本場

 ご案内 

コンテンツ
 
段戸山牧場
種鶏場

トピックス

家畜審査競技会

畜産フェスタ



交通案内

























 

組織構成
 
平成24年4月1日から組織機構の見直しを行い、「技術指導部」を「技術部」と改め、「研修指導課」を廃止し、その業務を整理し「人工妊娠課」に再整備しました。また、「種畜部」の「肉牛課」を「和牛改良課」と名称変更し、「技術部」へ再編しました。

種畜部

酪農課
▼乳牛
 ホルスタイン種の優良な種雌牛を生産・育成し、県内の酪農家に譲渡することにより、酪農の経営基盤の強化を図っています。
▼検定
 乳用牛群検定の普及推進を図るため、検定員・検定指導員の養成研修を行うとともに、牛群検定に関する情報を県下の指導機関等に提供しています。
▼飼料
 トウモロコシや牧草を栽培し、乳牛の基礎飼料であるサイレージを作っています。

養豚課(あいちの系統豚)
 品質の良い豚肉を生産するため、3品種の系統豚(ランドレース:アイリスL3、大ヨークシャー:アイリスW2、デュロック:アイリスナガラ)を飼育し、県内の養豚農家に種豚を供給しています。


技術部

 人工妊娠課 
センターで飼育する優秀な乳牛の雌牛から受精卵を取り出し、他の雌牛に移植し、優良な子牛を生産するとともに、和牛については受精卵の譲渡をしています。

畜産に関する研修、技術相談、畜産技術練習生の受入などを通じて人材の育成、後継者の育成を図るとともに、県民と畜産の「ふれあいの場」を提供しています。

和牛改良課
 黒毛和種の優良な種雌牛を生産・育成し、県内の肉用牛繁殖農家に譲渡するとともに、受精卵を供給することで肉用牛生産基盤の強化を図っています。


   

ご意見ご要望等をお送りくださいメールはこちらをクリックしてください

 

chikusan-c@pref.aichi.lg.jp

畜産総合センタートップページへ
畜産総合センタートップページへ