トップページ診療内容 > 診療部門紹介 > 形成外科部

形成外科部

【お知らせ】
乳房再建:インプラントおよびエキスパンダーが保険適応となり、実施施設認定となりました。

形成外科部紹介

 がんの治療では手術による根治性が求められますが、それと同時に手術後の生活の質(QOL)の維持や社会復帰が求められます。再建を行うことによって、手術によってやむを得ず切除されてしまった部位の傷をふさぎ、失われる機能や形態をなるべくもとに近づけることにより手術後の生活の質向上を目指しています。 
 他科の医師や病院スタッフと綿密な連携を行い、質の高いチーム医療に取り組んでいます。乳房再建では、一人一人の希望に合わせた再建をこころがけ、乳癌術後の生活の質が、手術前と比較してなるべく保たれるよう手術を行っています。舌癌により舌を切除された場合でも、大腿部や腹部の皮膚を含めた組織(遊離皮弁)を移植することにより、残った舌の動きを妨げず、ある程度の食事や会話をすることが可能になります。

スタッフ紹介

兵藤 伊久夫
兵藤 伊久夫
(ひょうどう いくお)
部長

患者さんへのことば

 他科の先生がたと連携し、より良い手術後の生活を送っていただけるよう診療にあたっています。
 再建手術を受けるに当たっては、主治医や形成外科医に手術を受けることの利点、合併症が起こるとすればどのようなものがあるのか、後遺症や機能はどこまで回復するのかといったこと十分聞かれることをお勧めします。

資格

【専門医等】
日本形成外科学会専門医、日本頭頸部癌学会評議員、日本オンコプラスティックサージャリー学会評議員、日本マイクロサージャリー学会評議員
【所属学会】
日本形成外科学会、日本マイクロサージャリー学会、日本創傷外科学会、日本頭頚部癌学会、日本頭頚部外科学会 等

奥村 誠子
奥村 誠子
(おくむら せいこ)
医長

患者さんへのことば

 患者さんと共により良い再建方法を考え、実践していきたいと思っております。

資格

【専門医等】
日本形成外科学会専門医、創傷外科学会専門医、皮膚悪性腫瘍外科学会専門医
【所属学会】
日本形成外科学会、日本乳癌学会、日本オンコプラスティックサージャリー学会、日本マイクロサージャリー学会、日本創傷外科学会、日本褥瘡学会 等

丸山 陽子
丸山 陽子
(まるやま ようこ)
医長

患者さんへのことば

 お望みになる再建後の姿を、共に追求していきたいと思います。
 そのためにも、小さな事や些細な事でも気にかかる事は何でもお聞きください。

資格

【専門医等】
日本形成外科学会専門医、癌治療学会認定医
【所属学会】
日本形成外科学会、日本乳癌学会、日本オンコプラスティックサージャリー学会、日本マイクロサージャリー学会等

中村 亮太
中村 亮太
(なかむら りょうた)
医長

患者さんへのことば

 他科の先生方とも協力の上、患者さんにとって最善の治療を実現できるように努めて参ります。

資格

【専門医等】
日本形成外科学会専門医
【所属学会】
日本形成外科学会、日本マイクロサージャリー学会、日本創傷外科学会、日本頭頚部癌学会 等

姜 成樹
姜 成樹
(かん そんす)
シニアレジデント

患者さんへのことば

 準備中

資格

【専門医等】
 準備中
【所属学会】
 準備中

小林 沙彩
小林 沙彩
(こばやし さあや)
レジデント

患者さんへのことば

 準備中

資格

【専門医等】
 準備中
【所属学会】
 準備中

診療内容

 当科では、腫瘍切除後の再建手術やそれらに関連する形成手術を行っています。

I ) マイクロサージャリー(顕微鏡下手術)を用いた再建

 舌癌の手術では、舌の半分〜大部分を切除されてしまうことがありますが、大腿部や腹部の皮膚を含めた組織(皮弁)を移植することにより、残った舌の動きを妨げず、食事や会話をすることが可能になります。大腿部や腹部などの頸部からはなれた部位から移植する場合、皮弁が口やのどで生着するためには、皮弁の血管と頸部の血管を縫い合わせる手技(血管吻合)が必要です。吻合する血管は約1〜2mmとたいへん細く、顕微鏡をみながら血管を吻合します。手術用の顕微鏡を用いて術野を拡大し、より正確な手術を行ないます。

II) 乳房再建

 乳癌手術後の乳房再建は、主に2通りの再建方法があります。腹部や背部の皮膚や皮下脂肪等の自家組織を用いる方法と、インプラントによる人工物を用いた方法です。それぞれ特徴があり、患者さんの希望や適応に添った方法が選択されています。
 当院で主に行っている自家組織による再建方法は、遊離腹直筋皮弁もしくは広背筋皮弁です。広背筋皮弁は血行が安定しており、比較的小さな乳房再建に有用な方法です。遊離腹直筋皮弁による再建では、採取部である腹部の犠牲をなるべく少なくするために採取する筋肉を一部にとどめ、大部分の筋肉を温存することにより筋力の温存や腹部ヘルニア等の合併症の低下を目指しています(図1)。

遊離腹直筋皮弁による再建
図1

 人工物による再建では通常2回の手術を要します(図2)。まずエキスパンダー(皮膚拡張器)を乳腺切除後の大胸筋下に挿入します。外来にて生食を注入し胸部皮膚の拡張を行ったのち、約6ヶ月後シリコンインプラント挿入術を行います(1次2期シリコンインプラント再建)。
 当院での特徴として、乳輪乳頭や胸部皮膚が温存できるなど条件が整った症例では乳癌切除後即時に、インプラントを挿入する1次1期シリコンインプラント再建術を行っています。
 現在、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会の認定した施設においてエキスパンダーおよびインプラント挿入術が保険で行えます。当院は、いずれも認定施設として保険診療を行っています。

エキスパンダー+インプラントによる再建
図2

III) 瘢痕や変形に対する治療

 手術後の傷跡や変形が気になる方の修正や傷跡がケロイド状になった方の治療も行っています。 

IV)リンパ浮腫に対する外科治療

 当院リンパ浮腫外来を担当するとともに、ストッキングなどの圧迫療法を行っていても蜂窩織炎を発症してしまうなど治療抵抗性の患者さんに対して、リンパ管静脈吻合術(図3)やリンパ節移植術など外科治療を行っています。

リンパ浮腫に対する外科治療
図3

外来診療

 よりよい手術後の生活のために再建手術が行われていますが、手術を受けられる際は、医師より十分な説明(インフォームドコンセント)を受ける必要があります。すなわち、手術を受けることの利点、合併症が起こるとすればどのようなものがあるのか、後遺症や機能はどこまで回復するのかといったことを十分聞かれることをお勧めします。  

診療実績

(2017.1〜2017.12 )
I ) マイクロサージャリー(顕微鏡下手術)を用いた再建術

   123件

頭頸部再建 乳房再建 骨軟部再建 食道再建 肝動脈再建 リンパ管静脈吻合
74件 20件 3件 7件 2件 17件
II) 乳房再建関連手術

   238件

1次再建(1次再建率 42.1%)

インプラント エキスパンダー 広背筋皮弁 遊離腹直筋皮弁
94件 13件 24件 15件

研究・学会活動

(2017.1〜2017.12 )
学会発表

   国内学会 14件

論文

   英語論文 1編 
   和論文 2編

治験・臨床試験

平成31年4月改訂

このページのトップへ