お知らせ 過去データ

HOME >> 平成15年度、14年度 お知らせ

お知らせ 平成15年度データ

2004年3月31日 「西知多道路」が地域高規格道路の調査区間に指定されました

地域高規格道路は、全国的な高規格幹線道路と一体となって、地域発展の核となる都市圏の育成や地域相互の交流促進、空港港湾などの広域交通拠点との連絡等に資する道路で、自動車専用道路もしくはこれと同等の機能を有する道路として整備を推進しています。
 この地域高規格道路については、愛知県内では平成6年12月から平成11年12月の間に候補の指定が行われ、地域高規格道路の重点的かつ計画的な整備を図るため「計画路線」の中から「調査区間」、「整備区間」を指定され、調査及び事業が進められています。
今回、地域高規格道路のより一層の整備を推進するため、平成16年3月30日付けで、地域高規格道路の「調査区間」が指定されることになりました。愛知県内では、以下のとおり「西知多道路」の区間が指定されることとなりました。
都道府県名 路線名 起点 終点 概略延長(km) 備考
愛知県 西知多道路 東海市 常滑市 18 北部2km
調査区間指定済

2003年11月15日 土木学会中部支部と共催で「土木の日」市民見学会を開催しました。

土木学会では、11月18日を「土木の日」と定め、この日を中心に全国各地で、土木技術や土木事業への理解を深めていただく事を目的としたPR行事を実施しています。
 愛知県においても、土木学会中部支部と共催で、11月15日に中部国際空港「セントレア」の建設現場親子見学会を開催しました。

 今回は公募した41名の親子に参加していただき、まず、常滑市にある「セントレア館」で空港の概要説明を受けたのち、中部空港連絡道路を通り、実際の建設現場を見学しました。
管制塔やターミナルビル、滑走路が姿を現し、工事が順調に進んでいる様子や、空港島の広さを実感して頂く事が出来たと、好評を頂きました。
空港写真1
工事が進む滑走路
空港写真2
展望台

平成14年度データ

2002年7月11日 JR東京駅「愛・地球博」イベントにおいて、道路財源制度のPRを行いました。

7月10日(水)JR東京駅において、開幕まで1000日を切った”愛・地球博”のPRイベントが開催されました。
 「道路PRコーナー」では、万博会場へのアクセスとしても必要となる道路整備と道路特定財源制度についてPRを行いました。
 あいにく台風6号の接近する中でのイベントとなりましたが、通りがかりの方にPRチラシの配布などを行いました。
イベントの写真

2002年6月29日 「愛・地球博千日前まつり」において、道路財源制度のPRを行いました。

6月29日(土)30日(日)の2日間、愛・地球博開幕まで1000日前となる日を記念し、万博を盛り上げるイベントが県内各地で開催されました。
長久手会場である長久手文化の家においては、「愛・地球博千日前まつり」が行われ、大勢の人々でにぎわいました。
 「道路PRコーナー」では、万博会場へのアクセスとなる東部丘陵線を始めとした事業の紹介と愛称の募集。また、道路整備と道路特定財源制度の必要性についてPRを行いました。
 当日はポケットティッシュの配布なども行い、多くの家族連れの方々に、内容について興味深く見ていただきました。
まつりでの写真1  まつりでの写真2
チラシやグッズの配布・パネルを使っての説明

2002年6月14日 ポートメッセ名古屋で開催された「モノづくりワールド2002名古屋」で道路財源制度のPRを行いました。

愛知県では、6月12日(水)から15日(土)にかけての4日間、名古屋市港区金城埠頭のポートメッセ名古屋(名古屋市国際展示場)で日刊工業新聞社主催により開催された製造技術総合展「 モノづくりワールド2002名古屋 」において、道路整備と 道路特定財源制度の必要性についてPRを行いました。
 愛知県PRブースでは、中部国際空港、日本国際博覧会のPRとともに道路整備や道路財源制度についてのPRパネルの展示やパンフレットを配布しました。
 (来場者数:約3万人)
モノづくりワールド2002の写真1  モノづくりワールド2002の写真2
愛知県PRコーナー 道路整備と道路財源制度のPRパネル

2002年5月24日 ”愛知みち懇談会”が開催されました。

趣旨
 地域における道路施策の実施に当たっては、従来以上に地域の現状・課題・ニーズ・将来ビジョン等を的確に把握検討することが重要となります。
 そこで、愛知県で活動し地域発展に尽力されている方々に、道路施策について様々な視点から議論・提案等をいただき、これからの道路施策等に反映させることを目的として「愛知みち懇談会」が設立されました。

懇談会の役割
 その時々の環境変化に対応しながら、愛知県における道サービスのバリュー(価値)アップを継続的に進めるために、懇談会委員のそれぞれの視点から、今後求められる道サービスの内容と進め方について提言していただきます。

議事内容など、くわしくは 国土交通省中部地方整備局名四国道事務所

2002年4月2日 第14回あいち都市緑化フェアで道路財源制度のPRを行いました

愛知県・(財)愛知県都市整備協会などの主催により、4月29日(月)の「みどりの日」に名古屋市緑区の大高緑地公園で開催された 第14回あいち都市緑化フェア」で道路整備と 道路特定財源制度の必要性についてPRを行いました。

 イベント広場では「緑カルタ優秀作品」の表彰式や「韓国の打楽器演奏」「鳴海よいとこ踊り」など多彩な催し物が行われるなど、天候にも恵まれ、多くの方々にご来場いただきました。

 「道路PR」のコーナーでは、「道路特定財源制度」や 「東海道ルネッサンス事業」についてのパネルを展示し、 道路特定財源制度について理解を深めていただくとともに、東海道ルネッサンス事業を紹介しました。

 コーナーを訪れてくれた方には、道路建設課のパンフレットのほかに道路特定財源制度PRティッシュや携帯ストラップをプレゼントし、大好評をいただきました。

あいち都市緑化フェアの写真1  あいち都市緑化フェアの写真2  あいち都市緑化フェアの写真3
イベント広場全景 道路PRコーナー 道路特定財源堅持のパネル

2000年4月 豊田市域を対象とした“TDM”取組のお知らせ

 私たちの身のまわりをとりまく道路では、年々道路混雑が激化しています。国・県・市などの道路管理者は混雑緩和を図る道路整備も推進しているところですが、交通需要の伸びに追いついていない状況が続いています。
 そのような背景から、新たな混雑緩和策として、地域全体での時差出勤や公共交通機関利用の促進など、車の利用者の交通行動の変更を促すことにより交通需要を調整する“交通需要マネジメント(TDM)”という手法が注目されています。

 豊田市においては、平成9年度から各協力事業所が集い「TDM勉強会」を開催しており、平成13年度より第3水曜日を「TDMの日」とし、豊田市域を対象に、TDM推進の取り組みを行っています。  今年度からは、毎月第1・3水曜日を「のりあいエコデー」とし、協賛店での特典も用意されているなど、さらにパワーアップしたTDM推進の取り組みを行っています。 問い合わせ先 (財)豊田都市交通研究所 TEL 0565−31−7543

〔TDM勉強会事務局〕
 ・国土交通省名四国道事務所
 ・愛知県建設部道路建設課
 ・愛知県豊田加茂建設事務所
 ・豊田市土木部幹線道路推進室
 ・(財)豊田都市交通研究所

〔TDM勉強会参加事業者〕
愛知環状鉄道新豊田駅・愛知銀行豊田支店・愛知県豊田事務所・愛知県豊田勤労福祉会館・愛知県豊田警察署・愛知県豊田土木事務所・NTT豊田営業支店・大垣共立銀行豊田支店・岡崎信用金庫豊田支店・加茂病院・さくら銀行豊田支店・JA豊田市・ジャスコ豊田店・十六銀行豊田支店・青磁会鈴木病院・第一勧銀豊田支店・中部カーエレクトロニクス営業所・中京銀行豊田支店・中部電力豊田営業所・中央信託銀行豊田支店・東海銀行豊田支店・東海農政局豊田統計情報出張所・東邦ガス豊田営業所・豊田区検察庁・豊田公共職業安定所・豊田サティ・豊田産業文化センター・トヨタ自動車・豊田社会保険事務所・豊田市役所・豊田商工会議所・豊田信用金庫・豊田中日文化センター・豊田郵便局・豊田労働基準監督署・名古屋銀行豊田支店・名古屋法務局豊田支局・VITS・碧海信用金庫豊田支店・三重銀行豊田支店・名鉄豊田市駅・名鉄豊田自動車営業所

道路建設課バナー
お問い合わせ
名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
愛知県建設部道路建設課
電話 052-954-6541(ダイヤルイン)
E-mail dourokensetsu@pref.aichi.lg.jp