HOME分野紹介 > がん病態生理学分野

がん病態生理学分野

はじめに

研究活動の概要

 がん病態生理学分野では、がんが体の中でどのように発生し、さらに悪性化して転移するようになるか、そしてがんが体にどのような影響を与えるかを研究しています。がんは我々の体を構成する細胞(体細胞)に遺伝子の異常が積み重なってできます。私たちは、遺伝子改変によって作り出した、がんを自然に発症するマウス(がんマウスモデル)を用いて、がんがどのように発生し、悪性化して転移に至るかについて研究しています。特に、(1) 周辺の正常細胞との相互作用などのがん細胞を取り巻くがん微小環境の役割、(2) がん細胞の転移の分子メカニズム、(3) がん患者の多くに発症し筋肉や脂肪組織の萎縮により体重が減少する「がん悪液質」の病態生理の3つを明らかにすることに力を注いでいます。

目指すもの

 がん微小環境を標的とした治療法を開発し、既存の化学療法薬・分子標的治療薬と併用できれば、薬剤抵抗性を生じにくい新しい治療法となることが期待されます。また、がんの転移を制御する分子を同定できれば、それらを起点に治療困難な転移性がんの予防・治療標的を見つけ、転移を制御する薬の開発につなげられることが期待されます。さらにがん悪液質の進行を予防または遅延できる方法が見つかれば、多くのがん患者の生活の質が向上するのみならず、より侵襲的な抗がん治療を選択できるようになる可能性があります。私たちは、マウスモデルを用いた個体レベルでのがん研究の成果を、中央病院との緊密な連携による橋渡し研究を介して、先進的ながん予防・治療法の開発に結びつけることを目指しています。

このページのトップへ