HOME部門紹介 > 遺伝子医療研究部

遺伝子医療研究部

はじめに

研究活動の概要

 遺伝子医療研究部は、「遺伝子」をキーワードに、内外の共同研究機関と連携のもとに、血液悪性腫瘍を含むあらゆる種類のがんの病因・病態の解明と、得られた知識の予防・医療への応用をめざしています。
 一つ目の柱は、様々な種類のがんリスクを決める遺伝子と環境要因の組合わせを明らかにし、それを予防行動にどう反映させるかを明らかにする研究です。
 二つ目の柱は、血液悪性腫瘍と、そのゲノムや遺伝子の異常との関係を明らかにし、臨床的な応用へつなげていく研究です。
 中央病院との密接な関係を生かし、研究成果を臨床に還元できるよう、研究を行っています。

目指すもの

 遺伝子は病気にかかる前からかかった後まで、様々な形で我々の体に影響を与えています。我々は二つの研究アプローチを通じ、最終的にがんにかかりにくくする、かかった後の治療成績を向上する、という事を目標にしています。
 一つ目の柱は「分子疫学」という研究手法でアプローチします。我々ががんという病気にかかる際に、遺伝的な素因(体質)と生活習慣を含む環境的なものが絡み合って影響を与えています。この組合わせを見つけ、更に組み合せていくことで、我々ががんになる確率を予測したり、個々人にあった予防法を開発する事が出来ます。同じ手法が治療にも応用することが可能です。
 二つ目の柱は「分子生物学」によるアプローチです。我々は長年造血器の「がん」つまり白血病や悪性リンパ腫に取り組んできました。これらの病気は、遺伝子の異常で発症します。染色体(ゲノム)に起こる、転座・増幅・欠失などの異常です。がん遺伝子が増幅などにより活性化したり、逆にがん抑制遺伝子が欠失などにより不活化したりすると、がん化に向かいます。こうした「遺伝子異常」と、「白血病や悪性リンパ腫の発症や、進展、治療抵抗性など」との関係を明らかにすることで、新しい治療法を考案することが可能です。
 このように「遺伝子」をキーワードに予防、治療へ切り込んで行くことが我々の使命であり、目指しているものです。

インフォメーション



遺伝子医療研究部詳細ページ HERPACC 乳がん予防介入研究サイト

メンバー紹介

松尾 恵太郎
松尾 恵太郎
(まつお けいたろう)
部長

プロフィール

1996年岡山大学医学部卒業。1996-1998年亀田総合病院、1998-1999年岡山大学附属病院医員(第二内科)、1999-2002年愛知県がんセンター研究所(研修生)、2002-2003年ハーバード公衆衛生大学院疫学部(国際がん研究機関ポストドクトラルフェロー)、2003-2006年愛知県がんセンター研究所疫学・予防部研究員、2006-2008年同上主任研究員、2008-2013年同上室長、2013-2015年九州大学大学院医学研究院予防医学分野教授、2015-愛知県がんセンター研究所遺伝子医療研究部部長。
2010-国際がん研究機関客員研究員。(医博)

主要研究テーマ

がん疫学、がん分子疫学、臨床疫学

メッセージ

自身の研究テーマを、愛知県がんセンターで更に発展させ、医学の発展に貢献したいと思っています。次世代のがん研究者の育成にも力を注ぎたいと思っています。

伊藤 秀美
伊藤 秀美
(いとう ひでみ)
室長

プロフィール

名古屋市立大学医学部卒業(1995年)。初期研修後一般呼吸器内科医を経て、愛知県がんセンター中央病院レジデントとして肺がん治療に携わった。名古屋市立大学大学院在学中より癌研究振興財団リサーチレジデントとして、記述疫学および、肺がん・喫煙行動の分子疫学研究を行った。2004年4月より研究員として記述疫学・分子疫学研究を進めるとともに、愛知県地域がん登録事業に従事。2007年より米国ロードアイランド州プロビデンス市ブラウン大学の公衆衛生修士課程に入学し、公衆衛生一般を学ぶ。2009年4月より、同研究所疫学・予防部室長、2016年10月より現職。(医学博士、公衆衛生学修士)

主要研究テーマ

がん疫学・分子疫学、記述疫学

メッセージ

肺がんの臨床に関わる中で、がんにかからないよう予防することの 大切さに気づきました。がんにかかる要因を、遺伝、環境を含む多方面から解明し、 県民、国民のがん予防に貢献できるエビデンス作りに取り組んでいます。

尾瀬 功
尾瀬 功
(おぜ いさお)
主任研究員

プロフィール

岡山大学医学部卒業(2003年)。腫瘍内科医・呼吸器内科医として肺がんなどの悪性腫瘍の薬物治療に従事。2008年より愛知県がんセンター研究所疫学・予防部リサーチ レジデント、2012年より疫学・予防部主任研究員。2017年より現職。(医学博士)

主要研究テーマ

食道がん・頭頸部がんの疫学研究、がんサバイバーの疫学研究、臨床疫学研究

メッセージ

研究を通じて、がんを予防するための方法、がんになってもより良く過ごすための方法を探していきます。

澤部 倫
澤部 倫
(さわべ みち)
リサーチレジデント

プロフィール

2006年金沢大学医学部医学科卒業。2006年豊橋市民病院初期研修医、2009年名古屋市立大学付属病院耳鼻咽喉頭頸部外科、2011年愛知厚生連海南病院耳鼻咽喉科、2013年愛知県がんセンター頭頸部外科レジデント。2014年名古屋市立大学耳鼻咽喉科大学院(博士課程)、2015年より愛知県がんセンター研究所遺伝子医療研究部研修生。

主要研究テーマ

頭頸部癌における疫学研究

メッセージ

疫学研究を通じて、臨床の場で感じた疑問を解決し、頭頸部癌の予防や治療に還元していきたいと考えています。

石黒 淳子
石黒 淳子
(いしぐろ じゅんこ)
リサーチレジデント

プロフィール

名古屋市生まれ、一宮育ち。2007年 関西医科大学医学部卒業後、乳腺外科医を志し 上京。がん・感染症センター都立駒込病院外科系初期研修医として入職、その後乳腺 外科医師として勤務。2013年より愛知県がんセンター乳腺科入職。2016年より同研究 所疫学・予防部リサーチレジデント、2017年4月より遺伝子医療研究部リサーチレジ デント。

主要研究テーマ

乳癌の疫学研究

メッセージ

乳癌の疫学研究を通して、乳癌の発症要因や予防についての知識や解析手法を学び、目の前の患者さんのためにそれらを還元できるようがんばります。

井上 修作
井上 修作
(いのうえ しゅうさく)
研修生

プロフィール

2007年佐賀大学医学部卒業、九州大学産科婦人科学教室に入局。福岡県内の病院で産婦人科医として勤務。2015年九州大学大学院入学。2015年4月より愛知県がんセンター研究所疫学・予防部リサーチレジデント、2016年4月より遺伝子医療研究部リサーチレジデント。

主要研究テーマ

婦人科悪性腫瘍の疫学研究

メッセージ

疫学研究の手法を幅広く学び、婦人科医として臨床の場に活かしていけるよう、頑張りたいと思っています。

鵜飼 知嵩
鵜飼 知嵩
(うがい ともたか)
研修生

プロフィール

2009年大阪大学医学部卒業。2009年医療法人鉄焦会亀田総合病院初期研修医。2011年亀田総合病院血液・腫瘍内科後期研修医。2013年自治医科大学附属さいたま医療センター血液科臨床助教。2015年自治医科大学大学院博士課程入学。 2015年愛知県がんセンター遺伝子医療研究部研修生。

主要研究テーマ

がん分子疫学、臨床疫学

メッセージ

血液内科医としての経験を生かしつつ、癌の分子疫学を幅広く学び、研究を進めたいと思っています。

客員研究員

・瀬戸加大(せと まさお)
・都築 忍(つづき しのぶ)

研究所技師

・春日井由美子(かすがい ゆみこ)
・平野京子(ひらの きょうこ)

研究テーマ紹介

(1)NKリンパ腫の原因遺伝子を同定しました。

リンパ球の一種であるNK(エヌ・ケー)細胞が「がん化」した、NK細胞リンパ腫は、日本をはじめ東洋で比較的多いリンパ腫です。しかし、その原因は不明でした。アレイCGH法と、機能解析実験から6番染色体にあるPRDM1やFOXO3といったがん抑制遺伝子の欠失が、NK細胞性リンパ腫の発生に重要である可能性をつきとめました。

NKリンパ腫の原因遺伝子を同定しました。


(2)ATLLが多クローン性であることと、悪性細胞がリンパ節から末梢血へ流出していることを見出しました。

成人T細胞性白血病リンパ腫(ATLL)は、臨床病型分類としては4つに分類されていますが、いずれも1種類の原因ウイルス(HTLV-1ウイルス)により引き起こされる腫瘍です。
このうち急激な転帰をとる臨床病型分類として、急性型とリンパ腫型の2病型があります。
末梢血中に腫瘍細胞が見られる病型は急性型と分類されていますが、中には明らかにリンパ節腫大を伴う症例があります。しかし、末梢血中の腫瘍細胞とリンパ節中の腫瘍細胞の異同については不明でした。
そこで、リンパ節腫大を伴う急性型症例において、末梢血中の腫瘍細胞とリンパ節中の腫瘍細胞のゲノム異常の異同をアレイCGH法で解析しました。その結果、リンパ節中の腫瘍は複数のクローンから成ること、そしてその一部のクローンが末梢血へ流れ出ていることが明らかとなりました。

NKリンパ腫の原因遺伝子を同定しました。


(3)ERG遺伝子がリンパ性白血病を引き起こすことを明らかにしました。

リンパ球には大きく分類して、Tリンパ球とBリンパ球およびNK細胞があります。Tリンパ球の「がん」である「Tリンパ性白血病」では、ERGの発現量が多いと予後が悪いことがわかっていました。しかし、ERGの発現量が多いことと、白血病との因果関係は不明でした。この因果関係の一端を、解明しました。ERG遺伝子の発現が高いと、正常のリンパ球が白血病になりやすいことが私たちの研究ではじめてわかりました。ERG発現が多いTリンパ球を人工的に作成すると、白血病が発生することがわかったのです。逆にERG発現を人為的に減らしてみると、白血病細胞が増えなくなり、中には死滅するものも現れました。ですからERGを標的とした、新しい治療法の開発が今後可能かもしれません。

このような研究を通して、遺伝子の観点から“がん”を理解し、新規治療法の開発や、治療選択・予後予測などに役立つことができるよう努力しています。

NKリンパ腫の原因遺伝子を同定しました。

業績

原著論文

  1. Kato H, Yamamoto K, Taji H, Oki Y, Chihara D, Seto M, Kagami Y, Morishima Y.: Interstitial pneumonia after autologous hematopoietic stem cell transplantation in B-cell non-hodgkin lymphoma. Clin Lymphoma Myeloma 2011:483-9. (PMID:21978956)
  2. Kato H, Yamamoto K, Oki Y, Ine S, Taji H, Chihara D, Kagami Y, Seto M, Morishima Y.: Clinical value of flow cytometric immunophenotypic analysis for minimal residual disease detection in autologous stem-cell products of follicular and mantle cell lymphomas. Leukemia.;26:166-9. (PMID:21818114)
  3. Kuroda A, Tsukamoto Y, Nguyen LT, Noguchi T, Takeuchi I, Uchida M, Uchida T, Hijiya N, Nakada C, Okimoto T, Kodama M, Murakami K, Matsuura K, Seto M, Ito H, Fujioka T, Moriyama M.: Genomic profiling of submucosal-invasive gastric cancer by array-based comparative genomic hybridization. PLoS One, 6: e22313, 2011. (PMID: 21811585)
  4. Chihara D, Matsuo K, Kanda J, Hosono S, Ito H, Nakamura S, Seto M, Morishima Y, Tajima K, Tanaka H.: Inverse association between soy intake and non-Hodgkin lymphoma risk among women: a case-control study in Japan. Ann Oncol, in press.( PMID:21765045)
  5. Karube K, Nakagawa M, Tsuzuki S, Takeuchi I, Honma K, Nakashima Y, Shimizu N, Ko YH, Morishima Y, Ohshima K, Nakamura S, Seto M.: Identification of FOXO3 and PRDM1 as tumor-suppressor gene candidates in NK-cell neoplasms by genomic and functional analyses. Blood, 118: 3195-3204, 2011. ( PMID:21690554)
  6. Takeshita M, Nakamura S, Kikuma K, Nakayama Y, Nimura S, Yao T, Urabe S, Ogawara S, Yonemasu H, Matsushita Y, Karube K, Iwashita A.: Pathological and immunohistological findings and genetic aberrations of intestinal enteropathy-associated T cell lymphoma in Japan. Histopathology, 58: 395-407, 2011. ( PMID:21323966)
  7. Nakagawa M, Tsuzuki S, Honma K, Taguchi O, Seto M.: Synergistic effect of Bcl2, Myc and Ccnd1 transforms mouse primary B cells into malignant cells. Haematologica, 96: 1318-1326, 2011. ( PMID:21606168)
  8. Kumar V, Matsuo K, Takahashi A, Hosono N, Tsunoda T, Kamatani N, Kong SY, Nakagawa H, Cui R, Tanikawa C, Seto M, Morishima Y, Kubo M, Nakamura Y, Matsuda K.: Common variants on 14q32 and 13q12 are associated with DLBCL susceptibility. J Hum Genet, 56: 436-439, 2011. ( PMID:21471979)
  9. Nakada C, Tsukamoto Y, Matsuura K, Nguyen TL, Hijiya N, Uchida T, Sato F, Mimata H, Seto M, Moriyama M.: Overexpression of miR-210, a downstream target of HIF1α, causes centrosome amplification in renal carcinoma cells. J Pathol , 224: 280-288, 2011. ( PMID:21465485)
  10. Umino A, Nakagawa M, Utsunomiya A, Tsukasaki K, Taira N, Katayama N, Seto M.: Clonal evolution of adult T-cell leukemia/lymphoma takes place in the lymph nodes. Blood, 117(20):5473-5478, 2011. ( PMID:21447829)
  11. Kato H, Kagami Y, Kodaira t, Oka S, Oki Y, Chihara D, Taji H, Yatabe Y, Nakamura T, Nakamura S, Seto M, Yamamoto K, Morishima Y.: Nodal relapse after Helicobacter pylori eradication in a patient with primary localized gastric mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma. Am J Gastroenterol , 106: 549-551, 2011. ( PMID:21378774)
  12. Tsuzuki S, Taguchi O, Seto M. Promotion and maintenance of leukemia by ERG. Blood, 117(14):3858-3868, 2011. ( PMID:21321361)
  13. Sung CO, Kim SC, Karnan S, Karube K, Shin HJ, Nam DH, Suh YL, Kim SH, Kim JY, Kim SJ, Kim WS, Seto M, Ko YH. Genomic profiling combined with gene expression profiling in primary central nervous system lymphoma. Blood, 117(4):1291-1300, 2011. ( PMID:21088137)
  14. Kato H, Kagami Y, Nakagawa M, Karnan S, Yatabe Y, Morishima Y, Seto M.: IL-4/CD40L Co-Stimulation Induces Long-Term Proliferation for CD10-Positive Germinal Center B Cell-Like Diffuse Large B-CeIl Lymphoma. The Open Leukemia Journal, 3: 60-68, 2010. ( PMID:-)
  15. Kimura Y, Sato K, Arakawa F, Karube K, Nomura Y, Shimizu K, Aoki R, Hashikawa K, Yoshida S, Kiyasu J, Takeuchi M, Nino D, Sugita Y, Morito T, Yoshino T, Nakamura S, Kikuchi M, Ohshima K.: Mantle cell lymphoma shows three morphological evolutions of classical, intermediate, and aggressive forms, which occur in parallel with increased labeling index of cyclin D1 and Ki-67. Cancer Sci, 101: 806-814, 2010. ( PMID:20002441)
  16. Iqbal J, Weisenburger DD, Greiner TC, Vose JM, McKeithan T, Kucuk C, Geng H, Deffenbacher K, Smith L, Dybkaer K, Nakamura S, Seto M, Delabie J, Berger F, Loong F, Au WY, Ko YH, Sng I, Armitage JO, Chan WC.: International Peripheral T-Cell Lymphoma Project.: Molecular signatures to improve diagnosis in peripheral T-cell lymphoma and prognostication in angioimmunoblastic T-cell lymphoma. Blood, 115: 1026-1036, 2010. ( PMID:19965671)
  17. Ko YH, Karnan S, Kim KM, Park CK, Kang ES, Kim YH, Kang WK, Kim SJ, Kim WS, Lee WY. Chun HK, Seto M.: Enteropathy-associated T-cell lymphoma-a clinicopathologic and array comparative genomic hybridization study. Hum Pathol, 41: 1231-1237, 2010. ( PMID:20399483)
  18. Kato H, Yamamoto K, Matsuo K, Oki Y, Taji H, Kuwatsuka Y, Seto M, Kagami Y, Morishima Y.: Clinical impact and predisposing factors of delayed-onset neutropenia after autologous hematopoietic stem-cell transplantation for B-cell non-Hodgkin lymphoma: association with an incremental risk of infectious events. Ann Oncol, 21: 1699-1705, 2010. ( PMID:20172906)
  19. Uchida M, Tsukamoto Y, Uchida T, Ishikawa Y, Nagai T, Hijiya N, Nguyen LT, Nakada C, Kuroda A, Okimoto T, Kodama M, Murakami K, Noguchi T, Matsuura K, Tanigawa M, Seto M, Ito H, Fujioka T, Takeuchi I, Moriyama M.: Genomic profiling of gastric carcinoma in situ and adenomas by array-based comparative genomic hybridization. J Pathol, 221: 96-105, 2010. ( PMID:20217874)
  20. Tsukamoto Y, Nakada C, Noguchi T, Tanigawa M, Nguyen LT, Uchida T, Hijiya N, Matsuura K, Fujioka T, Seto M, Moriyama M.: MicroRNA-375 is downregulated in gastric carcinomas and regulates cell survival by targeting PDK1 and 14-3-3zeta. Cancer Res, 70: 2339-2349, 2010. ( PMID:20215506)
  21. Miyata T, Yonekura K, Utsunomiya A, Kanekura T, Nakamura S, Seto M.: Cutaneous type adult T-cell leukemia/lymphoma is a characteristic subtype and includes erythema/papule and nodule/tumor subgroups. Int J Cancer, 126: 1521-1528, 2010. ( PMID:19739121)
  22. Nomura Y, Kimura H, Karube K, Yoshida S, Sugita Y, Niino D, Shimizu K, Kimura Y, Aoki R, Kiyasu J, Takeuchi M, Hashikawa K, Hirose S, Ohshima K.: Hepatocellular apoptosis associated with cytotoxic/natural killer-cell infiltration in chronic active EBV infection. Pathol Int, 59: 438-442, 2009 ( PMID:19563406)
  23. Kato H, Taji H, Ogura M, Kagami Y, Oki Y, Tsujimura A, Fuwa N, Kodaira T, Seto M, Yamamoto K, Morishima Y.: Favorable consolidative effect of high-dose melphalan and total-body irradiation followed by autologous peripheral blood stem cell transplantation after rituximab-containing induction chemotherapy with in vivo purging in relapsed or refractory follicular lymphoma. Clin Lymphoma Myelom, 9: 443-448, 2009. ( PMID:19951884)
  24. Koyama M, Hashimoto D, Aoyama K, Matsuoka K, Karube K, Niiro H, Harada M, Tanimoto M, Akashi K, Teshima T.: Plasmacytoid dendritic cells prime alloreactive T cells to mediate graft-versus-host disease as antigen presenting cells. Blood, 113: 2088-2095, 2009. ( PMID:19144988)
  25. Suzumiya J, Ohshima K, Tamura K, Karube K, Uike N, Tobinai K, Gascoyne RD, Vose JM, Armitage JO, Weisenburger DD.: International Prognostic Index predicts outcome in aggressive adult T cell leukemia/lymphoma: analysis of 126 patients from the International peripheral T-cell lymphoma project. Ann Oncol, 20: 715-721, 2009. ( PMID:19150954)
  26. Nomura Y, Kimura H, Karube K, Yoshida S, Sugita Y, Niino D, Shimizu K, Kimura Y, Aoki R, Kiyasu J, Takeuchi M, Hashikawa K, Hirose S, Ohshima K.: Hepatocellular apoptosis associated with cytotoxic/natural killer-cell infiltration in chronic active EBV infection. Pathol Int, 59: 438-442, 2009. ( PMID:19563406)
  27. Honma K, Tsuzuki S, Nakagawa M, Tagawa H, Nakamura S, Morishima Y, Seto M.: TNFAIP3/A20 functions as a novel tumor suppressor gene in several subtypes of non-Hodgkin lymphomas. Blood, 17: 2467-2475, 2009. ( PMID:19608751)
  28. Lee S-Y, Kumano K, Nakazaki K, Sanada M, Matsumoto A, Yamamoto G, Nannya Y, Suzuki R, Ota S, Ota Y, Izutsu K, Sakata-Yanagimoto M, Hangaishi A, Yagita H, Fukayama M, Seto M, Kurokawa M, Ogawa S, Chiba S.: Gain-of-function mutations and copy number increases of Notch2 in diffuse large B-cell lymphoma. Cancer Sci, 100: 920-926, 2009. ( PMID:19445024)
  29. Takeuchi I, Tagawa H, Tsujikawa A, Nakagawa M, Katayama-Suguro M, Guo Y, Seto M.: The potential of copy number gains and losses, detected by array-based comparative genomic hybridization, for computational differential diagnosis of B-cell lymphomas and genetic regions involved in lymphomagenesis. Haematologica, 94: 61-69, 2009. ( PMID:19029149)
  30. Nakagawa M, Nakagawa-Oshiro A, Karnan S, Tagawa H, Utsunomiya A, Nakamura S, Takeuchi I, Ohshima K, Seto M.: Array CGH analysis of PTCL-U reveals a distinct subgroup with genetic alterations similar to lymphoma-type ATLL. Clin Cancer Res, 15: 30-38, 2009. (PMID: 19118030)

総説、等

  1. Seto M, Honma K, Nakagawa M.: Diversity of genome profiles in malignant lymphoma. Cancer Sci, 101: 573-578, 2010. ( PMID:20070305)
  2. Seto M.: Genomic profiles in B cell lymphoma. (Progress in Hematology) Int J Hematol, 92: 238-245, 2010. ( PMID:20799004)

人材募集

連絡先

愛知県がんセンター研究所遺伝子医療研究部・部長
松尾 恵太郎 (まつお けいたろう)
〒464-8681 名古屋市千種区鹿子殿1-1
Tel: 052-762-6111(内線)7082
E-mail : kmatsuo@aichi-cc.jp

このページのトップへ