お知らせ 過去データ

HOME >> 平成13年度、12年度お知らせ

お知らせ 平成13年度データ

2002年2月1日 東海道ルネッサンスコンサート
「新たなる旅立ち」 〜人・道・文化の交流〜
と題して、東海道をテーマとしたコンサートを平成14年2月10日(日曜日)に開催

2001年6月11日 “東海道宿駅制度制定400年” 「灯街道リレーと宿場サミット」が開催されました 本年は、東海道宿駅制度が制定されて400年目に当たるため、これを記念して比叡山延暦寺の「不滅之法灯」を京都から東京まで徒歩でリレーし、東海道五十三次が果 たしてきた歴史的な役割をアピールし、あわせて今日の東海道の姿を一人でも多くの方々に知ってもらうことを目的とした「灯街道リレーと宿場サミット」が、市民団 体の「東海道ネットワークの会」主催により開催されました。 2001年5月12日に三条大橋(京都)を出発し、延暦7年(788年)の最澄による比叡山延暦寺の創建以来燃え続ける“不滅之法燈”を各宿場ごとにリレーしながら、約1ヶ 月かけて6月9日に日本橋(東京)に到着。翌6月10日には江戸東京博物館にて宿場サミットが開催されました。

愛知県内においても、5月20日〜23日にかけてリレーが行われ、道中は愛知県東海道ルネッサンス推進協議会(事務局:愛知県建設部道路建設課)が支援いたしました 。またその際、宿場がある市町の首長及び愛知県知事が東海道宿駅制度制定400年を記念し、本イベントに対してメッセージを伝えました。

【愛知県内行程】
平成13年5月20日(日) 宮宿〜池鯉鮒宿
5月21日(月) 池鯉鮒宿〜藤川宿
5月22日(火) 藤川宿〜吉田宿
5月23日(水) 吉田宿〜新居宿

☆愛知県知事のメッセージ伝達式
    日時:平成13年5月20日(日)宮宿出発式にて
    場所:宮の渡し公園(名古屋市熱田区)

☆メッセージ/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 織田信長、豊臣秀吉、そして東海道宿駅制度を制定した徳川家康という三英傑の地、愛知県にようこそおいで下さいました。
 「あいち」の地名は、「桜田(さくらだ)へ 鶴(たず)鳴き渡る 年魚市潟(あゆちがた) 潮干(しおひ)にけらし 鶴(たず)鳴き渡る」と万葉集に詠まれた 、年魚市潟(あゆちがた)に由来すると言われています。この年魚市潟(あゆちがた)は、今の名古屋市南区あたりに広がる浅海で、広くこの地域一帯に豊かな幸を もたらす、南風「年魚(あゆ)の風」が来る海岸と伝えられています。
 昔、その海岸を通り、53の宿場を結びつけていた日本の大動脈「東海道」は、現在、国道1号、東名・名神高速道路へと受け継がれ、さらに21世紀において第二東 名・名神高速道路へと姿を変えようとしていますが、地域に豊かさとゆとりをもたらす基盤としての役割は不変です。
 愛知県は今、2005年に開催する日本国際博覧会と、それに合わせた中部国際空港の開港を、地域づくりの大きな目標の一つとして取り組んでいます。21世紀におい ても、東海道のうち愛知県にある九つの宿場をはじめ当地域が、日本全国、そして世界の交流の場となり、豊かな幸をもたらす「年魚(あゆ)の風」を送り続ける発 信基地でありたいと思っております。
 比叡山の「不滅之法燈」と、今回のリレーに参加された皆さんの思いが、無事に「お江戸日本橋」まで届くことを祈念しております。
                            平成13年5月20日
                               愛知県知事 神 田 真 秋
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_


平成12年度データ


2000年4月10日 愛知県建設部道路建設課のホームページを開設しました。
道路建設課からの広報資料、新着情報を随時おしらせします。
2000年4月1日 愛知県では本庁組織の部制再編を行い、これまでの13部局を8部に再編成しました。
これにより、道路建設課は「土木部」から「建設部」になりました。

道路建設課バナー
お問い合わせ
名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
愛知県建設部道路建設課
電話 052-954-6541(ダイヤルイン)
E-mail dourokensetsu@pref.aichi.lg.jp