地域がつながるカーボン・オフセット
トップページ > 太陽光のグリーン電力証書 > 太陽光のグリーン電力証書の導入メリット

太陽光のグリーン電力証書の導入メリット

● 太陽光のグリーン電力証書購入者のメリット

太陽光のグリーン電力証書購入者のメリット

● 発電者のメリット

1.
余剰電力の売買収入のほかに、自家消費分の環境価値を企業等に提供することにより収入が得られ、住宅用太陽光発電の設置費用を早期に回収できます。
2.
「グリーン電力証書システム」を通じて、多くの企業等のCO2削減、環境改善に貢献できます。

● 地域全体のメリット


住宅用太陽光発電施設の設置費用の回収が早くなるため、太陽光発電の設置が増加し、地域全体としても以下のようなメリットがあります。

1.
地球温暖化防止
太陽光発電設備の製造時のCO2排出量は1〜3年で回収ができると言われています。また、太陽光発電を設置した世帯は設置前に比べて著しい省エネ効果があることも言われています。つまり住宅用の太陽光発電の普及促進は、地域でできる地球温暖化防止の有効な取組の1つです。
2.
エネルギー安定供給
日本はエネルギー資源を海外に依存しており、全国のエネルギー自給率はわずか4%(ウランの再処理は含めない)しかありません。ちなみに、愛知県のエネルギー自給率は約1.6%という推計があります(「永続地帯2008年版報告書」千葉大学公共研究センター)。このため、太陽光発電の普及は、エネルギーの自給率向上、しいては、エネルギーの安定供給につながります。
3.
地域経済の活性化
太陽光発電の設置には製造業者はもとより、地域の販売業者および施工業者が深く関わります。つまり太陽光発電の普及は地域でお金が回る経済対策であり、かつ新たな雇用創出効果も期待されています。
4.
防災対策
太陽光発電は停電時に自立運転が可能です。ちなみに阪神淡路大震災では6日間、新潟中越地震では11日間停電が続きました。つまり地域にある太陽光発電設備は、地震や風水害などの非常用の電力源としても有効です。

太陽光のグリーン電力証書

太陽光のグリーン電力証書の導入の流れ・手続き

このページの一番上に戻る