HOME > 研修・教育

研修・教育

はじめに

 愛知県がんセンターは研究機関であると同時に、未来の研究者を育成する教育機関としての役割も担っています。当センターで研修を受けられる方の選択枝として、以下の3つの立場があります。

リサーチレジデント
愛知県の非常勤職員として給料等を支給されます。医師あるいは博士号を取得済みの方が対象となります。2年間の勤務後に、優秀であると認められた方は、研究を継続し最大4年間在籍することができます。
連携大学院の大学院生
名古屋大学、名古屋市立大学の連携大学院の学生(修士課程・博士課程)として研修を受けます。所属大学院へ学費を納めていただく必要があります。愛知県がんセンター研究所における成果に基づき、卒業時には、所属する大学院から学位を受領することが可能です。
任意研修生
当センター以外の組織に所属する持つ方が、当センター職員の指導の下、がん研究の研修をします。ご自身が所属する組織の長の推薦が必要です。給与等はなく、飽くまで任意での研修という位置付けです。一年毎に資格を更新します。

このページのトップへ