健全な水循環再生を目指して 尾張地域・西三河地域・東三河地域 水循環再生地域協議会
トップページ リンク
健全な水循環の再生をめざして
あいち水循環再生基本構想 地域協議会 水循環再生行動計画 流域モニタリング一斉調査 川や水辺の防人(川や水辺のまもりびと) 提供資料(パンフレットなど)

流域モニタリング一斉調査

 愛知県では、河川やため池など身近な水環境に興味を持っていただくため、県民の方々を対象に県内全域で「流域モニタリング一斉調査」を実施します。この調査は、参加者の五感により水の色やにおいなどを評価するもので、どなたでも簡単に実施することができます。

調査方法

◇対象
 どなたでも参加できます(小学生以下の方は保護者の方と一緒に参加してください。)。

◇調査場所
 県内の身近な水辺(川やため池、湖、水路、海辺など)

◇調査期間
 6月5日(環境の日)から9月末まで
 ※期間内に調査ができない場合は、調査日を変更できます。

◇調査内容
 「水の調査の進め方 水循環再生指標調査マニュアル」(水の調査マニュアル)を用いて、調査票の調査項目について5段階で評価します。水の調査マニュアルに掲載されている写真等と比べて、一番合うものを選ぶため、どなたでも簡単に評価することができます。

【調査項目】
@ 水のきれいさ :水の色、におい など
A 水の量 :流れのはやさ、流れの変化 など
B 生態系 :生き物の採取、魚のようす、水ぎわの植物 など
C 水辺のようす :ゴミの有無、水辺への近づきやすさ など

◇応募・問い合わせ先
 ・参加を希望される方は、参加申込書に必要事項を記入し、お住まいの市町村の環境保全担当課へ提出してください。
 ・参加申込書の提出期限については、お住まいの市町村の環境保全課へお問い合わせください。

◇注意すること
  川などでは、次のことには特に注意してください。
○ ひとりだけでの行動はやめよう。
○ 川の水かさがひざより上のとき、川底が見えないとき、川の流れが速いときは川に入るのをやめよう。
○ 川に入るときは、ぬれてもよいくつをはき、はだしはやめよう(空きかんやガラスビンが落ちている場合があります。)。また、急に深くなったり、川底はすべりやすいので、注意して歩こう。

◇その他
○ 報告していただいた調査内容については、事務局が整理し、調査結果で公表します。
○ 本調査結果(個人情報を除く。)は、伊勢湾流域圏一斉モニタリング調査(事務局:中部地方整備局)等の類似調査の報告書に掲載させていただく予定です。

調査票
(PDFデータ:約307KB)
  水の調査の進め方
水循環再生指標調査マニュアル
(PDFデータ:約4.2MB)
調査票   水の調査の進め方


チラシ
(PDFデータ:約973KB)
調査票



 
尾張地域
西三河地域
東三河地域
水循環再生地域協議会
   
【事務局】 愛知県環境部水地盤環境課 調査・計画グループ
〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
TEL 052-954-6221  FAX 052-961-4025
Eメール mizu@pref.aichi.lg.jp