器科部

循環器科部紹介

 悪性腫瘍(以下、がん)の治療は、しばしば心臓に負担をかけるのですが、さらに心筋梗塞、狭心症、心不全などの循環器疾患の原因となることもあります。がん診療が安全かつ円滑に行えるよう支援するのが、当センター循環器科の役割です。
 次に、循環器科の特徴的な業務について紹介します。

【悪性腫瘍と血栓】

 当科で扱うことが多いのが血栓症です。血栓は、心臓自体に血液を送る冠動脈をはじめ、下肢、上肢、頸動静脈、肺動脈、心室内など様々な部位に生じます。悪性腫瘍には血栓症の合併が多く、その治療に使う抗血栓症薬のフォンダパリヌクスナトリウムは、名古屋地区において当センターでの使用量が一番多いことは、特筆すべきでしょう。めずらしい冠静脈洞血栓症の治療を行った時には、確立された治療法もなく苦労しましたが、今では、多くの経験から、どこに静脈血栓症ができても適切な対応ができるほどになりました。

【化学療法後の手術対策】

 化学療法は、心血管系に対して様々な影響を及ぼします。分子標的薬などの新薬にも心毒性はしっかりあります。化学療法後の手術では、冠攣縮(冠動脈が収縮すること)、血栓、心不全などに対して、キメ細かい対策が必要であり、これにより、当センターの術中心事故を非常に少なくしているものと自負しております。

【悪性腫瘍とがん漢方】

 当科では、がんの代替療法としてのがん漢方治療を行っております。そこでは、患者さんの悪性腫瘍の種類、悪性細胞の各種受容体の有無、現在行われている悪性腫瘍治療や過去の治療歴に合わせることが求められています。がん漢方は、抗がん作用、癌の再発、転移の予防効果を持っていますが、癌を悪化させることもあり、的確に行わなければなりません。
 がん漢方では、十全大補湯、人参養栄湯、補中益気湯の3大補剤が多く使われています。補剤はがん漢方において非常に有用ですが、がんを悪化させかねません。殊に、乳がん、子宮体癌、肺癌、大腸がんでは補剤を注意して使う必要があります。補剤は基本的に'虚証'に用いる薬です。'実症'の人ではがん免疫能が十分に高まっており、補剤を使っても抗がん作用は期待できないばかりか、がんを悪化させることもあるので、実証には補剤を使ってはならないのです。しかしながら、江戸時代の天才医家、内藤希哲も虚実を間違うことが多いと述べているように、虚実の判定は難しい。補剤の良い適応であるがん虚症の代表例は、複数の癌を次から次に患い、その度に根治手術を受けている人です。複数の手術を受けているので体力が落ち'虚'に陥っている。こういう人が補剤治療の良い適応です。こういう人の体形は上部消化管術後の人を除けば、一般的に、痩せていたり、弱々しい感じもなくごく普通な事が多く、一見虚証には見えません。男性に多い。一方、補剤を避けるべき、がん実証の代表例は、性ホルモン感受性乳がんです。体形は様々ですが、やや肥満気味の人が多い。性格に特徴があり、繊細かつ粘り強い人が多い。これは'実'であり、補剤は禁忌と思われます。また、虚実や証に関係なく肺癌で使用されるイレッサが投与されている人には、イレッサの副作用が強くなるので補剤などの人参の入った薬は、禁忌です。このように、補剤の使用は、慎重に行う必要があるわけです。昨今、多く処方されている十全大補湯など補剤一辺倒の安易ながん漢方治療は大いに問題があり、困ったことです。代わりに、補剤などではなく、瀉剤や芩蓮剤は効果があるし、使い方も簡単なのですから、こういった薬を活用すべきだと思っています。

スタッフ紹介

波多野 潔
波多野 潔
(はたの きよし)
部長
(兼集中治療部長)

患者さんへのことば

 循環器専門医ですので循環器疾患一般を診療しております。名古屋大学付属病院などで、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、不整脈、人工ペースメーカ、高血圧症などの循環器疾患の研究、治療を行ってきました。
 がんセンター着任後は、がん治療に伴う循環器診療と漢方診療を行っています。抗がん剤の心毒性や自律神経障害、悪性心膜炎に関する治療、研究などがん治療に伴う特殊な循環器診療も行ないます。漢方診療も長年実践しており、悪性腫瘍に伴う浮腫、咳、下痢、便秘などの治療に難渋する場合の漢方治療や感冒、皮膚病、不眠、冷え症、肥満、慢性腎臓病など一般的な漢方治療も行なっています。特殊な診療分野で解明されていない事象が多く、難しい舵取りが要求されます。しかしながら、蓄積した貴重な経験が、最良のがん患者さんのための診療に導いてくれているものと自負しております。    

資格

日本循環器学会認定循環器専門医、日本内科学会認定内科医、 日本体育協会公認スポーツドクター、日本医師会認定産業医、 医学博士

循環器部の診療内容

a. 悪性腫瘍に伴う心膜炎、血栓症などの循環器疾患の診療
b. 化学、放射線、手術療法などの治療における循環器病学的支援
c. がん漢方治療
など雑多な診療内容です。これらがん診療に関連した循環器診療を各部と連携して行っております。

外来診療

 外来診療を受けてみえるがん患者さんの循環器および漢方診療を循環器外来で行なっております。当センターの循環器科医師は私1名ですので、圧倒的な人員不足です。したがって、がん治療が終了した際は、他施設に紹介させていただきますので、ご理解の程お願い申し上げます。 

診療実績

外来患者数

 外来で診療させていただいている患者さんは1日に30名から60名で、大体10〜15名が新患患者さんです。のべにして年間4660名の外来患者さんの診察を行なっております。
※循環器科の入院診療は、循環器医が1名となってからは行なっておりません。

前年度の検査件数

心電図検査 5593件
(安静時心電図3685件 負荷心電図 1,908件)
心臓超音波検査 2,041件
トレッドミル運動試験 696件
ホルタ-心電図検査 359件

当センター赴任後の研究、学会活動

 論文数 14  (和文 11、 英文 3)
 発表   29  (国内 26、 国外 1、シンポジウム 2)

治験・臨床試験

 循環器領域の治験分担医師として7件の治験に参加しています。

平成29年10月改訂

このページのトップへ