イベントあいちでは、よりすぐりのイベント情報を
ピックアップして御紹介いたします。

イベント概要

愛知県陶磁美術館 開館35周年記念 企画展「モダニズムと民藝 北欧のやきもの:1950's-1970's デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド」を開催します

2013/11/21 掲載

画像:愛知県陶磁美術館 開館35周年記念 企画展「モダニズムと民藝 北欧のやきもの:1950's-1970's デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド」を開催します

デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドでは、やきものは産業として、また美術工芸として20世紀初頭から大きな位置を占めています。特に第2次世界大戦後の1950年代から1970年代は、北欧のやきものが数々の国際展で賞賛された黄金期でした。そしてまた、濱田庄司、柳宗理、剣持勇、芳武茂介といった当時工芸・デザイン界をリードしていた人々も北欧の陶芸家やデザイナーたちとさまざまな交流を持ち、その造形や思想に影響を受けたのです。

本展覧会は日本ではじめて黄金期の北欧のやきものをテーマにした展覧会です。

今日の「北欧デザイン・ブーム」の先駆けとなった、半世紀前の北欧ブームをやきものの側面から約160点で御紹介します。

〇みどころ

◆宮内庁三の丸尚蔵館より秩父宮家旧蔵作品(初公開)が出品されます

人間国宝・故加藤土師萌(かとうはじめ)が北欧へ視察に行った折、フィンランドのデザイナー、カイ・フランクの部屋をスケッチしたインク画が出品されます【展示期間:1月11日(土)‐2月9日(日)】。そのほか宮家におさめられたヴィルヘルム・コーゲ(スウェーデン)の作品や、昭和天皇・皇后両陛下がデンマークに外遊された際に献上されたロイヤル・コペンハーゲンのシーラカンスのオブジェも出品されます。

◆1960年ミラノ・トリエンナーレのグランプリ作品(フィンランド)が出品されます

ビルイェル・カイピアイネン(フィンランド)の作品「BEAD BIRD(ビーズの鳥)」は鉄製のワイヤー・フレームに陶製ビーズを通して制作したユニークなオブジェです。大変貴重な作品をぜひお見逃しなく御覧ください。

◆常設展示(本館2階)でも会期中、特集展示「北欧のやきものとガラス」を開催

本館2階・第6展示室では会期中、特集展示「北欧のやきものとガラス」を開催します。昨年度に当館所蔵品となった初期ロイヤル・コペンハーゲンの貴重な「アイス・ドーム(アイスクリーム入れ)」(1800年頃)も初公開します。



  1. 会 期

    • 平成26年1月11日(土)〜3月23日(日)
      *休館日:毎週月曜日(ただし、休日の場合はその直後の平日)
      *開館時間:午前9時30分から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)



  2. 会場

    • 愛知県陶磁美術館 第1・第2展示室



開催月
2014年 1月 , 2014年 2月 , 2014年 3月
ジャンル
展示会・博覧会
地区
尾張地区
詳細
詳細はこちら

pagetop

問合せ