トップページ診療内容 > 診療部門紹介 > 消化器内科部

消化器内科部

消化器内科部紹介

 当科では内視鏡部と協力して消化器(食道、胃、十二指腸、大腸などの消化管と肝臓、胆嚢・胆管、膵臓)の疾患、その中でもこれら臓器のがんの診断と治療を中心に、質の高い医療を提供すること、患者さんに負担をなるべくかけないこと、知り得た情報は患者さん・家族と医療スタッフとが共有し治療方針を決定し、治療を行うこと、などを目標として日常診療を行っています。主な業務は消化器がんの内視鏡診断・内視鏡治療、および消化器癌の薬物療法(抗癌剤治療)です。

スタッフ紹介

原 和生
原 和生
(はら かずお)
部長

患者さんへのことば

 消化器がんの診断・治療を担当しています。診断に関しては、胃カメラ、大腸カメラなど基本的な内視鏡検査はもとより、超音波内視鏡、超音波内視鏡下生検、内視鏡的逆行性膵胆管造影、など特殊検査も担当しています。治療に関しては、抗がん剤治療や内視鏡的治療(内視鏡的胆道ドレナージ、膵のう胞ドレナージ、内視鏡的乳頭切除、大腸ポリープ切除など)を担当しています。中でも、膵臓癌、胆管癌、肝臓癌などを中心に診療を行なっています。製薬会社主導の臨床治験や、医師主導の臨床試験も積極的に行なっています。また、名古屋大学医学部消化器内科、名古屋大学医学部腫瘍生物学教室と連携し、抗がん剤の感受性、耐性に関する研究(抗がん剤が効くかどうか治療前に予測する研究)や、癌関連遺伝子の研究(癌治療ターゲットの開発)も行なっています。難治性癌と言われる癌を克服する日を夢見て、患者さんの笑顔をエネルギーに今後も精進いたします。

資格

日本消化器内視鏡学会・専門医、日本消化器病学会・専門医、日本内科学会認定内科医、日本医師会認定産業医、日本癌学会会員、日本癌治療学会会員、日本膵臓学会会員、日本胆道学会会員、日本超音波学会会員、日本臨床腫瘍学会会員

水野 伸匡
水野 伸匡
(みずの のぶまさ)
消化器内科部医長
兼内視鏡部医長

患者さんへのことば

 膵・胆道疾患を中心に診療を行っています。特に、難治癌中の難治癌である膵癌・胆道癌の超音波内視鏡やERCP、超音波内視鏡下穿刺吸引生検法(EUS-FNA)を用いた診断および内視鏡治療(ステント留置等)と、化学療法を中心に診療を行っています。患者様には、わかりやすい説明と丁寧な診療を心がけています。また、新しい治療法の開発を目指した臨床試験にも積極的に取り組んでいます。さらに、膵癌との鑑別がしばしば問題となる自己免疫性膵炎のEUS-FNAを用いた診断とステロイド等による治療を行うとともに、自己免疫性膵炎の病態解明について研究をしています。さらに膵癌の早期診断マーカーの開発に関する研究を多施設共同で行っています。

資格

日本内科学会認定総合内科専門医・指導医、日本消化器病学会評議員・専門医、日本消化器内視鏡学会評議員・指導医、日本医師会認定産業医、日本膵臓学会会員、日本癌治療学会会員、日本臨床腫瘍学会会員

桑原 崇通
桑原 崇通 
(くわはら たかみち)
医長

患者さんへのことば

 消化器がん(特に胆道・膵臓領域)の診断・治療を担当しています。腹部超音波検査から、胃カメラ、大腸カメラなどの基本的な検査から、超音波内視鏡、超音波内視鏡下生検、内視鏡的逆行性膵胆道造影(ERCP)、内視鏡的胆道・嚢胞ドレナージ、大腸ポリープ切除など特殊検査・治療も担当しています。日本超音波医学会の用語・診断基準委員を務めており、超音波診断基準の策定やガイドラインの作成などを行い、画像検査の診断技術向上を目指しております。外来・入院診療では検査結果や治療方針など患者さんとよく相談をして、最適な診療を提供することを心がけます。

資格

 日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会員、日本超音波医学会員、日本膵臓学会員、日本胆道学会員

奥野 のぞみ 
奥野 のぞみ 
(おくの のぞみ)
医長

患者さんへのことば

 消化器がんのなかには難治性癌も多く、正確な診断および適切な治療を提供できるよう努めてまいります。主に入院の際に担当させていただいていますので、フットワークとネットワークを大切に信頼関係を築いていきたいと思っています。どうぞよろしくお願い致します。

資格

日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会会員、日本消化器内視鏡学会会員、日本膵臓学会会員、日本胆道学会会員

岩屋 博道  
岩屋 博道 
(いわや ひろみち)
医長

患者さんへのことば

 消化器がんに対して専門的な診断や、高難度の内視鏡治療を学ぶために参りました。患者さん一人一人の不安やニーズに応え、きめ細かい医療を提供できるように努力したいと考えております。よろしくお願い致します。

資格

日本内科学会内科認定医、日本消化器病学会専門医、日本内視鏡学会専門医、日本膵臓学会会員、日本胆道学会会員、日本腫瘍学会会員

鳥山 和浩  
鳥山 和浩 
(とりやま かずひろ)
レジデント

患者さんへのことば

 消化器疾患全般の診断、治療を担当しています。正確な診断、適切な治療に勤めていきたいと考えております。患者さんの力になれるよう精一杯頑張っていきます。宜しくお願いします。

資格

日本内科学会認定医、日本消化器病学会会員、日本消化器内視鏡学会会員

伊東 文子  
伊東 文子 
(いとう あやこ)
レジデント

患者さんへのことば

 北海道にある札幌から参りました、消化器内科レジデント一年目の伊東文子です。入院を中心に担当させていただきます。胆膵を中心に消化器癌、内視鏡治療につき研鑽をつむべく 誠心誠意頑張っていきたいと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

資格

日本内科学会内科認定医、日本消化器病学会会員、日本消化器内視鏡学会会員、日本臨床腫瘍学会会員

倉岡 直亮  
倉岡 直亮 
(くらおか なおすけ)
レジデント

患者さんへのことば

 消化器がんの診断と治療を学ぶために当院へ参りました。日々研鑽し、確実な診断、治療を心掛けて診療していきたいと思っております。患者さんが安心できる医療を提供できるよう努力していきます。

資格

日本内科学会会員、日本消化器病学会会員、日本消化器内視鏡学会会員、日本肝臓学会会員、日本胆道学会会員、日本膵臓学会会員

松本 慎平  
松本 慎平 
(まつもと しんぺい)
レジデント

患者さんへのことば

 がんを含めた消化器疾患における最先端の診断・治療について当院で研鑽を積んでいます。患者さんそれぞれの病気や背景に応じた最適な医療を提供できるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

資格

日本内科学会内科認定医、日本消化器病学会会員、日本消化器内視鏡学会会員、日本膵臓学会会員、日本胆道学会会員

小畑 雅寛
小畑 雅寛 
(おばた まさひろ)
レジデント

患者さんへのことば

 消化器がんに対して最先端の診断や、内視鏡治療、化学療法を学ぶために参りました。日々研鑽を積み、最適な医療を提供できるように努力したいと考えております。また、患者さんが安心して検査、治療が受けれるように丁寧な説明を心掛けています。どうぞよろしくお願い致します。

資格

 日本内科学会内科認定医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本膵臓学会会員、日本胆道学会会員

安田 宗司
安田 宗司 
(やすだ むねじ)
レジデント

患者さんへのことば

 今後増加が予想される膵癌患者に対して早期診断、化学療法、症状緩和など幅広く高いレベルの診療を提供できるよう日々勉強しております。癌の治療には多くの選択肢があり、迷われることも多いと思いますが、正確な病状把握とできるだけわかりやすい説明で患者さんの意思決定のお手伝いができればと思います。

資格

 日本内科学会内科認定医、日本消化器病学会会員、日本消化器内視鏡学会会員、日本膵臓学会会員

栗田 裕介
栗田 裕介 
(くりた ゆうすけ)
レジデント

患者さんへのことば

 準備中

資格

 準備中

田近 正洋(内視鏡部長)内視鏡部のページに掲載
田中 努(内視鏡部医長兼消化器内科部医長)内視鏡部のページに掲載
石原 誠 (内視鏡部医長)内視鏡部のページに掲載   
平山 裕 (内視鏡部医長)内視鏡部のページに掲載   
大西 祥代 (内視鏡部医長)内視鏡部のページに掲載   

診療内容

消化器がんの診断・治療

 消化器がんに対する内視鏡的診断と治療に関しては高いレベルの技術を提供しています。とくに内視鏡検査、超音波検査、あるいはそれらを合体させた超音波内視鏡検査を駆使し、消化器がんの早期診断や確実且つ効率的な診断を行っています。とくに超音波内視鏡を利用した組織採取法(EUS-FNAと言います)は本邦で最も実施数の多い施設で、膵・胆道がん、肝がん、消化管粘膜下腫瘍、消化器がんや肺がんのリンパ節転移、悪性リンパ腫などの血液疾患などの確定診断に利用しています。また、膵癌や胆道癌により生じる閉塞性黄疸に対する内視鏡的減黄術、十二指腸乳頭部腫瘍の内視鏡的切除術、胃・十二指腸狭窄に対する内視鏡的ステント挿入術などの内視鏡治療を得意としています。以下の場合にはご遠慮なく当科を受診してください。  

精密検査(二次検査)
  • 血液検査(肝機能、アミラーゼ等)や腫瘍マーカー(CEA、CA19-9)の異常
  • 黄疸
  • 胃検診の異常や便潜血反応陽性
  • 腹部超音波検査での肝胆膵の異常所見
  • 肝胆膵病変の良・悪性の鑑別診断(画像検査や組織検査)
  • 自己免疫性膵炎の診断と治療
内視鏡治療

 尚、内視鏡実施に際しては、鎮静剤などを使用し内視鏡を楽に受けていただくよう、とくに患者さんに優しく、かつ正確な内視鏡検査を目指しています。

図2

薬物療法(抗癌剤治療)

 消化器がんの中で手術不能な進行がんにおいては常に患者さんのQOLを考慮し、他科との連携による化学療法や放射線治療を積極的に導入しています。また、国内および海外のがん専門病院と協力して抗がん剤の臨床試験を積極的に推進し、一般診療では使用できない新規抗がん剤の開発に参加しております。これらの治療を行いながら、がん治療の発展に貢献すべく努力をおこなっております。当科では各がんの種類に応じて5‐フルオロウラシル系抗がん剤、白金製剤、タキサン系抗がん剤、トポイソメラーゼ1阻害剤等を単独あるいは組み合わせての化学療法を行っています。また、膵胆道がんに対して臨床試験や治験を行ってきましたが、現在実施しています臨床試験や治験に関しては、直接診察の中でお話をお聞きいただくか、セカンドオピニオンやホームページを御利用下さい。  

膵・胆道がんに対する当科の方針

 超音波検査、超音波内視鏡、ERCP、膵・胆道鏡などを有機的に活用して早期診断に努め、粘液産生膵がんや胆嚢早期がんなど予後の良いがんの発見数も全国有数の施設です。癌か、癌でないか区別が困難な消化器の病変では超音波内視鏡を利用して確実に組織を採取し、確定診断を行ってから治療方針を決定するようにしています(図1)。進行がんに対しては原発巣、肝転移巣の制御と除痛効果を目的にジェムザールやティーエスワンによる全身化学療法や、5-FUと放射線治療を併用した治療法(化学放射線療法)を行っています。がんワクチンをはじめとした新しい治験薬を使用した治療法(治験)も積極的に導入し実施しています。さらに膵癌に対しては消化器外科(肝胆膵グループ)と連携し、術後補助化学療法も積極的に行い、難治癌の克服を目指しています。  

肝がんに対する当科の方針

 放射線診断・IVR科、消化器外科と連携し治療を行っています。肝機能の程度により外科的切除、エタノール注入療法、動脈塞栓術を選択しています。転移性肝がん、とくに大腸がんや胃がんでは放射線診断部と連携しリザーバー埋込みによる反復動注療法を行っています。

外来診療

 月〜金の午前・午後(外来診療担当医一覧をご覧下さい)、完全予約制ですので、初めて御来院される方は予め電話にてお問い合わせください。できるだけ患者さんや主治医の先生のご希望に沿った診察日に受診して戴けますように配慮いたします。予約なしで御来院の方も出来る限り当日に診察させていただいておりますが、最後の診察時間枠になることと診察時間が大変遅くなることもありますので予めご了承下さい。
 新患患者さんは紹介状、前医の資料やデータはできるだけご持参下さい。セカンドオピニオン(注)のための来院も歓迎いたしますが、その際には現在診察をお受けになっている主治医からの紹介状と資料(検査データや画像検査のCD-R)を御持参いただきますと、より正確なお話しができると思います。
(注)セカンドオピニオンとは、あくまでも現在おかかりの主治医の意見や説明の他に、さらに当方にて意見や説明を御聞きになりたい場合に限られます。当科にて診断や治療をご希望の方は、セカンドオピニオンとは異なる旨を現在おかかりの主治医に伝えて紹介状に記載してもらって下さい。またセカンドオピニオン外来は予約制です(セカンドオピニオン外来一覧を参照ください)。

診療実績

年間入院疾患別内訳 (平成26年度実績、新患)平成26年度は食道がん106例、胃がん104例、大腸がん45例、膵がん159例、胆道がん(含肝内胆管がん)30例などで、とくに食道がんと膵がんに関しては受診される患者さんは中部地方では最も多い施設の 一つです。

年間内視鏡検査・治療実績 (平成26年度実績、内視鏡部を含む)は、上部消化管内視鏡検査総数5088件(うち治療456件)、下部消化管内視鏡検査総数2231件(うち治療408件)、内視鏡的膵管胆管造影検査(ERCP)396回(うち胆道ドレナージは231回)、超音波内視鏡(EUS)1023回、(うち超音波内視鏡下生検; EUS-FNAは380回)、また放射線診断・IVR科と連携し超音波検査約2000例などです。特に近年は、内視鏡的胆管ドレナージと、EUSおよびEUSを応用したEUS-FNAの検査・治療件数が増加しています(図1)。

胆膵内視鏡件数

 食道、胃、大腸など消化管がんに対しては、通常の内視鏡に加え、拡大内視鏡や超音波内視鏡などを実施し正確に深達度を診断します。その結果で内視鏡的切除の適応と判断された病変(内視鏡部ホームページを参照してください)に対して、内視鏡的粘膜切除を実施しています。   

年間入院薬物療法実績(内視鏡部含む平成26年度、入院治療人数、新患)は、食道がん48例、胃がん12例、大腸がん14例、胆道がん3例でした。検査例、治療例ともに本邦ではもっとも多い病院の一つとなっています。

年間外来薬物療法実績(図2)
 膵・胆道癌を含む消化器がんでは、初回に抗がん剤治療は副作用発現の有無等のチェックのために御入院で行っていただきますが、原則二回目からは通院治療となります。図2は外来化学療法センターを利用され抗がん剤治療(点滴)をお受け戴いた年間の患者さんの数(のべ)のグラフです。この他に経口抗がん剤を服用されている患者さんもみられますので、多数の患者さんが自宅から当病院に通いながら抗がん剤治療をお受け戴いています。

外来科学療法患者数

研究・学会活動

  若手がん研究者の育成をめざしてレジデント、数多く の国内・国外からの研究者の研修、見学を受け入れています。研究成果は日本国内にとどまらず、諸外国においても学会発表、論文投稿、講演など を通じ積極的に公表しています。平成26年度の学会発表は119件(国内88件、海外31件)、論文数は37件(和文23件、英文14件)で した。これらの実績はホームページの医療関係者の方へ、愛知県がんセンター年報、研究内容の紹介および研究成果、等をご参照ください。

消化器内科発表数

消化器内科論文数

治験・臨床試験

 「診療の理念・目標」でも述べましたが、国内および海外のがん専門病院と協力して抗がん剤の臨床試験を積極的に推進し、一般診療では使用できない新規抗がん剤の開発に参加しております。現在進行中の治験・臨床試験も数多くあります。治験・臨床試験については外来診察やセカンドオピニオンを通じて担当医に直接お問い合わせください。

最近3年間に実施した治験・臨床試験

1)胆道
  1. 切除不能進行胆道癌及び再発胆道癌に対するOTS102と塩酸ゲムシタビン併用の第U相臨床試験[平成21〜23年度 治験]
2)膵臓
  1. 切除不能進行膵癌及び再発膵癌に対するOTS102と塩酸ゲムシタビン併用の第U/V相臨床試験[平成20〜22年度 治験]
  2. 根治切除不能な進行再発・転移高分化型膵内分泌腫瘍患者を対象としたスニチニブの第2層試験[平成22年度 治験]
  3. MRAとゲムシタビン併用の切除不能膵癌(局所進行又は転移性)に対する第T/U相臨床試験[平成22年度 治験]
  4. ゲムシタビン耐性膵癌に対するイリノテカン塩酸塩水和物(CPT-11)+S-1併用(IRIS)療法とS-1単独療法の無作為化比較第II層臨床試験[平成21〜22年度 治験]
  5. 転移性膵癌患者を対象としたファーストライン治療におけるAMG 479とゲムシタビン併用による多施設共同ランダム化二重盲検プラセボ対照第3相試験[平成23年度 治験]
  6. 切除不能進行膵癌及び再発膵癌に対するOCV-101及びゲムシタビン塩酸塩併用の第U相臨床試験[平成23〜24年度 治験]
  7. OCV-105の標準療法不応/不耐膵癌に対する第T相臨床試験[平成23年度 治験]
  8. ゲムシタビン耐性膵癌患者を対象としたS-1/LV併用療法とS-1療法のランダム化比較試験[平成23~24年度 治験]

平成29年10月改訂

このページのトップへ