お知らせ 過去データ

HOME >> 平成16年度 お知らせ

お知らせ 平成16年度データ


2005年3月9日 「名古屋都市圏の社会資本の未来を考えるシンポジウム 開催」
について

名古屋都市圏は現在、モノづくりの中心地として日本経済をリードする存在となっています。  また、中部国際空港が開港し、「愛・地球博」が開催されることから、ますますの発展が期待されている地域でもあります。
 本シンポジウムでは、こうした機会をとらえ、名古屋都市圏の将来像について、国際化や今後の社会資本整備のあり方などを中心に、日本を代表する二人の識者による対談を行います。
日時 平成17年3月15日 火曜日
15時30分から17時30分(開場15時)
場所 名古屋観光ホテル 2階 曙東の間
 地下鉄「伏見駅」8,9,10出口より徒歩2分
 下図参照
入場料 無料
対談 名古屋都市圏の社会資本整備のあり方
評論家
 西部 邁

1939年生まれ。東京大学教養学部教授を経て現在、秀明大学学頭。 経済、政治、社会学など多方面にわたる言論活動、研究政策は高い評価を得ている。 主な著書に「経済倫理学序説」「生真面目なたわむれ」がある。
早稲田大学大学院客員教授
 大石 久和

1945年生まれ。建設省入省後、建設省道路局長、国土交通省技監を歴任し、2004年退官。現在は、早稲田大学大学院公共経営研究科客員教授。 国土に働きかけるインフラ整備とその恩恵の体系、社会資本整備の哲学である「国土学」を提唱。
主催 名古屋都市圏の社会資本の未来を考えるシンポジム実行委員会
後援 国土交通省中部地方整備局
協賛 名古屋環状2号線整備促進期成同盟委員会、西知多道路推進協議会、名古屋環状2号線早期整備促進会議

お問い合わせ
名古屋都市圏の社会資本の未来を考えるシンポジウム実行委員会事務局(名古屋市住宅都市局街路計画課内)
電話052-972-2722(直通)  FAX052-972-4160

2005年2月11日 「名古屋高速道路 高速16号一宮線(清洲JCTから一宮IC)開通情報」について
高速16号一宮線が平成17年2月11日15時に開通します。
詳しくはこちらをご覧ください。

2005年1月17日 「一般国道23号豊川橋料金社会実験」について
詳しくは こちらをご覧ください。

2004年12月12日 「伊勢湾岸自動車道(豊田JCTから豊田南IC)開通情報」について
セントレアラインが平成16年12月12日15時に開通します。


2004年11月17 「セントレアライン(知多横断道路 中部国際空港連絡道路)開通情報」
について
セントレアラインが平成17年1月30分日15時に開通します。 

2004年1月5日 「東海北陸地域づくりフォーラム
「交流時代から中部のまち・ひと・みちネットワークから」
を開催します。
趣旨 東海北陸道や能越自動車道は、環日本海と環太平洋を結ぶ「日本中央横断軸」の基軸となる道路であり、その沿線には文化・産業・観光等の様々な特性をもつ地域が数多く存在します。 「中部国際空港」「愛知万博」の開港・開幕を目前に控え、東海・北陸の両地域がこの道路を活用して地域連携や国際交流を深めることにより、さらに魅力のある地域に発展するよう、一般の方々にも広くご理解いただき、官民一体となって推進していくために本フォーラムを開催いたします。
日時 平成16年11月24日(水) 14時00分から16時45(会場13時30分)
場所 中電ホール(名古屋市東区東新町1)
プログラム 14時00分から14時15分 開会
「主催者挨拶」 豊田 芳年 ((社)中部経済連合会 会長)
         (東海北陸道地域整備推進協議会代表理事)
「歓迎挨拶」   神田 真秋 (愛知県知事)
「来賓挨拶」   村田 進 (国土交通省中部地方整備局長)
14時15から15時00分 交流トークPART1(講演)
「道の向こうに出会いがある」から国境なき交流を求めてから
 ジョン・ギャスライト(コラムニスト)
15時00分から15時15分 東海北陸自動車道事業報告
「東海北陸自動車道の整備状況」 
 木村 秀夫 (日本道路公団中部支社 建設第二部長)
15時15から15時30分 休憩
15時30分から16時45分 交流トークPART2(パネルディスカッション)
「万博と交流ムーブメント」
 ジョン・ギャスライト(コラムニスト)
 佐藤 久美 (英文情報誌「アベニューズ」編集長)
 遠山 憲章 (近畿日本ツーリスト
          中部営業本部カンパニー執行役員本部長)
  コーディネーター・前田 弘司(中日新聞論説委員) 
16時45分終了
主催 東海北陸道広域地域整備連絡会議
東海北陸道地域整備推進協議会
日本中央横断軸構想推進協議会
後援 国土交通省中部地方整備局
国土交通省北陸地方整備局
日本道路公団中部支社
日本道路公団北陸支社
中日新聞社
定員 400分名(入場無料)申し込みは締め切りました
問い合わせ先
 愛知県建設部道路建設課 広域幹線道路・環境対策グループ
 電話052−961−2111(代表)(内線2702、2704)

2004年10月29日 「名古屋瀬戸道路の開通情報」について
開通日時 平成16年11月27日(土) 15時00分
開通式典
日時
場所
主催

平成16年11月27日(土)10時00分(受付9時00分から)
愛知県立大学 講堂
愛知県、愛知県道路公社、日本道路公団、日進市、長久手町
鋏入れ式
日時
場所
主催

平成16年11月27日(土)11時00分から
名古屋瀬戸道路 長久手料金所
愛知県、愛知県道路公社、日本道路公団、日進市、長久手町
路線名 一般県道 日進瀬戸線
事業費 約647億円
事業年度 平成11年度から平成16年度
区間 日進JCT(日進市岩崎町)から
長久手IC(愛知郡長久手町大字岩作)
延長 2月3km
設計速度 80km/h
車線数 4車線
本事業は有料道路事業、国庫補助事業、県単独事業の合併事業として施行しました。
開通の効果 ・今回の開通により、現在県道力石名古屋線(通称:グリーンロード)に集中していた交通が転換し、 長久手市街での慢性化した交通渋滞の緩和が期待されます。

・東名高速道路と直結する日進JCTから、博覧会長久手会場に近接する長久手ICまでの間が自動車専用道路 で結ばれることにより、博覧会開催時にはシャトルバス等の円滑な運行を支援することができます。
名古屋瀬戸道路の位置図
*今回、長久手ICは第1出入口のみ開通します。
通行料金
車種 軽自動車等 普通車 中型車 大型車 特大車
料金の額 100 100 100 150 300
(通行1台1回につき 単位 円)
 名古屋瀬戸道路の日進JCTでは、東名高速道路と直結し一般道路に接続しておりませんので、 名古屋瀬戸道路のみのご利用はできません。
(名古屋瀬戸道路のご利用には、東名高速道路の通行料金が加算されることになります。) 

2004年10月 「伊勢湾岸道路の社会実験」 について
詳しくはこちらの中部地方整備局名古屋国道事務所Webをご覧ください。

2004年9月15日 「名古屋高速・東名阪(名古屋-高針)社会実験」
について
詳しくはこちらの中部地方整備局愛知国道事務所Webをご覧ください。

2004年9月20日 「道路交付金事業における整備目標」
について
詳細は こちらをご覧ください。(削除しました2006/2/9)

2004年6月17日 「東海北陸自動車道建設促進同盟会・
東海環状道路建設促進期成同盟会」
の合同総会を開催しました。
日時 平成16年6月17日(木) 午後1時30分から3時
場所 東京都千代田区平河町2−4−3
  ルポール麹町 2F 「ロイヤルクリスタル」
  電話 03-3265-5365
総次第 開会のことば
両会会長あいさつ
来賓祝辞
議事     ・ 平成15年度事業、決算報告
        ・ 平成16年度事業計画案、予算案について
        ・ 規約の改正について
        ・ 役員の改選について(東海北陸自動車道建設促進同盟会のみ)
        ・ 決議案について

2004年6月16日 「三遠南信道路建設促進期成同盟会」
平成16年度通常総会
を開催しました。
概要 愛知県東三河地域、静岡県遠州地域及び長野県南信地域を有機的に連絡する三遠南信自動車道 (高規格幹線道路 長野県飯田市から静岡県引佐郡三ケ日町、約100km)及びこれと一体的に整備をする一般道路の建設を促進するため、三遠南信道路建設促進期成同盟会平成16年度通常総会を開催しました。
日時 平成16年6月16日(水) 午後1時30分から3時
場所 東京都千代田区平河町2−6−3
  都道府県会館 1階 101大会議室
  電話 03-5212-9162

2004年4月31日 「第2回 関西中部広域連携シンポジウム」
を開催しました。
趣旨 関西圏と中部圏の連携は、首都圏に匹敵する経済圏域の形成が図られると同時に、両圏域が有する文化、学術、自然などの特色を活かした相乗効果の発揮が期待され、わが国の再生を進める上で、非常に有効と考えられます。
ついては、我が国における国際競争力の確保に向けた、関西圏と中部圏の連携のあり方を探るため、「第2回 関西・中部広域連携シンポジウム」を開催しました。
日時 平成16年4月25日(日) 13時00分から15時00分
場所 名古屋国際センター 別棟ホール
(名古屋市中村区那古野一丁目47番1号)
内容 (1)基調講演「新しい時代の新しい地域間戦略」
独立行政法人国民生活センター理事長 糠谷 真平 氏
(2)鼎談「国際的魅力と競争力を引き出す関西・中部圏連携」
JR東海 代表取締役社長  葛西 敬之 氏
国土交通省 技監       大石 久和 氏
ニュースキャスター      草野 満代 氏


道路建設課バナー
お問い合わせ
名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
愛知県建設部道路建設課
電話 052-954-6541(ダイヤルイン)
E-mail dourokensetsu@pref.aichi.lg.jp