HOME > 部門紹介

部門紹介

疫学・予防部
疫学・予防部疫学・予防部では、人々の生活習慣や遺伝的素因を詳しく調べることにより、がん予防や治療に有効な手立てをみつける研究をしています。
腫瘍病理学部
腫瘍病理学部腫瘍病理学部では、国内外の大学や複数の企業研究部門の専門家およびがんセンター中央病院と連携し、がんの克服に向けた多彩な医学研究を展開しています。
分子腫瘍学部
分子腫瘍学部分子腫瘍学部では、ヒト悪性腫瘍の分子生物学的研究を推進し、発がん・進展に関わる特性の解明と、新たな診断マーカーや治療法開発のための分子標的の同定を目指しています。
遺伝子医療研究部
遺伝子医療研究部遺伝子医療研究部は、「遺伝子」をキーワードに、造血器腫瘍をはじめとするあらゆる種類のがんの原因の解明と、得られた知識の予防、医療への応用をめざしています。
腫瘍免疫学部
腫瘍免疫学部腫瘍免疫学部では、T 細胞ががんを見分ける目印となる標的抗原の探索を行い、細胞傷害生 T 細胞を利用したがん免疫療法に役立てています。
感染腫瘍学部
腫瘍ウイルス学部 感染腫瘍学部では、がんを細胞の恒常性維持の破綻として捉え、その分子機序を解明することにより、分子メカニズムに立脚した新たな診断・治療シーズの提示を目指しています。
分子病態学部
分子病態学部分子病態学部は、がんの病態を分子レベルで解明し、新しい分子標的を同定することによって、新しいがん治療法の開発に貢献することを目指しています。
腫瘍医化学部
発がん制御研究部腫瘍医化学部では、私たちが世界に先駆けて開発した抗リン酸化ペプチド抗体を用いて、がん細胞のもつ強さと弱さの原点を探索しています。
中央実験室
中央実験室中央実験室では、研究所全体に関わる共通業務、および、ミトコンドリアDNA と食道がんの関連について独自の研究を行っています。

このページのトップへ