あいちの園芸農産



 愛知県は、昭和37年から現在まで日本一の花の産出額を誇り、全国シェアは約16.4%です。
 大規模な温室栽培が県内各所にみられ、東三河地域を中心に県内全域で盛んに行われています。  
 
電照菊温室写真
全国一の生産を誇る電照菊の温室

〈花き作付面積と出荷量の推移〉   〈花き産出額の推移〉
 
(出典:園芸農産課業務資料)
 作付面積・出荷量ともに、22年産以降、横ばいから減少傾向である。
  (出典:生産農業所得統計)
 花きの産出額は昭和37年以来全国1位である。20年産から急激な減少が続いていたが、24年産以降やや回復傾向にある。
 なお、20年産以降は市町村別産出額が未公表のため県全体額とした。

花き主要種類別作付面積の推移

      
(出典:園芸農産課業務資料)
 22年産以降、横ばいから減少傾向である。
   
 

 《花き産出額の種類別割合》
 
               (出典:生産農業所得統計)
                本県は切花類の栽培が多く、特にきくは、213億円で
               全体の37.3%を占めている。
 
《花き産出額の都道府県別割合》
 
                  (出典:生産農業所得統計)
                  本県の産出額は571億円(全国シェア16.4%)で、
                 昭和37年以来全国1位である。


愛知県のホームページへ戻る
愛知県のホームページへ