新城市政同時                       
平成18年2月17日(金曜日)
部 課  名 愛知県建設部道路建設課
グループ名 国道・橋梁グループ
担    当 課長補佐 都築道和(内線)2706
主   査 道浦  真(内線)2708
ダイヤルイン 052−954−6543、6544

 
 
しんしろいなさせん      のだじょうおおはし                    
一般県道新城引佐線・野田城大橋の供用開始について

 1.経緯及び概要
 野田城大橋は、新城市内の一級河川豊川に架かる橋長350mの長大橋梁です。
 平成2年度に取付道路の用地買収に着手し、以来、15年余の歳月と約48億円の事業費をもって平成18年3月27日に供用開始の運びとなりました。
 この完成により新城市内の幹線道路である国道151号と国道301号とが最短ルートで結ばれ、豊川によって分断された新城既成市街地と郊外で開発が進んでいる地域とのネットワーク強化が図られることから、この地域の発展に大きく寄与するものと期待されています。
 また、架橋地点は桜淵県立自然公園区域内にあり、付近の河川敷を利用した新城市の公園整備計画もあることから、橋梁形式として景観にも優れたニールセンローゼ橋を採用しました。

 2.開通記念式
  日   時 平成18年3月27日(月)午前11時00分から午後0時まで
                         ひとくわだ
  場   所 野田城大橋左岸(新城市一鍬田地内)
  主   催 野田城線架橋促進期成同盟会(会長:新城市長)
  出席予定者 愛知県知事、国土交通省、国会議員、県議会議員、新城市長、他地元関係者
 3.交通一般開放
  平成18年3月27日(月)午後3時予定
 4.事業の概要
  事業主体  愛知県(新城設楽建設事務所)
  事 業 名  橋梁整備工事
  路 線 名  一般県道新城引佐線
  箇 所 名  新城市野田・一鍬田地内
  供用延長  1,190m
  車 線 数  2車線
  事 業 費  48億円(うち野田城大橋工事費 32億円)
  主要構造物
    ○野田城大橋
      橋   長 350.0m
      有効幅員 15.0m
       (歩道3.0+歩車道境界0.5+路肩0.75+車道3.25×2+路肩0.75+歩車道境界0.5+歩道3.0)
      橋   種 ニールセンローゼ橋(2連)+4径間連続鋼鈑桁橋