トップページ診療内容 > 診療部門紹介 > 薬剤部

薬剤部

薬剤部の紹介

 薬は正しく使用されないと効果が現れなかったり、逆に症状が悪化したりすることもあります。
がんセンター中央病院薬剤部では、薬の管理はもちろんのこと、薬に関する情報を院内に発信するとともに、薬剤師が患者様からの薬についての相談にも応じています。
 患者様が安心して薬を使用でき、一日も早く症状が改善されるよう、薬剤部では、次のような業務を行っています。

調剤業務

 処方された薬に相互作用(薬の飲み合わせ)がないかチェックしたり、指示された飲み方や量が適切か確認し、錠剤を取り揃えたり、粉薬を量ったりして薬を調製しています。   なお、外来患者様には、特殊な薬を必要とするケース等の一部を除いて院外処方せんをお渡しし、かかりつけの保険薬局で薬を受け取っていただいています。

調剤業務 調剤業務

注射薬の管理業務

 注射薬の管理業務です。注射薬は原則として医師の指示(注射せん)に従い、相互作用等の確認をして患者様ごとに区分し、病棟等に払い出しています。当院ではがん化学療法のための薬剤がたくさんあります。従って、使用量等の管理には細心の注意を払っています。   その他、消毒薬・処置薬の管理も行っています。

注射薬の管理業務 注射薬の管理業務

湿性製剤業務

 滅菌消毒薬など市販されていない製剤、または医師から特別に依頼のあった製剤を調製し、払い出しています。

無菌注射調整業務

 無菌病室で使用される注射剤の混注業務を行っています。

無菌注射調整業務

抗がん剤のミキシング業務(外来のみ)

 外来患者様のがん化学療法のための注射剤を安全キャビネットを使用して調製しています。

抗がん剤のミキシング業務(外来のみ)

医薬品情報提供

 病院内のネットワークを利用して新薬情報などを始めとする薬についての情報を全医師、全病棟にeメールや文書でリアルタイムに提供しています。

服薬指導

 各病棟では担当薬剤師が、患者様の薬についての相談をうけたまわっています。
 薬の服用方法や薬効の説明、便秘その他の症状についての相談など、気軽に声をかけていただける病棟薬剤師を目指して頑張っています。
 その他、緩和医療チームのメンバーとして痛みの相談なども行っています。痛みの問題をかかえておられる患者様の相談にのったり、疼痛コントロールや鎮痛薬に関する情報提供を行ったりしています。

治験薬等管理業務

 薬の効果や安全性を調べるために、臨床試験(治験等)が行われています。
 当センターにおいても、受託研究審査委員会の設置等の適正な管理の下で治験等の受託研究が実施されています。薬剤部においては、この治験等に用いられる薬をそれぞれの薬剤ごとに決められた手順に従って管理し、臨床試験の適正な実施に努めています。

治験薬等管理業務

薬剤部リーフレット

 痛みについてのおはなし がんの痛みは抑えることができます(PDFファイル:241KB)

このページのトップへ