仕事を知る

  1. HOME
  2. 仕事を知る
  3. 職員インタビュー

職員インタビューINTERVIEW

行政のプロフェッショナル
たち。

それぞれの専門性をもとに、様々な経験を経て、広い視野を身につけながら成長する県職員。県民の豊かな生活を実現するために日々目の前の課題に主体性をもって挑む彼らは、まさに行政のプロフェッショナルです。そんな彼らの想いをここに紹介します。

職種別インタビュー

第1回職員採用試験採用者

「第1回愛知県職員採用候補者試験」で採用され、現在愛知県で活躍している先輩職員からのメッセージを掲載しています。

第2回職員採用試験採用者

「第2回愛知県職員採用候補者試験」で採用され、現在愛知県で活躍している先輩職員からのメッセージを掲載しています。

民間企業等職務経験者を対象とした職員採用試験採用者

「民間企業等職務経験者を対象とした愛知県職員採用候補者試験」で採用され、現在愛知県で活躍している先輩職員からのメッセージを掲載しています。

身体障害者を対象とした職員採用選考採用者

「身体障害者を対象とした職員採用選考」で採用され、現在愛知県で活躍している先輩職員からのメッセージを掲載しています。

ページの先頭へ

女性職員の活躍

愛知県庁では、「女性が元気に働き続けられる愛知」の実現を目指し、女性職員の登用等の促進や、ワーク・ライフ・バランスの推進を積極的に図っています。
ここでは、実際に育児と仕事を両立し、活躍している女性の先輩職員を紹介。
先輩職員が歩んできたキャリアを振り返りながら、「愛知県で働く女性の姿」を皆さんにお伝えしていきます。

  • 3回の育児休業を利用して、
    育児と仕事の両立を実現


    防災局 消防保安課 産業保安室
    吉野 順子
    (平成10年度採用)

    詳細ページへ
  • 当たり前のように育児と仕事が両立できる、
    理解と協力のある職場環境

    振興部 地域政策課
    高臣 綾子
    (平成11年度採用)

    詳細ページへ

ページの先頭へ

新人時代を振り返る。

誰もが経験するのが新人時代。先輩職員たちも当時を振り返り、「とにかく必死だった」と漏らします。学生気分の延長なんかじゃいられない、刺激的すぎる毎日。自分の仕事が、まさに県民の生活にとって必要なものなんだと実感し、喜びをやりがいに変えて、新人はやがて一人前の県職員へ成長していきます。
先輩職員はどんな新人時代を送ってきたのでしょうか。フレッシュな喜びや戸惑いにきっと親近感が湧いてくることでしょう。

  • 新人だって立派な県職員の一員。
    若さと気合で乗り切って!

     
    人事委員会事務局職員課
    岡田 啓嗣
    (平成22年度採用)

    Historyを読む
  • 1年目から
    責任ある仕事を任されることも。
    自分自身の成長を実感できる1年

    東三河県税事務所
    田村 沙紀
    (平成23年度採用)

    Historyを読む

ページの先頭へ

キャリアヒストリー

10年、20年先の自分のぞいてみよう。

「仕事が人を成長させる」とよく言いますが、ここに登場する愛知県職員の先輩も、最初は「入庁するまで、何をするのか正直よく分からなかった」という人ばかり。仕事を任され、異動を繰り返し、常に新しい業務に邁進しながら、見えてきたものとは一体何なのでしょうか。
入庁10年目、20年目を迎えた先輩が語ってくれた本音トークをいまゼロ地点にいる志望者の皆さんに愛をこめてお送りします…!

  • 西本明日香
    10年目のCareerHistory

    Historyを読む
  • 蟹江毅弘
    20年目のCareerHistory

    Historyを読む

ページの先頭へ

やりたい仕事挑戦制度利用者のインタビュー

愛知県では、職員のチャレンジ精神を尊重し、意欲、能力を直接職務に反映させることにより、職員の士気の高揚と自立的なキャリア形成の支援を図るため、「やりたい仕事挑戦制度」などの様々な制度を導入しています。
また、仕事と育児の両立のための制度の充実など、それぞれの働き方を尊重した制度もあります。そういった制度利用者へのインタビューもまた、将来の自分を見据える上での参考となるでしょう。

掲載内容は、取材当時のものです。所属についても当時のものとなっています。

ページの先頭へ