このページは愛知県医薬安全課の献血についてのページです。
コンテンツ Top献血のしくみ献血キャンペーン献血の受付場所のご案内献血Q&A愛知県献血推進計画けんけつちゃん

献血のしくみ

献血のしくみについて献血の手順採血基準献血の間隔

献血のしくみについて


けんけつちゃん 血液は、酸素を運ぶ、病原体とたたかう、出血を止めるといった生命の維持に欠かせない役割を担っていますが、人工的に造ることができません。
このため、病気やけがで血液を必要としている患者さんに血液を届けるためには、みなさんの献血が必要なのです。

献血をしてくれる人の他にも、多くの人たちの努力で患者さんに安全な血液が運ばれています。

このページの上に戻る

献血の手順


1.献血受付


献血に御協力くださる方への手引き「お願い」を熟読し、理解した上で、献血申込書に記入します。
身分証明書などの提示をお願いし、本人確認を実施しております。

献血申込書に記入した個人情報(住所氏名など)は、厳重に管理され、外部に流出する恐れはありません。

2.問診票の記入


輸血を受ける患者さんに安全な血液を届けるため、また、自分自身が安全に献血をするため、問診票の質問に正確に回答してください。

3.問診及び血圧測定


記入した問診票に基づき、問診と血圧測定を行います。
問診内容のプライバシーは厳守されるので正確に答えてください。

4.血色素量(ヘモグロビン濃度)測定、血液型事前判定

貧血の心配がないか、血色素量(ヘモグロビン濃度)の測定と血液型の事前判定を行います。
成分献血の場合は血小板数の測定も行います。

採血する際には、細菌などの混入がないように、針を刺す部分の皮膚を厳重に消毒します。
今までにヨード過敏症といわれたり、ヨードによるアレルギー症状が起こったことがある場合は、申し出により、消毒液が変更されます。

5.献血(成分献血・400mL・200mL)


採血ベットに横になり採血を行います。採血針を刺したときの痛みはすぐに和らきますが、痛みが続いたり、指先まで響くような強い痛みがあれば、医師や看護師にお知らせください。

使用される採血針や献血バックは一人一人新しい物を使用しています。

6.休憩


採血後には、休憩場所で充分に水分をとり、休憩してください。

7.献血カードの受取り


献血カードを受け取ります。今後の献血記録になりますので、大切に保管してください。

8.献血後の注意


献血の後、気分が悪くなったり、針を刺した場所に痛み、しびれが残る場合には、すぐに血液センターに連絡してください。

このページの上に戻る

採血基準


献血の種類/項目 全血献血
/200mL献血
全血献血
/400mL献血
成分献血/血漿 成分献血/血小板
1回採血量 200mL 400mL 600mL以下(体重別) 600mL以下(体重別)
年齢 注)16歳〜69歳 注)男性
 17歳〜69歳
注)女性
 18歳〜69歳
注)18歳〜69歳 注)男性
 18歳〜69歳
注)女性 
 18歳〜54歳
体重 男性45Kg以上
女性40Kg以上
男女とも50Kg以上 男性45Kg以上
女性40Kg以上
男性45Kg以上
女性40Kg以上
最高血圧 90mmHg以上 90mmHg以上 90mmHg以上 90mmHg以上
血色素量 男性 12.5g/dL以上
女性 12g/dL以上
男性 13g/dL以上
女性 12.5g/dL以上
12g/dL以上(赤血球指数が標準域にある女性は11.5g/dL以上) 12g/dL以上
血小板数 - - - 15万/μL以上
注)1年に採血
できる回数
男性6回以内
女性4回以内
男性3回以内
女性2回以内
血小板成分献血1回を2回分に換算して血漿成分献血と合計で24回以内 血小板成分献血1回を2回分に換算して血漿成分献血と合計で24回以内
注)1年に採血
できる総採血量
200mL献血と400mL献血を合わせて
男性1,200mL以内、女性800mL以内
200mL献血と400mL献血を合わせて
男性1,200mL以内、女性800mL以内
- -
注)65歳から69歳までの方は、60歳から64歳までに献血の経験がある方に限られます。
  期間の計算は採血を行った日から起算します。
  1年は52週として換算します。
このページの上に戻る

献血の間隔


前回の献血
/今回の献血
全血献血
/200mL献血
全血献血
/400mL献血
成分献血/血漿 成分献血/血小板
200mL献血 男女とも4週間後の同じ曜日から献血できます 男女とも4週間後の同じ曜日から献血できます 男女とも4週間後の同じ曜日から献血できます 男女とも4週間後の同じ曜日から献血できます
400mL献血 男性は12週間後、女性は16週間後の同じ曜日から献血できます 男性は12週間後、女性は16週間後の同じ曜日から献血できます 男女とも8週間後の同じ曜日から献血できます 男女とも8週間後の同じ曜日から献血できます
血漿成分献血 男女とも2週間後の同じ曜日から献血できます 男女とも2週間後の同じ曜日から献血できます 男女とも2週間後の同じ曜日から献血できます 男女とも2週間後の同じ曜日から献血できます
血小板成分献血 男女とも2週間後の同じ曜日から献血できます 男女とも2週間後の同じ曜日から献血できます 男女とも2週間後の同じ曜日から献血できます 男女とも2週間後の同じ曜日から献血できます
※血漿を含まない場合には、1週間後に血小板成分献血が可能になります。
 ただし、4週間に4回実施した場合には次回までに4週間以上あけてください。
 期間の計算は献血を行った日から起算します。
このページの上に戻る
献血についての問合せは
愛知県赤十字血液センターもしくは市町村へ
〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
電話 052-954-6305(ダイヤルイン)
健康福祉部保健医療局医薬安全課
SITEMAP愛知県赤十字血液センター愛知県ホームページ