HOME > 愛知県がんセンターと名古屋大学大学院医学系研究科との連携・協力の推進に関する基本協定の締結について

愛知県がんセンターと名古屋大学大学院医学系研究科との連携・協力の推進に関する基本協定の締結について

愛知県と名古屋大学では、愛知県がんセンター及び名古屋大学大学院医学系研究科の研究能力及び人材を活かし、科学技術の振興と有為な人材を育成することを目的に連携・協力を推進するための基本協定を締結いたしました。

 愛知県がんセンターは、がん研究会、国立がん研究センターに次ぎ、昭和39年に開設された歴史を持つ、国内有数の総合がんセンターです。当センターは、この度の基本協定の締結を受けた密接な連携・協力のもと、現時点の最新・最良の医療を提供するのみならず、次世代のがんの予防と医療の革新に向けた研究を、より一層強力に推進してまいります。
 なお、今後、当センター研究所の全3領域、12分野が、名古屋大学大学院医学系研究科の連携講座となりますが、これまでもその優れた研究実績やバイオバンク事業等を通じた高度な研究資源の蓄積は、がん研究領域において国内外から高く評価されてきました。一方、名古屋大学大学院医学系研究科は、がんに限らず幅広い分野に渡って先鋭的な研究を展開する豊富な人材と、最先端の研究機器環境を有します。私たちは、お互いの強みを活かした連携・協力体制を構築していくことで、未来に向けた優秀な人材の育成をしながら、この愛知の地をがん研究と医療が日本で一番進んだ地域とすべく、最先端のがん研究を展開し、その成果を世界に向けて発信してまいります。


基本協定締結式181015

基本協定締結式記念撮影(H30.10.15)


このページのトップへ