トップページ診療内容 > 診療部門紹介 > 循環器科部

循環器科部

循環器科部紹介

 がん治療は日々進歩し、新しい抗がん剤治療や放射線治療が盛んに行われるようになり、がん患者さんの予後は改善してきています。その一方で生活習慣の欧米化とともに高齢化が進んでいるわが国では、心血管疾患はがんに次ぐ死因の第2位となっており、人口の高齢化も伴い心血管疾患を合併しているがん患者さんの割合は年々増加しています。またがんの治療では時に治療そのものが心臓や血管にも負担をかけてしまう場合があり、心筋障害や血管障害などの循環器疾患を合併する割合が増えることで病状が複雑化していることも問題となっています。
 当センター循環器科では、がん診療各科専門医師と連携して循環器科の診察・検査や治療を行い、がん治療を安全かつ円滑に行えるように心がけています。

 当院循環器科に受診される方々は、がん治療中に心筋障害、血栓症、血管障害といった病状を発症し受診されてきます。

 以下にそれぞれの病態と対応についてご説明いたします。

【がん治療と心筋障害】

 がん治療における化学療法や放射線治療では、がんのみならず心臓に対しても様々な影響を及ぼします。近年の開発で著しく進歩している分子標的薬などの新薬は、抗がん作用として大きな効果を得ることができる一方で、治療開始後から心機能が低下するといった悪影響が出てしまうこともあります。また放射線治療の部位に心臓領域が含まれる場合には、放射線量によっては心筋障害をもたらすことがあります。こうした状況をいち早く検査で把握し、その対処を行ってゆくことが大切になってきます。

【がん治療と血栓症】

 当科で扱うことが多いのが血栓症です。がんの方やがん治療中の方には血栓症の合併も多く、血栓は下肢を中心に上肢、肺動脈、頸動静脈、内臓周囲血管など様々な部位に発生してきます。炎症などの症状が出現することもありますが、症状もなく画像検査で偶然に発見される場合もあります。当院では血栓を確認した後には積極的に抗血栓薬による治療を開始しています。

【がん治療と血管障害】

 化学療法で使用される一部の抗がん剤では、血管機能を低下させることで(血管内皮機能の障害や血管密度の減少など)、高血圧のリスクが高まり、その結果として狭心症、心筋梗塞や脳梗塞といった虚血性血管障害を増加させることにもつながってきます。こうした場合でも高血圧に対して早期に治療の介入を行うことにより、リスクの軽減を計っています。

スタッフ紹介

山本 充
山本 充
(やまもと みつる)
部長

患者さんへのことば

 がん治療の方々に寄り添い、丁寧な診療を心がけてゆきます。

資格

 日本内科学会(会員)
 日本循環器学会(会員)
 日本不整脈心電学会(会員)

診療内容

1) 入院治療中に発生した高血圧、不整脈等の診療
2) 手術・放射線治療の治療前後における循環器科検査の実施
3) がん治療に関連した心筋障害や血栓症などの循環器疾患に対しての診療

などです。がん診療各科と連携した診療を行っています。

外来診療

 外来診療中のがん患者さんに対しての循環器診療を行なっています。当センターでは循環器科医師は一名しか在籍していません。がん治療の終了後は、基本的にかかりつけ医への再診や他医療機関へ紹介を進めてゆくことになりますので、ご理解を頂けますようお願いいたします。

診療実績

外来患者数

 外来で診療を行っている患者さんは、1日に30名〜程度です。大体10名〜が新規の患者さんです。
※循環器科の入院診療は、循環器医が1名となってからは実施していません。

このページのトップへ