地域がつながるカーボン・オフセット
トップページ > カーボン・オフセットとは

カーボン・オフセットとは

事業活動などによるCO2排出量を把握し、可能な限り自らの排出削減を進めた上で、削減できなかった排出量の全部又は一部を、別の場所での排出削減や吸収量で埋め合わせる仕組み。

・・・低炭素社会にシフトするための手段の一つ。

● カーボン・オフセットの意義及び効果

排出枠購入者と排出削減者の双方にメリットがある形でCO2を削減
排出枠購入者は、別の場所での排出削減分を自らの削減分とすることができるというメリットがあり、排出削減者は削減コストの一部を回収できるというメリットがあります。
主体的な削減活動の実施を促進
「見える化 → 自分ごと化 → 削減努力 → カーボン・オフセット」という流れを作り、
主体的に温室効果ガスを削減する行動を行うことが促進できます。
温室効果ガスの排出削減プロジェクトの資金調達への貢献
国内外の温室効果ガス排出削減を実現するプロジェクト、活動等の資金調達に貢献することができます。

● カーボン・オフセットの類型

カーボン・オフセットの類型 図

● カーボン・オフセットの手順

カーボン・オフセットの手順

( 1 ) 排出量の把握 自らの行動に伴う温室効果ガスの排出量の認識
矢印
( 2 ) 削減努力 可能な限り、温室効果ガスの排出削減を実施
矢印
( 3 ) 排出量の算出 削減困難な部分の排出量を計算
矢印
( 4 ) クレジット調達 算出した排出量と同量分、もしくは一部の排出量を購入
または他の場所での排出削減を支援
矢印
( 5 ) オフセット
(埋合せ・相殺)
排出量の全量 または一部をオフセット

● カーボン・オフセットに用いられる主なクレジット

種類 概要/クレジット発行者
グリーン電力証書 「グリーンエネルギー認証センター」(第三者機関)が認証した自然エネルギーの環境価値/民間の証書発行会社
京都クレジット
(CERなど)
京都議定書によるクリーン開発メカニズム事業などの京都メカニズムにより生まれた排出枠/国連
国内クレジット
(国内CDM)
経済産業省が中心となって行っている国内クレジット制度から生まれる排出枠/日本政府
オフセットクレジット
(J-VER)
環境省が制度化したオフセット・クレジット制度から生まれた排出枠/気候変動対策認証センター
国内試行排出量取引制度
によるクレジット
経済産業省が中心となって行っている国内試行排出量取引制度により企業が設定した排出枠を超えて削減した際に生まれる排出枠/日本政府
このページの一番上に戻る