「あいち食の安全・安心推進アクションプラン」について

1.あいち食の安全・安心推進アクションプランとは?

 平成13年に国内での牛海綿状脳症(BSE)の発生や食品の偽装表示など食の安全を揺るがす問題が相次いで発生し、消費者の不安が増大しました。 こうした問題による県民の不安を解消し、食の安全に対する信頼を回復するため、県は平成14年9月に愛知県食の安全・安心推進本部を設置し、推進本部の取り組みの一環として、県が取り組むべき食品安全対策を体系的にとりまとめた行動計画として「あいち食の安全・安心推進アクションプラン」(以下アクションプラン)を平成15年9月に策定しました。

2.これまでの改訂等

 アクションプランについては、食の安全・安心を取り巻く状況の変化に対応するため、平成18年6月及び平成24年6月に改訂を行いました。 その後4年が経過し、食品表示法の施行、愛知県食品衛生条例の改正等への対応が必要となったことから、今回改訂を行うものとしました。

《あいち食の安全・安心推進アクションプラン》
 ・あいち食の安全・安心推進アクションプラン(PDF形式 2.76 MB)
 ・平成27年度の行動計画(議事概要(愛知県食の安全・安心推進協議会平成26年度第2回会議 資料2参照))(PDF形式 209.01 KB)

あいち食の安全・安心推進アクションプランの進捗状況について

 あいち食の安全・安心推進アクションプランは、
  視点1 生産者、加工者、流通・販売者における食の安全管理体制の推進
  視点2 食の安全のための効率的かつ効果的な監視・検査等の実施
  視点3 県民の食の安心に向けた普及啓発・教育の充実
の3つの視点から成り立っており、各視点に基づき全部で20のアクションを掲げて います。
 各アクションの平成27年度の進捗状況は別添(「あいち食の安全・安心推進アクションプランを改訂します!」の資料4)のとおりです。


「食の安全・安心情報サービス」に戻る