「きぬあかり」とは

愛知で生まれ 愛知で育つ

国内で生産される小麦はうどん・きしめん用が中心ですが、国内で生産するうどん・きしめんには製めんに適したオーストラリアの小麦銘柄「ASW」などが多く使われ、うどん・きしめん用の国産小麦の自給率は60%程度に止まっています。

このような状況の中、地元で作られた小麦の粉“地粉”に注目が集まっており、全国各地で“地粉”を使用したうどんを作る動きが広がっています。

愛知県農業総合試験場は、これまでの小麦の欠点を克服し、収量性が高く、高品質な小麦を目指して平成12年から品種改良に取り組んできました。

こうして生まれた、愛知県の栽培環境に適し、おいしいめんができる新品種、それが「きぬあかり」です。

「きしめん」「味噌煮込みうどん」など、独自のめん文化を持つ愛知県。愛知の食文化を愛知の食材で。「きぬあかり」は、そんな想いに応える、待望の新品種です。

今、国内外で日本の食文化に注目が集まっている中、愛知県には、「味噌煮込みうどん」や「きしめん」といった独自のめん文化があります。
小麦新品種「きぬあかり」は、これらのめん用として愛知県農業総合試験場が開発し、愛知県の農家の皆様によって丹精込めて育てられています。
「きぬあかり」を使った「うどん」や「きしめん」は、色が明るく、つるつるシコシコな美味しいめんに仕上がります。この「きぬあかり」が地産地消の一助となり、皆さまに愛される「あいちブランド」となりますよう、ご愛顧のほどよろしくお願いします。

愛知県知事大村秀章

新着情報(フェイスブック)

おいしいめんを生み出すちから

きぬあかり」は3つの特性により、
「おいしくて、きれいな」めんを生み出すことができます

特性1 「コシを生み出す4種のグルテニン遺伝子」

しっかりしためん生地を作るためには、小麦粉に含まれるタンパク質の一つ、「グルテン」の質が重要です。「きぬあかり」は、質のよい生地を作る「グルテン」を生み出す「グルテニン遺伝子」を4種も有しています。 これにより、しっかりとしたコシのある食感のめんを作ることができます。

特性2 日本めんに適したアミロース含量

めんの食感を左右するでんぷんには「アミロース」と「アミロペクチン」の2種類がありますが、「アミロース」が適度に低いと、もちもちとした食感となります。「きぬあかり」は日本めんに適した「やや低アミロース品種」です。このため、その小麦粉からは、つるつるでもっちりした食感のめんを作ることができます。

特性3 明るいめん色を生み出す灰分の低さ

めんの色をくすませる「灰分」が低く、明るく、優しいクリーム色の小麦粉ができるので、きれいな色のめんを作ることができます。

おいしいめんを生み出すちから
おいしいめんを生み出すちから

たくさん穫れて、育てやすい

「きぬあかり」は、現在、愛知県で作付の多い「農林61号」に比べ、

1.穂が長く、収量が大変多い。
2.収穫時期が「農林61号」より早く、梅雨と重なりにくい。
3.草丈が短く、太いので倒れにくい。
4.湿害に強い。
5.コムギ縞萎縮(しまいしゅく)病に強い。
といった数々の強みがあり、愛知県での栽培に適した品種です。

収量性が高く、病気と湿害に強いこと、また、倒れにくく、梅雨が来るまでに収穫できるといった点において、生産者からも高く評価されています。

きぬあかり
きぬあかり

広がる作付面積

愛知県では、「きぬあかり」を主力品種として位置づけ、その作付けを拡大していきます。平成30年には、愛知県産小麦のほとんどが「きぬあかり」となる見込みです。

広がる作付面積

高品質・安定生産にむけて

現在、「きぬあかり」は、海部地域、西三河地域、豊田地域を中心に栽培されており、その製めんに適した高い能力を十分発揮させるため、肥料試験などが実施されています。また、徹底した排水対策や適期防除の実施により、実需者のニーズに応える高品質かつ安定的な生産に取り組んでいます。

収穫作業
収穫作業

Copyright 2017, Aichi Prefecture. All rights reserved.

pageTop