トップページ診療内容 > 診療部門紹介 > 頭頸部外科部

頭頸部外科部

頭頸部外科部紹介

 頭頸部外科は以下の部位に発生したがんの診断と治療を担当しています。

(1)くち(口腔、唾液腺)
(2)のど(咽頭(物を飲み込む)、喉頭(声を出す))
(3)はな(鼻腔・副鼻腔)
(4)くび(頸部、甲状腺、リンパ節)

スタッフ紹介

長谷川 泰久
長谷川 泰久
(はせがわ やすひさ)
部長
(兼副院長)

患者さんへのことば

 頭頸部がんの診断と治療を担当しています。頭頸部外科部が最新でかつ信頼される医療を行えるチームであることに努めています。

資格

日本耳鼻咽喉科学会専門医、日本気管食道科学会専門医、日本内分泌学会専門医

花井 信広
花井 信広
(はない のぶひろ)
医長

患者さんへのことば

 頭頸部がん専門として治療に携わっています。頭頸部がん治療に伴う後遺症を抑え、機能温存、QOL(生活の質)の維持向上に努めてまいります。手術はもちろんですが、化学療法、放射線療法なども積極的に取り入れて、皆様により良い治療を受けていただけるようにいたします。

資格

日本耳鼻咽喉科学会専門医、癌治療認定医、頭頸部癌暫定指導医、頭頸部癌専門医、頭蓋底外科学会評議員

鈴木 秀典
鈴木 秀典
(すずき ひでのり)
医長

患者さんへのことば

 頭頸部がんの診療に従事しています。皆様が、生命や機能予後の向上が期待できる診療を受けていただくよう日々努力しております。また将来より良い治療法が実践できるよう頭頸部がんの研究を進めています。

資格

日本耳鼻咽喉科学会専門医、頭頸部癌学会、頭頸部外科学会、頭頸部癌専門医、癌治療認定医

西川 大輔
西川 大輔
(にしかわ だいすけ)
医長

患者さんへのことば

 頭頸部腫瘍の診療に従事しております。頭頸部腫瘍の治療後の飲み込みや発声などの機能低下を最低限に抑え、日々の生活の質を維持できるよう努めています。頭頸部腫瘍に関わる他の専門科と協力し、より質の高い医療を行ってまいります。

資格

日本耳鼻咽喉科専門医、日本頭頸部癌学会、日本頭頸部外科学会

萩原 純孝
萩原 純孝
(はぎわら すみたか)
医長

患者さんへのことば

 入院患者さんの歯科口腔疾患を対象に診療しております。口腔内を衛生的に保つことで、がん治療による合併症が軽減し治療成績が向上すると言われています。当院で治療に立ち向かう患者さんのお役に立てるよう努めてまいります。

資格

日本口腔外科学会専門医、日本癌学会、日本病理学会、日本頭頸部癌学会

小出 悠介
小出 悠介
(こいで ゆうすけ)
医長

患者さんへのことば

  頭頸部癌の診療に従事しています。患者さんには安心して治療を受けて頂くため、常に最善の医療を行うよう努めています。

資格

日本耳鼻咽喉科学会専門医、日本頭頸部癌学会、日本頭頸部外科学会

別府 慎太郎
別府 慎太郎
(べっぷ しんたろう)
医長

患者さんへのことば

 頭頸部癌の診療に従事しております。患者さんと一緒に病気と向き合い、より高い医療を安全に提供できるように努めてまいります。

資格

 日本耳鼻咽喉科専門医、日本頭頸部癌学会、日本頭頸部外科学会

   

寺田 星乃
寺田 星乃
(てらだ ほしの)
レジデント

患者さんへのことば

 頭頸部癌の治療に携わっております。患者様の不安を少しでも和らげ、安心して治療に進めるよう、日々精進しております。

資格

日本耳鼻咽喉科学会

小栗 恵介
小栗 恵介
(おぐり けいすけ)
レジデント

患者さんへのことば

 頭頸部腫瘍の診療に従事しております。整容面や飲み込み・発声など生活に影響を与える治療が多いため、安心して治療を受けて頂けるように努めています。

資格

 日本耳鼻咽喉科学会、耳鼻咽喉科臨床学会

西川 大祐
西川 大祐
(にしかわ だいすけ)
レジデント

患者さんへのことば

 頭頸部腫瘍の診療に従事しております。患者さんが安心して、同じゴールに向かって、一緒に治療に臨めるように、日々精進しております。

資格

 日本耳鼻咽喉科学会専門医、日本頭頸部外科学会、耳鼻咽喉科臨床学会

診療内容

口腔

 口腔がん(舌、頬粘膜、口腔底、歯肉などのがん)は早期のものであれば手術でも放射線治療でもほとんど障害なく治りますが、進行がんではいかに機能障害を最小にとどめつつ治癒させるかが問題です。構音や嚥下の機能を的確に評価しながらよりよい治療法を選択し、できる限り機能を温存する努力をしています。また積極的に機能再建と適切なリハビリプログラムにより拡大切除後でも口から食べられることを実現できるようになりました。

鼻・副鼻腔

 鼻腔や副鼻腔(上顎洞や篩骨洞など)にも悪性腫瘍ができます。眼球の働きや顔面の形態に関わる場所ですから、それらを温存しつつ確実に腫瘍を切除し、適切に再建しています。また、かつては手術ができなかった頭蓋底に浸潤したがんも脳神経外科との協力により安全に確実に切除できるようになりました。ここでも再建外科が不可欠な要素となります。

中咽頭

 咽頭は上・中・下に分けられます。中咽頭は口を大きく開けたときにみえるのどの奥です。いわゆる扁桃腺や舌根になります。物を飲み込むときに大切な役割を果たします。息の通り道でもあります。したがって、ここにできた腫瘍は物を飲み込むときの痛みや障害、ひどくなると息がしづらいなどの症状を起こします。治療には、手術療法、放射線療法、抗がん剤治療があり、これらを組み合わせて治療します。複雑な機能の部位ですので、機能の障害を最小限にし、治癒が得られるよう工夫する必要があります。

下咽頭

 下咽頭は食道の入り口で喉頭の隣にあります。症状は食べ物のつかえ感です。飲酒の多い男性は要注意です。リンパ節転移が多く、一般に予後は治りにくいがんです。治療は手術が基本ですが、空腸を用いて再建し、食事が出来るようにします。声帯が隣にあり発声にも障害がでますが、喉頭の部分切除や亜全摘などを積極的に行い発声機能を残すことに工夫しています。

喉頭

 喉頭には声帯があり、発声と呼吸、さらに嚥下機能に関係します。ヘビースモーカーの男性は要注意です。声の枯れが早期からの主症状ですが、声帯の上に発生した場合は進行しないと声の枯れは出ません。治療は手術療法、放射線療法、抗がん剤治療です。発声を損なうことなくがんを治すように工夫していますが、がんを治すため声帯を全部摘出することも必要となります。この場合はシャント発声や食道発声の指導(愛友会)を行っています。

甲状腺・上皮小体

 甲状腺腫瘍の治療は、腺腫様甲状腺腫など良性疾患で、甲状腺ホルモン剤による抑制を行う場合を除いて、手術療法です。術前に良悪の鑑別が困難な腫瘍では術中迅速診断を用いて切除の方法を決めています。悪性腫瘍では、リンパ郭清を含めて切除を行いますが、病変が片側にとどまる場合は約半分を切除し、両側にまたがったり、多発性の病変に対してのみ全摘術を行っています。甲状腺の周囲には、反回神経、上皮小体があります。それぞれを、損傷したり、完全にとってしまうと、術後に嗄声、低カルシウム血症を起こします。私たちはそういったことが起こらないよう細心の注意を払って手術を行っています。

頸部郭清

 頸部郭清術には選択的郭清と治療的郭清があります。選択的郭清とは、明らかに転移リンパ節を認めないが、まだ診断できない転移の危険性があるときに行います。このような郭清を行う場合には、頸部に存在する血管、神経、筋肉を温存して行います。それに対して治療的郭清は、明らかに転移が有るときに行います。がんを安全に切除するために、転移リンパ節に隣接した血管、神経、筋肉を切除します。しかし、われわれは安全に残すことができる血管と神経は残すことに努めています。

再建外科

 頭頚部外科で扱うのは顔から頚部のがんです。顔はまさしく顔で、その人の人となりを表します。口から頚部には生きていく上で不可欠な息をしたり、食事を食べたり、喋ったりといった機能をつかさどる器官があります。がんの手術では顔やこれら大事な器官を切除しなければいけません。再建外科では、手術を受けた患者さんが、術後社会生活が営めるような顔貌を作るだけでなく、これらの機能をできるだけ再建しなければいけません。あらゆる切除に対応すべく日々研鑽しています。

外来診療

診療実績


2015年度 新患者数 525名  入院患者数 985名

手術件数

研究・学会活動

  • 2015年度の学会発表数(国内 41)・ 論文執筆数(英語 11 / 日本語 9)

超音波検査による頭頸部リンパ節転移診断

 超音波検査は近年の性能の向上に伴い、非常に精彩な情報が得られるようになってきています。一方で診断の基準が確立されていないため、客観性や再現性の点ではそれほど高く評価されていないのが実情です。明確な診断基準と判定方法を設定することで、高い割合で正確な診断が得られる可能性があります。超音波診断基準の有効性を検証する多施設研究に参加しながら積極的な検査を行っています。(花井信広、寺田星乃)

化学放射線療法後の治療効果判定

 頭頸部がんの治療は、飲み込む、話す、呼吸する、という人が生きて社会活動をする上で重要な機能に影響します。臓器温存を目的とした化学放射線治療が増加していますが、治療後の頸部リンパ節転移に対する効果を判定することは頸部リンパ節に対する手術を追加で行うかどうかについて重要な所見となります。この診断について、特に身体に負担の少ない超音波検査をはじめとした様々な検査機器、方法を用いた治療効果判定についての研究を行っています。(花井信広、寺田星乃)

頭頸部癌の栄養管理に関する研究

 頭頸部がん手術後の合併症を減少させるため、栄養管理の重要性が認識されています。良好なたんぱく質摂取、炎症性サイトカインの抑制また創傷治癒を促進させること等を目的とした栄養剤が注目されています。どのような栄養剤をどのように用いることが頭頸部がん術後の合併症を軽減させることが出来るかについての検討を行っております。将来的にはこのメカニズムによって頭頸部癌の予後を予測したり、改善させるといった可能性が期待できるかもしれません。(花井信広)

FDG-PET/CTによる精密な診断と予後予測に関する研究

 正確な病期診断と質的診断が過不足の無い頭頸部癌治療に必要です。この課題に対して糖代謝画像であるFDG-PET/CTによる精密な診断を目指しています。また、FDG-PET/CTによる癌の質的診断である糖代謝能を測定し(図1)、癌の浸潤や転移などの所見、また抗癌剤感受性や予後予測等と比較し(図2)、より適切な治療法の選択を目指しています。(鈴木秀典)

FDG-PET/CTによる精密な診断と予後予測に関する研究

術後せん妄の予防に関する研究

 術後せん妄とは手術後に意識混濁や幻覚、錯覚が見られるような状態のことであり、高齢者においては頻度の高い術後合併症の一つです。術後せん妄は一旦発症すると大量の薬物を投与する必要があり、身体的影響が大きくなることが多い疾患です。特に頭頸部再建外科においては顎顔面への手術操作に加えて、気管切開によるコミュニケーション障害を呈している場合が多く、既存の検査方法では評価が不十分でありました。我々は近赤外線分光法を用いた脳内酸素化を測定することによる術後せん妄発症予測モデルの作成を目指しています。この研究により術後せん妄の発症がより簡便な方法で予測可能となり、術後せん妄に対して早期に効果的な治療が行えるようになると思われます。(福田裕次郎)

内視鏡下咽喉頭手術

 咽喉頭は非常に多機能な臓器であり、「話す」「食べる」「息をする」と言った人間にとって大切な機能を担っています。従来、咽喉頭がんの手術は、首の皮膚を切開して、がんを切除する方法が中心に行われてきました。しかし、手術により咽喉頭の機能が失われることも多く、生活の質の低下を招いていました。近年、内視鏡を使用して、首の皮膚を切開せず口からがんを切除する技術が発達し、機能温存が可能となってきています。現在当院においては、以前より上部消化管内視鏡(胃カメラ)を用いたELPS(内視鏡的咽喉頭手術)や顕微鏡を用いた喉頭微細手術を行ってきました。現在、腹腔鏡を用いた経口的咽喉頭手術を行っており、今後さらに治療成績と機能温存を両立させた治療法を発展させていく予定です。(西川大輔)

エコーガイド下穿刺細胞診

 近年は機器の進歩により、頭頸部領域における超音波検査(エコー)の有用性が高まってきています。検査の精度と安全性を保つため、当科では頸部腫瘍の細胞診をエコーガイド下で行っています。また、確実に検体を採取して正診率を向上させる方法として、Rapid On-Site Evaluation (迅速細胞判定)を実践しています。(小出悠介)

TGFβシグナル関連分子の発現を応用した新規腫瘍マーカーの開発

 頭頸部に発生する悪性腫瘍の多くは、口腔や咽頭の粘膜上皮から発生する「扁平上皮癌」と呼ばれるものです。上皮細胞の癌化にはさまざまな因子が関与しますが、そのひとつにTGFβ(transforming growth factor -β)という、細胞の発生や分化に重要な役割を担う分子のシグナル伝達異常が関係するといわれています。最近の研究では、TGFβシグナルの調節に関連する『CD44』や『CD109』という細胞表面タンパク質の過剰な産生が、正常な細胞を癌化させる引きがねになるとも考えられています。そこで、これらをはじめとするTGFβシグナル関連分子が、頭頸部扁平上皮癌に罹患した患者さんの血液中にどの程度存在するのか、過去に検査のために採取・保存された血液検体を利用して濃度を測定し、病気の進行度や悪性度との間にどのような関係があるか研究を進めていきます。一定の傾向が認められた際には、それらの分子を腫瘍マーカーとして応用することで、扁平上皮癌の血液診断が可能になると思われます。(萩原純孝)


公的研究費などの獲得状況(2016年)

日本学術振興会科学研究費助成事業

  • 基盤研究(C) 化学放射線療法後の頸部郭清に関する検討
     研究代表者 花井信広
  • 基盤研究(C) 軟治性頭頸部扁平上皮癌に対するFDG-PETと感受性試験による治療法開発
     研究代表者 鈴木秀典
  • 若手研究(B) 頭頸部再建外科における術後せん妄の発症予測モデルならびに治療法の確立
     研究代表者 福田裕次郎
  • 若手研究(B) TGFβシグナル制御因子を応用した口腔癌低侵襲診断システムの開発 
     研究代表者 萩原純孝

治験・臨床試験

  1. 再発性又は転移性頭頸部扁平上皮癌(SCCHN)患者を対象としたMED14736単剤療法及びMEDI4736とTremelimumab併用療法を標準療法と比較する多施設無作為化非盲検第V相国際共同試験
  2. 白金製剤を含む化学療法剤レジメンに治療抵抗性を示したヒトパピローマウイルス陰性セツキシマブ未治療の再発/転移性頭頸部扁平上皮癌患者を対象とし,PALBOCICLIB+セツキシマブ併用とセツキシマブ単剤を比較する、無作為化、多施設共同、二重盲検、第2相試験
  3. 再発又は転移性頭頸部扁平上皮癌の一次治療患者を対象としたMK-3475の第V相試験

平成29年5月改訂

このページのトップへ