HOME分野紹介 > がん標的治療トランスレーショナルリサーチ分野

がん標的治療トランスレーショナルリサーチ分野

活動内容

トピックス

2019年2月
  • 細野が加藤記念研究助成に選ばれました。

第30回加藤記念バイオサイエンス振興財団・研究助成に細野が選ばれました。研究テーマは「lncRNAのプロモーター解析と治療応用」で、優秀賞として選定されました。

2018年11月
  • 衣斐が帰国しました。

衣斐は日本学術振興会科研費国際共同研究強化事業により4月から10月までアメリカマサ チューセッツ州にあるNovartis Institute for Biomedical ResearchでVisiting Scientistとして滞在していました。製薬企業内にある研究所での滞在経験を生かして新たな治療法の開発に取り組む予定です。

  • 衣斐が日本肺癌学会総会で講演しました。

第59回日本肺癌学会学術集会でMEK阻害薬耐性について講演しました。

2018年10月
  • 細野が癌学会奨励賞を受賞しました。

第77回日本癌学会学術総会で細野が癌学会奨励賞を受賞しました。研究テーマは「非小細胞肺癌において発生・進展を調整する新規遺伝子の同定と機能解析」です。

  • 衣斐が日本癌学会総会で講演しました。

第77回日本癌学会学術総会で衣斐がインターナショナルシンポジウム10(Molecular basis of therapy resistance for development of next generation drugs)で発表しました。

  • 細野が内藤記念財団研究助成に選ばれました。

2018年度内藤記念科学奨励金・研究助成に細野が選ばれました。研究テーマは「lncRNAのプロモーター解析と治療応用」です。

2018年7月
  • 衣斐がJCA-AACR joint conferenceで講演しました。

衣斐が日本癌学会と米国癌学会の合同カンファレンス(Sixth JCA-AACR Special Joint Conference on the Latest Advances in Lung Cancer Research)で講演しました。

2018年6月
  • Clinical Cancer Research誌に論文が掲載されました。

EGFR変異肺がんにおける抗アポトーシスタンパクMCL-1の役割について解析した論文がCCR誌に掲載されました。本研究はVirginia Commonwealth Universityとの共同研究です。
Increased Synthesis of MCL-1 Protein Underlies Initial Survival of EGFR-Mutant Lung Cancer to EGFR Inhibitors and Provides a Novel Drug Target.

このページのトップへ