トップページ治験支援室 > 患者さんへ

患者さんへ 

新しい薬ができるまで(治験とは)

 皆さんが使っている薬はどうやって開発されるかご存知ですか? 新しい薬が皆さんに使われるようになるには、まず効果が期待できる「薬の候補」について細胞や動物を用いて実験を行います。 充分検討された後、少数の患者さんに使用していただき、効果と副作用を確認します。 副作用が少なく効果が有りそうだとなると、もう少し多くの患者さんに使用していただき更にデータを集めます。 これらの過程を臨床試験といいますが、その中でも国(厚生労働省)に対して薬として認めて貰う(承認申請)ためのデータを集める試験を「治験(ちけん)」と言います。


【新しい薬ができるまで】

治験のルール

 治験では、「くすりの候補」を人に試すことになるため、 治験に参加された方(被験者)の人権、安全及び福祉を最大限保護したうえで、治験の科学的な質と成績の信頼性を確保しなければなりません。そのため、治験は厚生労働省の定めた大変厳格なルール(「医薬品の臨床試験の実施の基準(Good Clinical Practice、GCPと略します)」に従って行われます。

● 治験は専門の医師や医療スタッフと十分な設備が備わっている病院でしか行うことができません。
● 治験に参加するかどうかは患者さんの自由です。治験を担当する医師又は治験協力者(治験専門の看護師や薬剤師)が治験の目的や内容について説明しますので、十分に理解・ 納得した上で、治験に参加するかどうかあくまでご自身の自由意思で決めることができます。
● 治験の参加を断っても、それによって気まずくなったり、治療が受けられないなどの不利な扱いを受けることはありません。また、治験の参加を決めた後でも、いつでも、どのような理由でも参加をとりやめることができます。
● 被験者の方のプライバシー(名前、住所、病気に関することなど)は完全に守られます。
● 当センターで実施される治験は、当センターの「受託研究審査委員会」で科学的及び倫理的な側面から審査され、承認された後に行われます。

※受託研究審査委員会とは: 治験を行う医師や製薬企業から独立して治験の内容を審査する委員会のことで、医学・薬学等の専門家に加え、専門家以外の委員や当センターとは利害関係のない委員も含まれています。


【治験のルール(GCP)】


治験に参加する場合

治験に参加するメリット(利点)

● 新しい治療を受けるチャンスがあります。
● 海外で承認されていても日本では使用できない薬を使用できる場合があります。
● 現在ある治療法、薬より効果が期待されることがあります。
● 他にとるべき治療法がない場合など、治験薬に効果が期待されることがあります。
● 治験参加中は、医療費の一部を製薬会社が負担するため、支払う医療費の負担が少なくなることがあります。
● 同じ病気で苦しむ人々や次世代の人々の治療に役立つという社会貢献ができます。

治験に参加するデメリット(不利益)

● 現在ある治療法より必ずしも優れていない場合があります。また、効果や、安全性の保証があるわけではありません。
● 治験参加中は、通常の診察より通院回数や診察時間が長くなることがあります。
● 通常の診療より多くの検査を行う場合があります。
● 治験参加中は特定の薬や食品の摂取、治療法が制限される場合があります。
● 治験参加中は、市販薬を飲む時や、他の医療機関にかかる時には必ず担当医師やCRC(治験コーディネーター)に相談していただくなど、日常生活の上で守っていただくことがあります。

※CRC(治験コーディネーター)とは:患者さん・医師・治験依頼者との間に立って治験の進行をサポートするスタッフのこと

治験の安全性について

 治験はこれまでに得られた有効性、安全性についての情報に基づいて、科学的に計画され、慎重に実施されます。また定期的に診察や検査が行われ、安全性には十分な注意が払われます。もし、治験に参加していただいている間に何らかの異常や健康被害が起こった場合には迅速かつ適切な治療が受けられます。
 また、治験参加中に被験者の方にお伝えした方が良いと思われる治験薬に関する新しい情報(これまでに知られていなかった効果や副作用の情報など)が得られた場合には、引き続き治験に参加していただけるかどうか改めて確認します。


【治験に参加する場合】

※製薬会社の担当者などが手順どおりに行われているか、調査や監査をします。
※検査結果や副作用のデータを集めますが、プライバシーは厳格に守られます。
※必要に応じて、治験の継続の可否について委員会で審査をし、患者さんの人権や 治験の科学性・倫理性を保ちます。
※薬として承認申請された後に、国の担当者がデータに間違いがないか審査します。

受託研究審査委員会とは

 治験の実施に際しては、法律で決められた要件を満たした委員会で審査され、承認されている事が必要です。 当院では院内に設置されている受託研究審査委員会で、 治験実施前に計画が倫理的、科学的に妥当であること、 実施中も安全性等の観点から治験を継続して問題がないかが審査されています。 委員会で問題がないと判断された場合のみ実施しています。 委員会は、医学等の専門家、医学等を専門にしない人、病院と利害関係が無い人などで構成されています。 詳しくは下記をご覧ください。

愛知県がんセンター中央病院で実施している治験情報

当院では主に抗がん剤の治験を行っています。
以下に記載しているものは、当院が行っている治験のうち、登録可能なものです。
情報は定期的に更新を行っていますが、常に最新の内容が記載されているわけではありませんのでご理解下さい。
治験に参加をいただくには、治験ごとに定められた細かい条件を満たす必要があります。また、いろいろな制限が発生する場合があります。
治験へ参加を希望される方は、紹介状や医療情報が必要となります。まず現在の主治医にご相談下さい。
そのうえで、初診またはセカンドオピニオンの手続きを行って下さい。
電話では、治験に参加可能かどうかの正確な判断や回答は出来ませんので、ご了承ください。

当センターで被験者登録中の治験

(平成28年11月更新)


放射線診断・IVR部
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の種類
(相)
治験責任医師氏名
治験薬名 一般名
27-40 固形がん 第T相 稲葉 吉隆

   
婦人科
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の種類
(相)
治験責任医師氏名
治験薬名 一般名
27-13 子宮頸がん Z-100 第V相 水野 美香
28-12 卵巣がん ABT-888 veliparib 第V相 水野 美香

血液・細胞療法部
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の種類
(相)
治験責任医師氏名
治験薬名 一般名
25-46 悪性リンパ腫 SGN-35 ブレンツキシマブ
 ベドチン
第V相 木下 朝博
27-07 びまん性大細胞型
B細胞性リンパ腫
CC-5013 レナリドミド 第V相 山本 一仁
27-24 進行固形がん
又は
非ホジキンリンパ腫
CC-122 第T相 山本 一仁
27-26 悪性リンパ腫 GS-1101 Idelalisib 第V相 木下 朝博
28-01 末梢性T細胞リンパ腫 SP-02L ダリナパルシン 第U相 木下 朝博
28-08 末梢性T細胞リンパ腫
及び
皮膚T細胞性リンパ腫
E7777 denileukin diftitox 第U相 木下 朝博
28-15 慢性骨髄性白血病
(慢性期)
AP24534 ポナチニブ 第U相 山本 一仁
28-23 再発又は難治性の
古典的ホジキンリンパ腫
MK-3475 Pembrolizumab 第V相 木下 朝博

        
薬物療法部
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の種類
(相)
治験責任医師氏名
治験薬名 一般名
25-20 胃がん ニモツズマブ ニモツズマブ 第V相 室 圭
27-23 頭頸部がん PALBOCICLIB 第U相 室 圭
27-30 胃がん TAS-118 第V相 門脇 重憲
27-33 食道がん MK-3475 Pembrolizumab 第V相 室 圭
27-29 食道がん ONO-4538 ニボルマブ 第V相 宇良 敬
26-32 第T相 室 圭
28-09 結腸・直腸がん MK-3475 Pembrolizumab 第V相 谷口 浩也
28-17 胃がん LY3009806 ラムシルマブ 第U相 門脇 重憲
28-19 胃がん MK-3475 Pembrolizumab 第V相 室 圭
28-24 胃腺がん GS-5745 第Tb相 室 圭
28-26 結腸直腸がん BBI608 napabucasin 第V相 谷口 浩也
28-29 頭頸部がん ONO-4538 ニボルマブ 第V相 門脇 重憲

内視鏡部
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の種類
(相)
治験責任医師氏名
治験薬名 一般名
28-05 切除不能進行又は
再発食道癌
(腺癌又は扁平上皮癌)
及び
切除不能進行又は
再発Siewert
分類type I
食道胃接合部腺癌
MK3475 pembrolizumab 第U相 田近 正洋

乳腺科
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の種類
(相)
治験責任医師氏名
治験薬名 一般名
26-31 乳がん AZD2281 オラパリブ 第V相 岩田 広治
27-11 乳がん MK-3475 Pembrolizumab 第U相 岩田 広治
27-36 乳がん BYL719 alpelisib 第V相 岩田 広治
27-27 乳がん MK-3475 Pembrolizumab 第V相 岩田 広治
27-34 骨転移を伴う乳がん BAY88-8223 第U相 岩田 広治
28-14 乳がん MK-3475 Pembrolizumab 第V相 服部 正也
28-18 乳がん MPDL3280A Atezolizumab 第V相 澤木 正孝

消化器外科
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の種類
(相)
治験責任医師氏名
治験薬名 一般名
27-09 食道がん S-588410 第V相 安部 哲也

消化器内科
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の種類
(相)
治験責任医師氏名
治験薬名 一般名
24-29 膵がん TAS-118 第V相 水野 伸匡
27-31 膵がん シスプラチンミセル(注射剤)
ミセル化製剤
第V相 水野 伸匡
28-11 膵臓がん ABI-007 アブラキサン 第T相 水野 伸匡

整形外科
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の種類
(相)
治験責任医師氏名
治験薬名 一般名

呼吸器内科
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の種類
(相)
治験責任医師氏名
治験薬名 一般名
26-24 非小細胞がん 第V相 樋田 豊明
26-37 非小細胞がん 第T相 樋田 豊明
27-10 非小細胞がん AZD9291 第T相 樋田 豊明
27-17 非小細胞性がん MPDL3280A Atezolizumab 第V相 樋田 豊明
27-18 非小細胞性がん MPDL3280A Atezolizumab 第V相 樋田 豊明
27-32 非小細胞肺がん BMS-936558 ニボルマブ 第V相
27-16 非小細胞肺がん LDK378 Ceritinib 第U相 樋田 豊明
28-10 非小細胞肺がん INC280 capmatinib 第U相 樋田 豊明
28-04 非小細胞肺がん 第1B/2相 樋田 豊明
28-16 非小細胞肺がん S49076 第T/U相 樋田 豊明
28-25 非小細胞肺がん ラムシルマブ 第V相 堀尾 芳嗣
K28-01 ROS1陽性の
非小細胞肺癌
PF-02341066 クリゾチニブ 拡大治験 樋田 豊明

頭頸部外科部
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の種類
(相)
治験責任医師氏名
治験薬名 一般名
26-45 頭頸部がん MK-3475 Pembrolizumab 第V相 長谷川 泰久

緩和ケア部
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の種類
(相)
治験責任医師氏名
治験薬名 一般名

呼吸器外科部
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の種類
(相)
治験責任医師氏名
治験薬名 一般名
28-06 非小細胞肺がん Atezolizumab Atezolizumab 第V相 坂尾 幸則
28-22 非小細胞肺がん MK-3475 Pembrolizumab 第V相 坂尾 幸則
頭・頸
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の
種類(相)
対象診療科 治験責任
医師氏名
治験薬名 一般名
26-45 頭頸部がん MK-3475 Pembrolizumab 第V相 頭頸部外科部 長谷川 泰久
27-23 頭頸部がん PALBOCICLIB 第U相 薬物療法部 室 圭
28-29 頭頸部がん ONO-4538 ニボルマブ 第V相 薬物療法部 門脇 重憲

      
食道
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の
種類(相)
対象診療科 治験責任
医師氏名
治験薬名 一般名
27-09 食道がん S-588410 第V相 薬物療法部 安部 哲也
27-33 食道がん MK-3475 Pembrolizumab 第V相 薬物療法部 室 圭
27-29 食道がん ONO-4538 ニボルマブ 第V相 薬物療法部 宇良 敬

受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の
種類(相)
対象診療科 治験責任
医師氏名
治験薬名 一般名
25-20 胃がん ニモツズマブ ニモツズマブ 第V相 薬物療法部 室 圭
27-30 胃がん TAS-118 第V相 薬物療法部 門脇 重憲
28-05 切除不能進行又は
再発食道癌
(腺癌又は扁平上皮癌)
及び
切除不能進行又は
再発Siewert
分類type I
食道胃接合部腺癌
MK3475 pembrolizumab 第U相 田近 正洋
28-17 胃がん LY3009806 ラムシルマブ 第U相 薬物療法部 門脇 重憲
28-19 胃がん MK-3475 Pembrolizumab 第V相 薬物療法部 室 圭
28-24 胃腺がん GS-5745 第Tb相 薬物療法部 室 圭

受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の
種類(相)
対象診療科 治験責任
医師氏名
治験薬名 一般名
28-09 結腸・直腸がん MK-3475 Pembrolizumab 第V相 薬物療法部 谷口 浩也
28-26 結腸直腸がん BBI608 napabucasin 第V相 薬物療法部 谷口 浩也

肝臓
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の
種類(相)
対象診療科 治験責任
医師氏名
治験薬名 一般名

胆道
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の
種類(相)
対象診療科 治験責任
医師氏名
治験薬名 一般名

膵臓
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の
種類(相)
対象診療科 治験責任
医師氏名
治験薬名 一般名
27-31 膵がん シスプラチンミセル(注射剤)
ミセル化製剤
第V相 消化器内科 水野 伸匡
28-11 膵臓がん ABI-007 アブラキサン 第T相 消化器内科 水野 伸匡

乳房
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の
種類(相)
対象診療科 治験責任
医師氏名
治験薬名 一般名
26-31 乳がん AZD2281 オラパリブ 第V相 乳腺科 岩田 広治
27-11 乳がん MK-3475 Pembrolizumab 第U相 乳腺科 岩田 広治
27-36 乳がん BYL719 alpelisib 第V相 乳腺科 岩田 広治
27-27 乳がん MK-3475 Pembrolizumab 第V相 乳腺科 岩田 広治
27-34 骨転移を伴う乳がん BAY88-8223 第U相 乳腺科 岩田 広治
28-14 乳がん MK-3475 Pembrolizumab 第V相 乳腺科 服部 正也
28-18 乳がん MPDL3280A Atezolizumab 第V相 乳腺科 澤木 正孝

子宮
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の
種類(相)
対象診療科 治験責任
医師氏名
治験薬名 一般名
27-13 子宮頸がん Z-100 第V相 婦人科 水野 美香

卵巣
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の
種類(相)
対象診療科 治験責任
医師氏名
治験薬名 一般名
28-12 卵巣がん ABT-888 veliparib 第V相 婦人科 水野 美香

受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の
種類(相)
対象診療科 治験責任
医師氏名
治験薬名 一般名
26-24 非小細胞がん 第V相 呼吸器内科 樋田 豊明
26-37 非小細胞がん 第T相 呼吸器内科 樋田 豊明
27-10 非小細胞がん AZD9291 第T相 呼吸器内科 樋田 豊明
27-17 非小細胞性がん MPDL3280A Atezolizumab 第V相 呼吸器内科 樋田 豊明
27-18 非小細胞性がん MPDL3280A Atezolizumab 第V相 呼吸器内科 樋田 豊明
27-32 非小細胞肺がん BMS-936558 ニボルマブ 第V相 呼吸器内科
27-16 非小細胞肺がん LDK378 Ceritinib 第U相 呼吸器内科 樋田 豊明
28-10 非小細胞肺がん INC280 capmatinib 第U相 呼吸器内科 樋田 豊明
28-04 非小細胞肺がん 第1B/2相 呼吸器内科 樋田 豊明
28-06 非小細胞肺がん Atezolizumab Atezolizumab 第V相 呼吸器外科 坂尾 幸則
28-16 非小細胞肺がん S49076 第T/U相 呼吸器内科 樋田 豊明
28-25 非小細胞肺がん ラムシルマブ 第V相 呼吸器内科 堀尾 芳嗣
K28-01 ROS1陽性の
非小細胞肺癌
PF-02341066 クリゾチニブ 拡大治験 呼吸器内科 樋田 豊明
28-22 非小細胞肺がん MK-3475 Pembrolizumab 第V相 呼吸器外科 坂尾 幸則

血液・造血器
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の
種類(相)
対象診療科 治験責任
医師氏名
治験薬名 一般名
25-46 悪性リンパ腫 SGN-35 ブレンツキシマブ
 ベドチン
第V相 血液・細胞療法部 木下 朝博
27-07 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 CC-5013 レナリドミド 第V相 血液・細胞療法部 山本 一仁
27-24 進行固形がん
又は
非ホジキンリンパ腫
CC-122 第T相 血液・細胞療法部 山本 一仁
27-26 悪性リンパ腫 GS-1101 Idelalisib 第V相 血液・細胞療法部 木下 朝博
28-01 末梢性T細胞リンパ腫 SP-02L ダリナパルシン 第U相 血液・細胞療法部 木下 朝博
28-08 末梢性T細胞リンパ腫
及び
皮膚T細胞性リンパ腫
E7777 denileukin diftitox 第U相 血液・細胞療法部 木下 朝博
28-15 慢性骨髄性白血病
(慢性期)
AP24534 ポナチニブ 第U相 血液・細胞療法部 山本 一仁
28-23 再発又は難治性の
古典的ホジキンリンパ腫
MK-3475 Pembrolizumab 第V相 血液・細胞療法部 木下 朝博

  
骨・筋肉・脂肪・神経・関節
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の
種類(相)
対象診療科 治験責任
医師氏名
治験薬名 一般名

がん疼痛
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の
種類(相)
対象診療科 治験責任
医師氏名
治験薬名 一般名


その他
受託番号 対象となる疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の
種類(相)
対象診療科 治験責任
医師氏名
治験薬名 一般名
27-40 固形がん 第T相 放射線診断
・IVR部
稲葉 吉隆
27-43 固形がん 第T相 室 圭

※治験依頼者から非公開の要望が有ったものについては、「−」と記載しています。



現在詳細を公開中の治験情報一覧

研究課題名 癌種 担当
診療部門
治験責任医師 掲載日
食道癌患者を対象としたS-588410の第3相臨床試験 食道癌 消化器外科部 食道外科
診療科医長
安部 哲也
2015.10.7

現在実施中の拡大治験(人道的見地から実施される治験)

受託番号 対象となる
診療科
対象となる
疾患
(癌腫)
使用される新薬 治験の種類
(相)
治験届出者名
治験薬名 一般薬名
K28-01 呼吸器内科 ROS1陽性の非小細胞肺癌 PF-02341066 クリゾチニブ 拡大治験 ファイザー株式会社

お問い合わせ先

相談支援室
TEL : 052-762-6111(内線3087)

治験支援室連絡先

TEL : 052-762-6111(内線3703)

このページのトップへ