HOME分野紹介 > がん情報・対策研究分野

がん情報・対策研究分野

はじめに

研究活動の概要

 今や日本人の2人に1人は生涯のうちにがんに罹るようになりました。がん情報・対策研究分野の研究目的は、人々ががんに罹って苦しんだり、がんに罹って命を落としたりする人を減らすための有効な手立てを見つけること、そして、有効な手立てが上手に働いているかをモニターし、その結果を愛知県や日本のがん対策の推進に結びつけることにあります。このため私たちは、日本で発生する全てのがん患者さんの情報を収集する「全国がん登録」に深く関わり、さらに愛知県の患者さんの情報を収集する「愛知県がん登録」の運営を医学的に支援しています。そして、愛知県ならびに全国で収集されたデータを元に、県内、国内の地理的・時間的ながんの発生の特徴を分析するという記述疫学研究を行っています。また、病気の原因を特定する分析疫学研究に重要なヒントを与えるような研究にも取り組んでいます。

目指すもの

 がんの予防・対策は現在の知識やインフラが理想的に普及すれば、それだけでもかなりの効果が期待できます。その状況を正確にモニターし、対策の問題点を見出すことも有効な手立てを見つけることと同じく重要です。わたしたちは、記述疫学研究を通じて、がんの予防、治療に役立つ情報やエビデンスを積み上げ、がんになる人を減らす、がんが治る人を減らす、がんなっても安心して暮らせるようにすることを目指します。

+

このページのトップへ