生態系ネットワークの形成にむけて〜あいち方式〜  ホームへ                

協議会会員

愛知医科大学

愛知学院大学

愛知学泉大学

愛知県立芸術大学

愛知県立大学

愛知工業大学

愛知淑徳大学

愛知大学

金城学院大学

椙山女学園大学

中京大学

中部大学

東京大学演習林
生態水文学研究所

名古屋外国語大学

名古屋学院大学

名古屋学芸大学

名古屋工業大学

名古屋産業大学

名古屋商科大学

名古屋市立大学

名古屋大学

南山大学

名城大学

国際ロータリー
第2760地区
社会奉仕委員会

三五コーポレーション株式会社

生活協同組合
コープあいち

東邦ガス株式会社

名古屋市  瀬戸市

春日井市  豊田市

尾張旭市  豊明市

日進市   みよし市

長久手市  東郷町

愛知県
 地域の共通テーマや現状と課題、実現に向けた進め方等を一枚に示したロードマップ
  を作成しています。
 ロードマップ(PDF689KB)
大学のキャンパスにおける自然保全活
大学における里山保全活動、湿地の創出活動及び特定外来生物の駆除の様子を写真で紹介しています。
金城学院大学・愛知学院大学(PDF669KB)
愛知県立大学
(PDF743KB)
戻る
次へ
ページトップへ
愛知県
環境部自然環境課
生物多様性保全グループ・国際連携・生態系グループ
052-954-6475
052-954-6229(ダイヤルイン)
対象エリア:名古屋市、瀬戸市、春日井市、豊田市、
        尾張旭市、豊明市、日進市、みよし市、
        長久手市、東郷町
お知らせ
東部丘陵生態系
ネットワーク協議会

〜23大学が先導する、
ギフチョウやトンボの舞う
まちづくり〜

2017年度あいち自然再生カレッジの受講生を募集します。(募集チラシPDF3,955KB)

2016年度海上の森自然環境保全地域でギフチョウの保全活動に取り組みました
  (取組概要PDF332KB)

2016年度あいち自然再生カレッジを開催しました。(募集チラシPDF4,580KB)
あいち自然再生カレッジ
生物多様性を学び、保全のために行動する人を育むために大学が連携したリレー講義です。(PDF159KB)
大学の自然環境・取組・研究の紹介
東部丘陵地域に立地する大学における自然環境、生物多様性保全の取組や研究を紹介します。(PDF13,631KB)
生態系ネットワーク形成に向けた取組

自然の特徴



海上の森
砂礫層に覆われた傾斜の緩やかな丘陵地に、何度もはげ山になりながらも、再生されてきた樹林が広がっています。

丘陵地には、小規模な湧水湿地が点在し、東海丘陵要素植物群やハッチョウトンボなどが生息生育しています。

丘陵地から流下する矢田川、天白川をはじめとする河川の上流域には、ホトケドジョウやメダカなどが生息しています。

大小のため池が分布し、牧野ヶ池や森林公園の池のように、公園緑地の一部になっているものが見られます。

地域の特徴


大学
広い敷地を持つ、大学や公的な施設が多く分布しています。

まちなかの大規模な自然は、東山公園や牧野ヶ池緑地、猪 
高緑地、小幡緑地、森林公園などの公園緑地として残されています。

愛知万博(愛・地球博)の開催地域であり、在来種を用いた 
道路緑化などの先進的な自然環境保全対策が見られます。 また、自然を守る運動が活発に行われています。

名古屋市近郊に位置する都市化の進行が著しい地域で、高
速道路をはじめとする道路の整備が進んでいます。