トップページ診療内容 > 診療部門紹介 > 整形外科部

整形外科部

整形外科部紹介

 愛知県がんセンター整形外科は骨軟部腫瘍(こつなんぶしゅよう)を専門的に診療しています。骨軟部腫瘍とは骨や軟部組織(主に筋肉や脂肪組織や神経)に発生する腫瘍のことです。骨軟部腫瘍は希少(まれ)な病気であるため専門に診療する医師や施設が少なく、診断や治療が難しいと言われています。公益社団法人日本整形外科学会のホームページでは骨・軟部腫瘍相談コーナーを開設し、疾患を理解するためのパンフレットを閲覧することができます(http://www.joa.or.jp/jp/public/bone/ ご参照下さい)。
 当科で専門的に治療する骨軟部腫瘍疾患は主に以下の3つに分けられます。
肉腫(にくしゅ/英語ではsarcoma/サルコーマ)
 肉腫は悪性の骨軟部腫瘍の総称で、その適切な診断と治療には整形外科医・病理医・薬物療法医・外科医・放射線科医・形成外科医を含めた医師が科の枠を越えてチーム医療を行う「専門施設での集学的治療」が必須である疾患です。当科は平成6年の開設以降、東海地区の肉腫治療のセンターとして活動を続けています。今後も全国のセンターとの連携と共同研究を積極的に行い、患者さんに最適な治療を受けていただくよう取り組んでいきます。
転移性骨腫瘍/癌の骨転移
 高齢化社会に伴い癌の罹患数は増加の一途をたどり、日常臨床で問題になる骨転移患者さんは年間に10万人を越えると言われています。骨転移は進行すると病的骨折や麻痺を生じ日常生活に大きな障害をきたすだけでなく、最も重要な原発癌(もとの癌)の治療に支障をきたすことがあります。多くの骨転移患者さんが整形外科を受診するものの、ほとんどのがん診療拠点病院には腫瘍を専門とする整形外科医が不在のため、十分な治療が受けられない現状があります。近年骨修飾薬や手術治療を含め骨転移の治療も進歩しており、愛知県内のがん診療拠点病院と密接な連携をとり適切な治療を提供するように努めています。
良性骨軟部腫瘍
 骨軟部腫瘍には、脂肪腫・神経鞘種・血管腫・アテローム・骨軟骨腫・非骨化性線維腫・骨嚢腫といった良性疾患が多く含まれています。当科ではこのような疾患の手術症例も多く行っています。良性疾患において最も重要なことは、手術する必要があるのか?このまま経過観察するとどうなるのか?手術した場合にどのような合併症の可能性があるのか?などの情報をわかりやすく患者さんに伝えることだと思っています。このような良性疾患についてお困りの方もお気軽に受診をお願いします。

スタッフ紹介

筑紫 聡
筑紫 聡
(つくし さとし)
部長

患者さんへのことば

 平成8年に愛知県がんセンターレジデントとして腫瘍整形外科医としての経歴をスタートさせ、その後名古屋記念病院6年と名古屋大学病院12年を併せて20年間臨床医として研鑽を積んできました。今までの経験で感じることは、骨軟部腫瘍(こつなんぶしゅよう)を専門とする医師や施設があまりにも少ないため、正しい情報を得ることできずに困っている患者さんがとても多いということです。このような方がいかに当科を受診できるようにするかが我々の使命であると思っています。@肉腫/サルコーマと診断されたA癌の骨転移で骨が折れてしまったB脂肪腫と診断されたが手術を行うべきか迷っているC最近しこりに気づき大きくなっているDけがをしてレントゲンをとったら骨に異常があると指摘されたなど、このようなことでお困りの方は、病診連携室を通じて迷うことなく当科を受診していただければと思います。専門性の高い治療こそ垣根のない病診連携とわかりやすい説明が重要であると考え、患者さんに応じた最適な治療が提供できるよう努めて参ります。

資格

【学会専門医など】
日本整形外科学会整形外科専門医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医
【所属学会】
日本整形外科学会、中部日本整形外科災害外科学会、日本癌治療学会

吉田 雅博
吉田 雅博
(よしだ まさひろ)
医長
(兼リハビリテーション部長)

患者さんへのことば

 骨軟部腫瘍は他の腫瘍に比べて頻度は低いですが、小さなお子様から高齢の方まで幅広い年齢層に発生し、良性から悪性までいろんな種類がある病気です。私たちは良性か悪性かを診断し、悪性の場合は時に化学療法を併用しながらできるだけ患肢や機能が温存できるように努力しています。

資格

日本整形外科学会専門医、日本リハビリテーション学会認定臨床医、日本整形外科学会運動器リハビリテーション医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医

小澤 英史
小澤 英史
(こざわ えいじ)
医長

患者さんへのことば

 みなさんこんにちは。平成28年7月から当院に赴任しました。骨や脂肪や筋肉などの軟部組織から発生した腫瘤の診療を担当致します。主に転移性骨腫瘍や肉腫、良性骨軟部腫瘍などの疾患が該当し、狭い分野ですが、奥深く治療が難しいものも多く含まれます。病院内や各施設と連携しながら専門的な診療を提供し、よりよい結果につながるように努めております。

資格

【学会専門医など】
日本整形外科学会整形外科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医
【所属学会】
日本整形外科学会、中部日本整形外科災害外科学会

林 卓馬
林 卓馬
(はやし たくま)
医長

患者さんへのことば

 こんにちは。平成29年4月より当院に赴任いたしました。整形外科は骨や筋肉・関節など、皆様が元気に日常生活を送る上で欠かせない「運動器」領域を担当しております。外傷から変性疾患や腫瘍まで守備範囲は多岐にわたりますが、骨軟部の腫瘍は頻度が低いため専門とする医師は非常に少ないのが現状です。数少ない骨軟部腫瘍の専門家として、また、運動器を専門とする整形外科医として、患者さんが日常生活に復帰できるように努めてまいります。

資格

【学会専門医など】
日本整形外科学会整形外科専門医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、日本整形外科学会認定リウマチ医
【所属学会】
日本整形外科学会、日本骨折治療学会、中部日本整形外科災害外科学会

診療内容

1.原発性骨腫瘍

良性

線維性骨異形成症:子どもでも、成人でもみられ、どこの骨にも発生します。放置してもかまいませんが、特に股関節付近に生じた場合、および病変部で骨折を生じた場合に治療の対象となります。当科にも年間10人程度が受診しますが、手術になるのは年に1人ぐらいです。

骨嚢腫:上腕骨や大腿骨、骨盤に発生し、高率に病的骨折を生じます。かつては、掻爬骨移植(病巣の掻き出しと骨の移植)が標準的な手術方法でしたが、最近では骨穿孔のみでかなりの症例が自然治癒することが知られています。

内軟骨腫:手指の骨に好発します。病的骨折を生じるまでは、ほとんど無症状。ただし、長管骨に発生した場合、稀に中年期に悪性化することがあるので、経過観察が必要です。

外骨腫(骨軟骨腫):長管骨の骨端に多発性の骨の隆起を生じる疾患です。外見上の問題が主体ですが、骨の成長障害を伴うことが多く、一般に患者さんの体格は小柄です。まれに中年期に悪性化することがあります。

悪性

骨肉腫:悪性骨腫瘍の代表ですが、最近の小児人口の減少により、頻度は100万人に3−4人ぐらい(周辺の人口を含めた愛知県の発生頻度は、年間15〜20人程度)に頻度が減少しています。欧米の専門施設では、患者の集中化を行うため、1施設で年間50ー100人の患者を扱い、次々に新しい治療法を導入しています。しかし日本では地理的制約のため、個々の専門施設で扱う患者数は多くても年間5人から10人程度です。かつては不治の病(2年生存率10%程度)とされていましたが、現在では強力な化学療法の成果により、初診時に遠隔転移がない場合、5年生存率60ー70%程度ときわめて良好な治療成績となっています。

軟骨肉腫:30〜50歳代に好発します。体幹と四肢骨の近位部に好発し、大腿骨と上腕骨に多く見られます。進行は骨肉腫に比べて遅いですが、進行例や肺転移に対しては化学療法や放射線療法の感受性が低いため、治癒率はむしろ低い傾向にあります。脳転移も多く、腫瘍塞栓による肺梗塞も起こりやすい。年間発生は、愛知県下で3―5人程度です。

Ewing's肉腫:10代前半の小児に発生する稀な腫瘍です。年間発生は、愛知県下で2ー3人程度。きわめて予後不良の腫瘍とされておりましたが、放射線、化学療法によく反応することが判明、現在では治癒にいたる症例も少なくありません。しかし成人例では再発も少なくないため、当院では独自の方針で治療しております。まず多剤併用による強力な導入療法を行い、根治手術または根治放射線照射を行った後に、末梢血幹細胞移植併用での超大量化学療法により最終地固めをするものです。

骨巨細胞腫:病理学的には良性ですが、不充分切除では再発率が極めて高く、再発時に手術治療が困難になるのが特徴である腫瘍です。手術のみで対応すべき疾患ですが、完全切除が必須のため、準広範切除という方法で治療する場合もあります。稀に肺転移も起こります。

2.原発性軟部腫瘍

良性

血管腫:整形外科で扱うものは、筋肉内のものです。発生部位の性格上、運動に伴う腫脹と、運動後痛を特徴とします。単純な摘出でよいものと、血管奇形を伴い、準広範切除で対応するべきものとがあります。逆に痛みがない場合には特に処置を要さないことも多いです。

侵襲性腱様腫:デスモイドともよばれます。周囲に長く浸潤傾向を示し、単純切除ではほぼ100%再発し、病巣が広く拡大し、根治手術不能となることがあります。青年期の女性に多く、初回手術がすべてといってよいもので、術前に詳細な画像診断が必要です。この性格上、悪性腫瘍に分類して対応する学者も多いです。

悪性

MFH(悪性線維性組織球腫):軟部悪性腫瘍の代表。比較的高年齢者に多く、愛知県内で年間30例程度は発生しているものと思われます。当科でも年間 5人程度の患者さんが受診します。化学療法には感受性が少ないが、一部の高悪性度のものには有効なことがあります。軟部肉腫との認識がないまま放置され、かなり大きくなってから患者さんが医療機関を受診されることが多い腫瘍です。大腿の内側に発生することが多く、血管、神経の剥離が困難な場合もあり、術前からリザーバーによる動注化学療法を行ったり、放射線照射を行って、切除縁の縮小を試みる場合もあります。広範切除が必須であるため、切除後に大きな組織欠損を生じることが多く、切除と同様に再建が問題となります。かなりの例で、筋弁移植や、顕微鏡視下手術(マイクロ)による遊離組織移植が併用されることになります。

脂肪肉腫:MFHとほぼ同等の発生頻度。当院では年間4ー5人が入院します。広範切除によりほぼ80%の治癒が期待できます。ただし、不完全な手術では、再発以外に肺以外にも多発性の転移を生じることがあるので、術前に的確な画像診断が必要です。

滑膜肉腫:MFH、脂肪肉腫に次いで頻度が高い。かつては、MFHと同様、手術のみが治療の手段とされていましたが、3年生存率は比較的低く(50%程度)、術前、術後化学療法が必須と考えられるようになってきております。

横紋筋肉腫、PNET:頻度はきわめて少ないが化学療法、放射線療法が著効する腫瘍で、現在では治癒にいたる症例も少なくありません。しかし成人例では子供のように良い成績が得られないことが多いため、Ewing's肉腫と同様に、当院では独自の方針で治療しております。まず多剤併用による強力な導入療法を行い、根治手術または根治放射線照射を行った後に、末梢血幹細胞移植併用での超大量化学療法により最終地固めをするものです。

その他:血管肉腫、神経肉腫、平滑筋肉腫など。いずれも稀な腫瘍なため、化学療法や放射線療法の有効性が確立していません。今後当院で研究を進めていくべきものです。

3.骨軟部腫瘍化学療法の実際

化学療法とは?

 組織型が何であれ、悪性腫瘍は可能であれば外科的に切除することが第一選択です。しかし、高率に遠隔転移が予想される腫瘍では、手術のみでは再発が必至であるばかりか生命予後の点で、むしろマイナス材料となることがあります。このため手術治療を補うために化学療法(adjuvant chemotherapy) を行うわけですが、目的と時期に関して以下の3つに大別されます。

neo-adjuvant chemotherapy:骨肉腫、横紋筋肉腫を初めとする一部の腫瘍群に対して、初診時の画像で明らかでないmicro-metastasis(多くの文献では、 “転移巣にまだ着床していない遊離腫瘍細胞”との記述をしている)を撲滅することを目的として術前から化学療法を優先するものです。それぞれのクールごとの治療効果により、腫瘍の抗がん剤感受性を確認できるため、術後の補助化学療法に用いるべき薬剤の判定を行える利点も有します。適応となる疾患は、骨肉腫、Ewing's肉腫、横紋筋肉腫が代表的ですが、最近では単相型滑膜肉腫、血管肉腫、円形細胞型脂肪肉腫も含めるべきと考えられてきています。

術前動注療法:腫瘍栄養動脈の近傍までカテーテルを進め、抗がん剤(主に使用されるのはシスプラチン、5-FU、アドリアマイシン、カルボプラチン、エトポシドなど)の注入をするものです。多くの文献ではこれもneo-adjuvant chemotherapyの中に含めていますが、当科では本法の第一標的が腫瘍塊であって遊離腫瘍細胞でない以上、あくまで局所療法であるとの立場をとっています。この治療法は血流に富み急速に増大する腫瘍に対しては効果が比較的一定しており、初診時に広範切除が困難と思われる症例には適応があります。ただし、局所治療とはいえ、使用する薬剤の全身的な副作用(脱毛、白血球減少など)は静脈投与と同等であり、局所高濃度集中による皮膚、筋肉に対する障害も有りえます。

post-operative adjuvant chemotherapy:一般に補助化学療法といわれるものです。術前から化学療法を行い、さらに術後も治療を継続する場合の他に、術後評価で充分安全といえない切除縁を認めた場合や、広範切除はしたものの術後組織診断が初期診断と異なり化学療法の併用が必須のものと判明した場合に行われます。前者の場合、発生部位によっては化学療法より追加広範切除術のほうが選択されることも多いです(大部分の骨軟部肉腫に対しては、化学療法の有用性がいまだ確認されていない)。

 以上、当科で扱う原発性疾患の治療方針を簡単に紹介いたしました。しかし当院で圧倒的に多い骨疾患は、他の臓器のがんが骨に転移してきたものです。これに対しても患者さんの生活の質(QOL)をいかに確保するかに絞った治療方針で臨んでいます。がんの骨転移には手術が第一選択ではなく、早期発見をして骨折の予防にコルセットや装具を使用しつつ、早期に放射線治療を開始することが重要です。

外来診療

診療実績

骨軟部腫瘍手術件数の推移
【骨軟部腫瘍手術件数の推移】


手術の内訳
【平成28年度手術内訳】


外来患者数の推移
【外来患者数の推移】


入院患者数の推移
【入院患者数の推移】


リハビリ件数の推移
【リハビリ件数の推移】


研究・学会活動

業績

2010年度 学会発表45件 論文(英文6編、和文16編)
2011年度 学会発表50件 論文(英文5編、和文6編)
2012年度 学会発表53件 論文(英文4編、和文11編)
2013年度 学会発表31件 論文(英文8編、和文15編)
2014年度 学会発表27件 論文(英文3編、和文8編)
2015年度 学会発表19件 論文(英文6編、和文2編)
2016年度 学会発表13件 論文(英文1編、和文1編)

基礎研究(文部科学省・厚生労働省科学研究費)

1. 平成14〜15年度、文部科学省科研費、基盤研究(C)(2)、BMP及び培養骨髄細胞移植による加温処理骨の骨同化
2. 平成15〜17年度、厚労省科研費、がんの骨転移に対する予後予測方法の確立と集学的治療法の開発
3. 平成16〜18年度、日本医師会治験推進研究事業研究費、再発あるいは治療抵抗性のc-kitあるいはPDGFR陽性肉腫に対するイマチニブの第U相試験
4. 平成17〜18年度、文部科学省科研費、基盤研究(C)、骨肉腫の肺転移メカニズムの解析および転移予防法の開発
5. 平成19〜21年度、文部科学省科研費、基盤研究(C)、骨肉腫転移予防としての血管新生抑制および抗体療法の開発
6. 平成22〜24年度、文部科学省科研費、基盤研究(C)、骨肉腫転移阻止の為の血管新生抑制剤と抗体投与による併用療法の開発
7. 平成24〜28年度、厚労省科研費、高悪性度骨軟部腫瘍に対する標準治療確立のための研究
8. 平成26〜28年度、文部科学省科研費、基盤研究(C)、転移性骨腫瘍に対するイメージ下凍結療法の開発と確立
9. 平成27〜29年度、文部科学省科研費、基盤研究(C)、がんの骨・肺転移におけるCathepsin Kの役割の解明

治験・臨床試験

 整形外科部では腫瘍が大きかったり、遠隔転移によって手術が出来なかったり、抗癌剤治療を行っても進行するような骨軟部腫瘍の患者さんに対して分子標的治療薬及び新規抗癌剤による治験を行っています。また、JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)やJESS(日本ユーイング肉腫研究グループ)にも参加し、骨肉腫やユーイング肉腫の臨床試験も行っています。内容の詳細については当院ホームページをご覧下さい。

最近4年間に実施した治験・臨床試験

  1. NE-58095の骨Paget病患者を対象とした一般臨床試験(第V相)
  2. 前治療中または前治療後に病勢進行を認めた軟部肉腫患者を対象としたpazopanibの無作為化、二重盲検、プラセボ対照、第V相臨床試験
  3. 転移を有する骨・軟部腫瘍患者を対象とした維持慮法のMK-8669第U相試験
  4. 前化学療法歴のある進行又は再発軟部肉腫患者を対象としてエリブリンメシル酸塩の有効性及び安全性を検討する他施設共同オープン臨床第U相試験
  5. 悪性軟部腫瘍患者を対象とした24時間投与法におけるET-743の第I相臨床試験
  6. 染色体転座を伴う悪性軟部腫瘍患者を対象としたET-743の第U相臨床試験/安全性試験
  7. 骨肉腫術後化学療法におけるイフォスファミド併用の効果に関するランダム化比較試験
  8. 高悪性度非円形細胞肉腫に対するadriamycin、ifosfamideによる補助化学療法とgemcitabine、docetaxelによる補助化学療法とのランダム化第U/V相試験
  9. い信頼性・妥当性を有する骨軟部腫瘍手術後の患者立脚型評価尺度(COMMON)の開発に関する多施設共同前向き研究
  10. 粘液型脂肪肉腫・滑膜肉腫・通常型軟骨肉腫におけるNY-ESO-1の発現と臨床成績に関する研究・骨軟部肉腫治療研究会(JMOG)多施設共同研究
  11. Kyocera Modular Limb Salvage system(京セラモジュラー型患肢温存システム)新セメントレスステムの短期成績調査
  12. 初診時遠隔転移を有する悪性軟部腫瘍の予後因子解析 東海骨軟部腫瘍コンソーシアム共同研究

平成29年8月改訂

このページのトップへ