イベントあいちでは、よりすぐりのイベント情報を
ピックアップして御紹介いたします。

イベント概要

企画展 「煎茶―山本梅逸と尾張・三河の文人文化―」 を開催します

2015/12/10 掲載

画像:企画展 「煎茶―山本梅逸と尾張・三河の文人文化―」 を開催します

日本における煎茶は、黄檗僧(おうばくそう)であった売茶翁(ばいさおう)・高遊外(こうゆうがい)(1675-1763)によって、京都を中心とした知識人の間に広められました。
そして、江戸時代後期に、抹茶を喫する伝統的な「茶の湯」の形式化が進んでいたことへの反発に加え、同時代の中国文化への憧れを基調とした文人趣味の勃興によって急速に普及し、明治時代前期頃までは煎茶文化の大流行が続きました。

本展覧会は、売茶翁・高遊外所持を含む数々の煎茶具を紹介するとともに、江戸時代後期から明治に華開いた尾張・三河の煎茶文化を、名古屋出身の文人画家・山本梅逸(ばいいつ)(1783-1856)と三河の八橋売茶翁・方巌(ほうげん)(1760-1828)、中国から渡来し常滑に朱泥急須の技術を伝えた金士恒(きんしこう)(生没年不詳)などにスポットを当てて紹介します。

1. 会期
 平成28年1月16日(土)から3月27日(日)まで
 *休館日:毎週月曜日(ただし3月21日(月・祝)は開館、3月22日(火)は休館)

2. 開館時間
 午前9時30分から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)

3. 会場
 愛知県陶磁美術館 本館 第1・第2展示室

主な展示品や関連イベントについてはこちらを御覧ください。

開催月
2016年 1月 , 2016年 2月 , 2016年 3月
ジャンル
展示会・博覧会
地区
尾張地区
詳細
詳細はこちら

pagetop

問合せ