HOME分野紹介 > 分子腫瘍学分野

分子腫瘍学分野

はじめに

研究活動の概要

 分子腫瘍学分野ではヒト固形腫瘍の発がん・進展・転移機構を分子レベルで解明し、新たな診断法や分子標的治療法に応用可能な分子・遺伝子を同定する研究を行っています。現在は悪性中皮腫および肺がんといった呼吸器系悪性腫瘍に関するがん遺伝子、がん抑制遺伝子について、ジェネティック、エピジェネティックな解析を中心に研究を行っています。臨床検体や細胞株、また実験動物モデルを用いた実験が主体です。常勤スタッフの他に名古屋大学を始めとする各大学からの任意研修生およびレジデントが研究に携わっています。

目指すもの

 悪性腫瘍は、複数の鍵となる遺伝子の異常およびエピジェネティック異常が多段階に蓄積して発症することがわかってきました。がん細胞においては、細胞増殖や生存に関わる遺伝子産物の変異や発現の変化が重要ですが、1つの遺伝子が、ある細胞の状況下では“がん遺伝子”として働き、また別の状況下では“がん抑制遺伝子”として働くことも珍しくありません。ヒトの腫瘍はきわめてheterogeneityが高く、生体内の様々な状況下に適応することができ、非常に可塑性に富んでいる組織です。そういった特性のため、抗がん剤、分子標的治療薬からすり抜け、治療に対する抵抗性を獲得すると考えられています。こういった複雑ながん細胞の本質を明らかにするためには、がん幹細胞、分化異常、シグナル伝達系異常、エピジェネティック異常、がん微小環境など、様々な視点からアプローチし、がんを統合的に理解することが重要であると考えています。これらの異常の中から、臨床応用を目指した有効な分子診断マーカ−や新たな治療標的となる分子を同定したいと考えています。

+

このページのトップへ