トップページ診療内容 > 診療部門紹介 > リンパ浮腫外来

リンパ浮腫外来

リンパ浮腫とは

  リンパ浮腫とは、リンパ管に障害があるために、リンパ液の流れが悪くなって細胞のすきまにリンパ液(タンパク質や水分など)が過剰にたまって腫れてくる状態をいいます。原因が明らかでない「原発性リンパ浮腫」と原因が明らかな「続発性リンパ浮腫」に分類され、乳腺・子宮・大腸・泌尿器系等のがんを患い、リンパ節切除を伴う手術後や、放射線治療後・化学療法後にリンパの流れが悪くなる原因から、手や足・下腹部等が腫れてくることを続発性リンパ浮腫といいます。当院では主に続発性リンパ浮腫の患者さんを対象に診察を行っております。リンパ浮腫は発症すると完全に治ることは難しく、一生付き合わなければなりません。早期から日常生活の注意点を守り、適切な治療とセルフケアを開始することで症状を改善することができます。正しいリンパ浮腫の知識を持ち、自己にて行える毎日のセルフケア能力を高めてリンパ浮腫とより良くつきあっていくことが大切です。

診療について

 医師が続発性リンパ浮腫・炎症等の鑑別、弾性スリーブ・弾性ストッキングの適応の有無について診察し、その後セラピストがセルフリンパドレナージ、弾性着衣の着脱方法、運動やスキンケア等の日常生活(複合的理学療法)について指導します。
 原則として、当院の治療を受け、外来通院の方で主治医から受診の依頼がある方が対象者です。
 ※私費診療ではないため、セラピストによる医療リンパドレナージの施術・弾性包帯での治療は行っておりません。

診察の曜日・時間・担当医

毎週月曜日 13:30〜16:00  担当医 下山 理史 (当院緩和ケア科)
毎週水曜日 13:30〜16:00  担当医 新美 清章 (東海病院 血管外科)

セラピストはNPO日本医療リンパドレナージ協会にて研修を修了した看護師が対応致します。

診察場所

月曜日:3階リンパ浮腫外来(形成外科診察室)
水曜日:2階リンパ浮腫外来(消化器内科診察室)

予約について

 初めてリンパ浮腫外来へ受診希望される方は、まず主治医に浮腫のことをご相談ください。主治医からリンパ浮腫外来の予約が入ります。需要が多く、外来の待ち期間が長くなっておりご迷惑をおかけしております。2014年 8月時点で1か月半の待ち期間です。
 再診の方は、電話にてご予約・変更・キャンセルが可能です。
 TEL(052−764−2911・平日9:00〜17:00)

当日の受付方法

 2階の自動受付機に診察券を通します。
 自動再来受付機の画面に「形成外科」と表示されますので、確認を押すと受付完了です。受診診療科は形成外科・リンパ浮腫外来となりますのでご注意ください。
 受付をしたら、必ず3階形成外科外来窓口までお越しください。(水曜日は2階消化器内科外来で診察を行いますので、3階で手続きをした後2階へご案内いたします。)

診療実績

 平成19年度(2007年)リンパ浮腫外来が開設。平成19年度から平成25年度(2013年)までのリンパ浮腫外来受診のべ人数は2682名(うち新患は559名)です。平成25年度リンパ浮腫外来数は414名(うち新患は73名)でした。昨年度までは週1回の診察でしたが、初診の待ち日数が半年になっていたことから平成26年度5月から週2回の診察となりました。

件数

その他

 毎診察時、浮腫の出現している患肢と健肢の採寸を行います。
 足の採寸の場合はショートパンツへのはきかえをお願い致しております。(スカートの場合ははきかえなくても結構です。)当院で準備しておりますが、ご自身で持参していただいても構いません。
 腕の場合は、タンクトップ・キャミソールの着用をお勧めします。ない場合は脱衣後バスタオルを巻いていただいております。

 リンパ浮腫でお悩みの患者さんの相談を承っています。お気軽にご相談ください。

平成26年8月改訂

このページのトップへ