愛知県で対策が必要な外来種30

ここでは、特に愛知県の自然環境などへの影響があり、対策の必要性が高い代表的な外来種30種をピックアップして紹介しています。種の解説に加え、県内の分布状況や写真付きの見分け方のポイント、対策方法などが記載されていますので、対策の参考にしてください。

アライグマ
在来の小動物や農作物の食害、建造物への侵入が問題です

詳細を見る

ヌートリア
水辺にすみ、水生植物の食害、水稲等への被害が深刻です

詳細を見る

ハクビシン
木登りが得意で、果樹などに被害を与えます

詳細を見る

コブハクチョウ
他の水鳥への悪影響のほか、農業被害のおそれもあります

詳細を見る

ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)
在来のカメや水生動植物に大きな悪影響を与えます

詳細を見る

オオクチバス(ブラックバス)
池や川でさまざまな動物を食べてしまいます

詳細を見る

コイ
何でも食べてしまうので、安易な放流はやめましょう

詳細を見る

ブルーギル
密放流による分布拡大が大きな問題になっています

詳細を見る

アルゼンチンアリ
非常に早く歩くアリで、屋内に侵入して不快害虫になります

詳細を見る

クワガタムシ科
野生化すると、在来のものと交雑する等、悪影響を与えます

詳細を見る

タイワンタケクマバチ
在来のクマバチや竹材に悪影響を与えます

詳細を見る

セアカゴケグモ
毒グモであり、咬まれると危険なので注意が必要です

詳細を見る

カワヒバリガイ
水道施設の配管に群生し、詰まらせることがあります

詳細を見る

スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)
水稲やレンコンの食害など、農業被害が問題となっています

詳細を見る

アメリカザリガニ
水草や水生昆虫を食べて、生態系に悪影響を与えます

詳細を見る

アツバキミガヨラン(ユッカ)
海岸などに侵入して、在来の植物の生育を妨げます

詳細を見る

アレチウリ
他の植物を覆い尽くして、下の植物への日光を遮ります

詳細を見る

ウチワサボテン属
植物体の一部から簡単に増えるので、注意が必要です

詳細を見る

オオカナダモ(アナカリス)
広く流通している観賞用水草で、断片から分布を拡げます

詳細を見る

オオキンケイギク
繁殖力が強く、河原などで他の植物の生育場所を奪います

詳細を見る

キショウブ
野生化したものが水辺で繁殖し、他の植物の生育場所を奪います

詳細を見る

スイレン属
繁殖力が極めて強く、一度定着すると手がつけられなくなります

詳細を見る

タカネマツムシソウ
希少な在来種マツムシソウと雑種を作るため、問題となっています

詳細を見る

トウネズミモチ
街路樹などに利用されており、鳥により種子が散布されます

詳細を見る

ノハカタカラクサ
野生化したものが林などで繁殖し、分布を拡大しています

詳細を見る

ハゴロモモ(フサジュンサイ、ガボンバ)
観賞用水草で、野生化すると他の水草に悪影響を与えます

詳細を見る

ハリエンジュ(ニセアカシア)
環境への適応力が高く、河川敷などに侵入して繁殖します

詳細を見る

ポンポンアザミ
繁殖力が強く、地下深くまで根を張る厄介な植物です

詳細を見る

ヒガタアシ(スパルティナ・アルテルニフロラ)
干潟を草地に変えてしまう最も侵略的な植物の一つです

詳細を見る

モウソウチク
管理放棄されたものが里山に分布拡大し、深刻な問題となっています

詳細を見る

ダウンロードページ

愛知県移入種対策ハンドブック -ブルーデータブックあいち2012-
県内で問題となっている外来種について、県民のみなさまが理解を深め、実際の対策に役立てていただくために作成しました。
ダウンロード
生きものを野外に放さないで!パンフレット
県内の生態系に著しく悪影響を及ぼすおそれがあるため、条例でみだりに野外に放すことが禁止されている「移入種」を紹介しています。
ダウンロード
  • 外来生物法(環境省)
  • しってる? 外来生物(環境省)
  • 侵入生物データーベース
  • あいちの環境
  • あいち環境学習情報ライブラリー
  • クイズ!ゴミ・パコ
  • 愛知県環境調査センター
  • 愛知県ホームページへ
Get ADOBE READER
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。
同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。