中部地方整備局記者クラブ、日進・愛知記者クラブ、長久手町同時
平成16年10月14日(木曜日)
愛知県建設部道路建設課
 東部丘陵アクセスグループ
  担当 川崎・平子 内線2711・2715
  (ダイヤルイン)  052-954-6546
愛知県道路公社総務部業務課
  担当 鈴木・中西 052-961-1621
日本道路公団中部支社総務部地域広報課
(ダイヤルイン) 052-222-1183

 
 

名古屋瀬戸道路(日進JCT〜長久手IC)が開通!
〜日進ジャンクションを通じて名古屋東部丘陵地域と全国を直結します〜



  • 愛知県と愛知県道路公社で建設を進めてきた地域高規格道路名古屋瀬戸道路(日進ジャンクション〜長久手インターチェンジ:延長2.3km)が、開通しますのでお知らせします。
  • 名古屋瀬戸道路は、東名高速道路と日進JCTで直結し、名古屋東部丘陵地域から全国に広がる高速交通ネットワークを形成する自動車専用道路です。
  • 今回の開通により、県道力石名古屋線(通称:グリーンロード)の交通渋滞の緩和が期待されており、また、2005年日本国際博覧会開催時には、会場へのアクセス道路としても活用されます。 
  • 今回、博覧会開催の約4ヶ月前に開通することにより、会場整備が大詰めを迎えるなか、博覧会関係車両の円滑な通行も支援することができると期待されます。
  • 名古屋瀬戸道路は、東名高速道路と直結しており、現金、ETC、ハイウェイカード、クレジットカードでの料金のお支払いが可能となります。
開通日時 平成16年11月27日(土)15時00分
<開通式典の概要>
日時 平成16年11月27日(土) 10時00分から (受付:9時00分から)
場所 愛知県立大学 講堂
主催 愛知県、愛知県道路公社、日本道路公団、日進市、長久手町

<鋏入れ式の概要>
日時 平成16年11月27日(土) 11時00分から
場所 名古屋瀬戸道路 長久手料金所
主催 愛知県、愛知県道路公社、日本道路公団、日進市、長久手町
路線名 一般県道 日進瀬戸線
事業費  約647億円
事業年度 平成11年度〜平成16年度
区間 日進JCT(日進市岩崎町)〜長久手IC(愛知郡長久手町大字岩作)
延長 2.3km
設計速度 80km/h
車線数 4車線
※本事業は有料道路事業、国庫補助事業、県単独事業の合併事業として施行しました。
<開通の効果>
  • 今回の開通により、現在県道力石名古屋線(通称:グリーンロード)に集中していた交通が転換し、長久手市街 での慢性化した交通渋滞の緩和が期待されます。
  • 東名高速道路と直結する日進JCTから、博覧会長久手会場に近接する長久手ICまでの間が自動車専用道路 で結ばれることにより、博覧会開催時にはシャトルバス等の円滑な運行を支援することができます。
名古屋瀬戸道路の開通区間の図
※今回、長久手ICは第1出入口のみ開通します。
<名古屋瀬戸道路分の通行料金> (通行1台1回につき 単位:円)
車種 軽自動車等 普通車 中型車 大型車 特大車
料金の額 100 100 100 150 300
 名古屋瀬戸道路の日進JCTでは、東名高速道路と直結し一般道路に接続しておりませんので、名古屋  瀬戸道路のみのご利用はできません。
 (名古屋瀬戸道路のご利用には、東名高速道路の通行料金が加算されることになります。) 

<東名高速道路・名神高速道路の主要ICからの通行料金等>
通行料金等は別紙のとおりです。
愛知県のトップページに戻る