食の安全・安心推進対策について


愛知県食の安全・安心推進本部の設置
 昨年来、BSEの発生、食品の偽装表示、違法添加物の使用、中国産輸入野菜の残留農薬等食に関する問題が次々に発生し、県民の食に対する信頼性が低下していることから、食の安全と消費者の安心の確保を図ることが急務である。
 このため、全庁横断的な取組体制を整備し、総合的な対策を講じるため、平成14年9月4日に愛知県食の安全・安心推進本部(以下「推進本部」という。)を設置している。
 ・愛知県食の安全・安心推進本部設置要綱
(1)推進本部の組織
  本部長:知事
  副本部長:副知事
  本部員:県民生活部長、健康福祉部長、健康福祉部健康担当局長、産業労働部長、
       農林水産部長、教育長
  なお、推進本部の円滑な運営を図るため、幹事会を設置する。また、食の安全対策に係る技術的な事項について、必要に応じ県の試験研究・検査機関に調査・報告を求めるものとする。
(2)推進本部の所掌事務
  ア 食の安全施策に係る総合的な企画・立案に関すること。
  イ 食の安全施策の展開に係る全体的な調整に関すること。
  ウ 食の安全に係る情報の共有・提供に関すること。
  エ その他、推進本部の目的を達成するために必要な事項に関すること。
(3)愛知県食の安全・安心推進協議会の設置
  食の安全対策について、県民各界の意見・提言を受け施策に反映するため、消費者団体、農林水 産団体、食品製造・流通業界の各代表者、学識経験者等を構成員とする協議会を平成15年3月1日  に設置した。
    ・愛知県食の安全・安心推進協議会設置要領
    ・愛知県食の安全・安心推進協議会のプロフィール


食の安全・安心確保に向けた取組みの視点
 視点1 生産者、加工者、流通・販売者における食の安全管理体制の推進
 視点2 食の安全のための効率的かつ効果的な監視・検査等の実施
 視点3 県民の食の安心に向けた普及啓発・教育の充実


食の安全・安心推進アクションプランの策定
平成15年9月1日、本県が今後取り組むべき食品安全施策をとりまとめた行動計画「あいち食の安全・安心推進アクションプラン」を策定し、公表しました。   

「食の安全・安心情報サービス」に戻る