HOME > 分野紹介

分野紹介

がん予防医療研究領域

がん情報・対策研究分野
疫学・予防部 世界、日本、愛知県のがん登録データを活用した研究に取り組み、がん対策の充実に役立つ情報発信をしています。

がん予防研究分野
遺伝子医療研究部 環境要因・遺伝的要因の双方を考慮したがん予防に関連するエビデンスを創出し、個人に合わせた予防法の開発に取り組んでいます。

分子遺伝学分野
分子遺伝学分野 がんの発症と進展に関わる遺伝子異常とそれらの機能の分子遺伝学的解明、ならびにその成果をがんの個別化予防や治療に結び付ける研究を行っています。

がん分子病因・病態研究領域

がん病態生理学分野
分子病態学部 がんを全身疾患として捉え、「がん微小環境」・「転移」・「がん悪液質」について個体レベルで研究し、新しいがん医療の創生を目指しています。
分子腫瘍学分野
分子腫瘍学部悪性新生物の発生と転移の分子病因として関わる分子を明らかとして、それを応用するうえで必要とされる基盤情報の構築に関する研究を行っています。
システム解析学分野
準備中



がん医療創生基盤開発領域

腫瘍制御学分野
腫瘍ウイルス学部 がんを細胞の恒常性維持の破綻として捉え、その分子機序を解明することにより、分子メカニズムに立脚した新たな診断・治療シーズの提示を目指しています。
腫瘍免疫応答研究分野
腫瘍免疫学部 がん抗原に対する細胞傷害性Tリンパ球が持つ特性を詳しく調べ、この免疫応答をがん免疫療法に応用するための研究を行っています。

腫瘍免疫制御トランスレーショナルリサーチ分野
準備中



分子診断トランスレーショナルリサーチ分野
準備中



がん標的治療トランスレーショナルリサーチ分野
腫瘍病理学部 細胞株・モデル動物などの前臨床の解析と患者さんの臨床データ、腫瘍検体の解析を融合することにより、それぞれの患者さんに最も適切な治療を開発・提供していきます。
個別化医療トランスレーショナルリサーチ分野
遺伝子医療研究部 腫瘍の分子生物学的特徴に合わせた個別化医療を推進するための研究部門で、病院と連携して個別化医療に結びつけることを目指しています。

共通基盤領域

共通機器室
中央実験室 研究所の各種共通機器の管理・運用を行っています。共通機器の有効活用を介してがん研究の発展に資することを目的としています。
バイオバンク部門
バイオバンク部門 愛知県がんセンターを受診された患者さんの診療情報・臨床検体・疫学情報を、将来の医学研究に役立てるために蓄積しています。

このページのトップへ