愛知県地域安全調査対策発信 対策動画リンク集

愛知県では、県民の防犯・交通安全意識の高揚を図るため、平成24年中、全国ワースト1位であった「住宅への侵入盗」と「交通死亡事故」をテーマとした動画を制作しました。動画では「脱ワースト1宣言」をキーワードに、現状分析、調査・分析、対策を分かりやすく紹介しています。動画を御覧いただき、防犯・交通安全対策にお役立てください。

交通安全編

平成24年中、愛知県の交通事故死者数は235人と全国ワースト1位です。
しかも、愛知県が全国ワースト1位になったのは平成24年だけでなく、
平成15年から平成24年までの10年連続、全国ワースト1位です。

高齢者の身体能力
交通事故死者数235人のうち5割以上が高齢者でした。
なぜ、交通事故で亡くなる高齢者が多いのでしょうか?
横断方法とそのリスク
道路横断中の死者数は55人で事故類型別では一番多い
死者数です。また、被害者のほとんどが高齢者に集中しているのが特徴です。
夜間の視認性
交通事故件数は昼間が多いが、交通事故死者数は夜間が多くなっています。なぜ、夜間の交通死亡事故が多いのでしょうか?
近所の道の油断
歩行中・自転車乗車中に亡くなった高齢者のうち、約6割が自宅から500m以内で事故に遭っています。なぜ、身近な場所で事故に遭ってしまうのでしょうか?

防犯編

平成24年中、愛知県の住宅への侵入盗被害件数は7,205件と全国ワースト1位です。
この全国ワースト1位は平成24年だけでなく、平成19年から6年間も続いている状況です。

住宅ドロボウの増加
なぜ、愛知県が狙われるのか?決して他人事ではない現状と防犯対策の基本的考え方を御紹介します。
ドロボウの侵入手口
住宅へ侵入するドロボウは家のどのような場所を狙って侵入するのか?ドロボウが狙うウィークポイントへの有効な対策とは?
無施錠の危険性
無施錠での侵入盗被害はどれほど起きているのか?そして無施錠の危険性とは?小さな窓だから、2階のベランダだからと油断していませんか?