トップページ診療内容 > 診療部門紹介 > リハビリテーション部

リハビリテーション部

リハビリテーション部紹介

 高齢化社会の現在、がんは年々増加傾向にあり、医療の進歩で死亡率は減少しており、がんの患者さんに対するリハビリの必要性が見直されています。 リハビリテーション部は、入院のがん患者さんを対象としたリハビリテーションを行っています。 我々が行っているリハビリテーションには、骨軟部腫瘍の四肢、頭頚部癌の喉頭など手術によって失った機能の回復、食道がん・胃癌・肺癌などの手術によって低下した呼吸機能の回復、化学療法・放射線療法・緩和ケアで長期のねたきりや食欲低下にともなう体力維持などがあります。 入院中の患者さんが、病院から自宅などへ帰ってから生活できるように、機能の回復や日常生活動作の維持を目的としたリハビリを中心に行っています。
 リハビリテーション部はリハビリテーション医が1名、理学療法士が3名、言語聴覚士が1名で、理学療法士3名は呼吸療法士を取得、またスタッフ全員ががんのリハビリテーション研修を修了しています。我々が特に力を入れて行っているのは周術期リハビリです。手術前の入院時からリハスタッフが介入して、想定される機能障害を患者さんに伝えて、機能回復や心身の症状を和らげることを目的とした活動を行うことです。 骨軟部腫瘍、食道がん、頭頚部がんの患者さんを中心に周術期リハビリを開始しており、スタッフは昨年の2名から今年は4名となり来年はさらに増員の見込みなので、消化器がんの高齢者、乳がんの再建後、開胸を要する肺がんなどの周術期リハビリも行って行きたいと考えています。

リハビリテーション室

スタッフ紹介

吉田 雅博
吉田 雅博
(よしだ まさひろ)
部長
(兼整形外科医長)

患者さんへのことば

 がんのリハビリテーションは予防的から緩和的までさまざまです。予防的は手術、化学療法、放射線治療などを受ける患者さんの機能が低下しないように予防的に行うリハビリで、緩和的はがんの進行とともに低下した生活の質を維持するリハビリです。入院中の患者さんの日常生活動作や生活の質ができるだけ低下しないように、または維持できるようにリハビリスタッフがお手伝いします。

資格

日本整形外科学会専門医、日本リハビリテーション学会認定臨床医、日本整形外科学会運動器リハビリテーション医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医

理学療法士
 ・伊藤 敬太 
 ・前田 明弘  
言語聴覚士 
 ・高津 淳

理学療法について

 理学療法士が患者さんのベッドサイドで手足の機能訓練や車椅子移動・起立訓練の援助を行います。
 自分で移動できるようになったら、退院に向けてリハビリ室での平行棒歩行、階段訓練などをおこないます。

言語療法・嚥下療法について

 言語聴覚士が喉頭の発声や人工喉頭による言語訓練で会話の援助や、食べたり飲みこんだりする嚥下訓練で体力維持のお手伝いをします。

リハビリ件数

リハビリ件数

【リハビリ件数】

主な活動

毎週月曜日

主な活動  リハビリテーション医1名とスタッフ4名により部内検討会を行い、主治医から依頼のあった患者さんのリハビリ方法と現在リハビリをおこなっている患者さんの見直しを行っています。

毎週金曜日

 リハビリスタッフと多職種(整形外科医、緩和ケア医、病棟看護師、緩和ケアチーム、地域医療連携グループ、ソーシャルワーカー、嚥下チームなど)によるカンファレンスを行い、リハビリが思うように進まない症例の検討や、退院に向けて必要な支援を検討し、必要なときには主治医と担当看護師にも参加してもらいます。

主な活動

平成29年3月改訂

このページのトップへ