HOME分野紹介 > がん予防研究分野

がん予防研究分野

はじめに

研究活動の概要

 今や日本人男性の2人に1人、女性の3人に1人は生涯のうちにがんに罹るようになり、誰もが無縁とは言えない状況となりました。がん予防研究分野は、環境要因・遺伝的要因の双方を考慮したがん予防に関連するエビデンスを創出し、個人に併せた予防法の開発に取り組んでいます。 

目指すもの

 がん予防研究分野は、環境要因・遺伝的要因の双方を考慮したがん予防に関連するエビデンスを創出し、個人に併せた予防法の開発に取り組んでいます。
 がんのリスクは、生活習慣をはじめとする環境要因、生まれつきの体質を規定する遺伝的要因により個々人で異なります。当分野では、特に環境要因と遺伝的要因の組合わせ効果である遺伝子環境要因交互作用をキーワードに、分子疫学的なアプローチでがん予防に繋がる研究を推進します。当センターで1988年から実施されて来た病院疫学研究を元に、病院との密接な関係を生かし、研究成果を予防・治療の現場に還元することを目指しています。  



がん予防研究分野詳細ページ
(旧遺伝子医療研究部)


HERPACC

がん予防等に役立つ情報を県民のみなさまに提供するため、1988年より大規模な病院疫学研究「愛知県がんセンター病院疫学研究」を実施しております。


関連ウェブサイト

乳がん予防介入研究

愛知県がんセンターがん予防研究分野乳がん予防介入研究のサイトです。


このページのトップへ