愛知県衛生研究所ヘッダーバナー
衛生研究所>現在のページ

感染症の発生状況

2014年8月28日更新
愛知県感染症情報
週報(第34週/8月第3週) (PDF) [153KB]
グラフ (PDF) [305KB](Excel) [219KB] *
*ExcelファイルはZIP圧縮してありますので、ダウンロードしたファイルを適当な場所に解凍後ご利用ください。
週報のバックナンバー

感染症法に基づく医師から都道府県知事等への届出基準(2014年7月26日改正)(PDF) [707KB]
平成26年7月26日に、指定感染症に「中東呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属MERSコロナウイルスであるものに限る。)」が追加されました。   (届出基準・発生届)
    平成26年7月16日付け健感発0716第1号(厚生労働省)
*平成26年5月12日から、「急性灰白髄炎」、「ジフテリア」、「A型肝炎」、「ウイルス性肝炎(E型肝炎及びA型肝炎を除く。)」、「侵襲性インフルエンザ菌感染症」、「先天性風しん症候群」、「梅毒」、「破傷風」、「風しん」、「感染性胃腸炎(病原体がロタウイルスであるものに限る。)」、「マイコプラズマ肺炎」の届出基準等が変更になりました。
    平成26年4月28日付け健感発0428第2号(厚生労働省)
平成25年5月6日に指定感染症に定められた「鳥インフルエンザ(H7N9)」は、指定感染症としての指定期間が1年間延長されます。   (届出基準・発生届)
    平成26年4月25日付け健感発0425第1号(厚生労働省)
*平成25年10月14日から、基幹定点による届出対象疾病に「感染性胃腸炎(病原体がロタウイルスであるものに限る。)」が追加されました。
*平成25年4月1日から、5類感染症(全数把握対象疾患)に「侵襲性インフルエンザ菌感染症」「侵襲性肺炎球菌感染症」が追加され、同じく5類感染症の「髄膜炎菌性髄膜炎」が「侵襲性髄膜炎菌感染症」に変更されました。なお、細菌性髄膜炎については引続き基幹定点把握対象疾患となります。
感染症法に基づく医師の届出のお願い(厚生労働省へのリンク)

届出様式等(2014年7月26日改正)
感染症法で規定する感染症届出一覧(PDF) [110KB]
1〜4類・5類(全数把握)及び指定感染症届出様式(PDF) [792KB]word版はこちら[1429KB]
5類(定点把握)届出様式(Word) [157KB]
*クロイツフェルト・ヤコブ病、後天性免疫不全症候群、先天性風しん症候群及び定点把握の5類感染症の届出については、電子申請・届出システムにより行うこともできます。
麻しん患者調査事業
麻しん患者発生報告状況 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
愛知県病原体検出情報(速報)
愛知県健康福祉部健康対策課お辞儀する福助 集団かぜの発生について
エイズ(AIDS)についてエイズインフォメーションロゴ
名古屋市感染症情報センター名古屋市感染症情報センターロゴ


愛知県感染症情報(週報、月報)、愛知県結核情報はPDFファイルです。
これらのファイルをご覧になるには、Adobe Readerというソフトウェアが必要になります。

アドビリーダーロゴ


衛生研究所>現在のページ