○優秀賞○
豊田合成(株)平和町工場(稲沢市)

立派な緑のカーテンとなっており、外壁温度低減や冷房負荷低減の効果もよく表れています。
→詳細(別ウィンドウで開きます)
































社会福祉法人 大幸福祉会
ユニオンワークス(名古屋市)


 苗植えから利用者が関わり、楽しんで植物を育てながら見事な緑のカーテンを作り上げています。
詳細(別ウィンドウで開きます)


尾張旭市役所

 学校や保育園、市民団体などと協働し、緑のカーテンを多くの市民に広く普及啓発されています。
詳細(別ウィンドウで開きます)


タイホーコーポレーション(株)
モスバーガー鳴子店(名古屋市)

 プランターの草花と組み合わせて緑のカーテンをおしゃれに演出し、うまく来店者にPRされています。
詳細(別ウィンドウで開きます)









【審査員特別賞】







ホーム > 平成26年度「あいち緑のカーテンコンテスト」の優秀事例を決定しました!

緑のカーテン

愛知県では、地球温暖化防止に向けて「緑のカーテン」の普及を図るため、「あいち緑のカーテンコンテストを実施しました。
たくさんの応募の中から、優秀事例として以下の15事例が選ばれましたので、ご紹介します。


線

→過去の入賞事例平成21年度(PDF)、平成22年度平成23年度
平成24年度平成25年度平成26年度平成27年度

緑のカーテンガイドブック


線

住宅部門
 
○最優秀賞○
高橋恵美子(たかはしえみこ)さん(豊川市)
 育成状況のよい立派な緑のカーテンとなっています。ペットボトルを使った自動給水システムを設けるなど、水やりや土作りの方法にも工夫がみられます。
詳細(別ウィンドウで開きます)
        
○優秀賞○ 小林かつ子さん(豊橋市) ○優秀賞○ 
山城英司(やましろえいじ)さん・佳代子(かよこさん(刈谷市)

生ゴミ等を活用した土壌改良や風呂水の利用など、環境へ配慮しながら育成されています。
詳細(別ウィンドウで開きます)

定期的な施肥などの生育管理の努力により、見栄えのする素晴らしい緑のカーテンとなっています。詳細(別ウィンドウで開きます)


【幼稚園・保育園・児童福祉施設部門】

 

○最優秀賞○  しおつ児童館 塩津(しおつ)児童クラブ(蒲郡市)

児童も大人と一緒にカーテン作りに取り組んでおり、見た目も良くきれいな出来映えです。使用電気量も削減され設置の効果が表れています。
詳細(別ウィンドウで開きます)

        
 
○優秀賞○  
刈谷市立富士松北(ふじまつきた)幼稚園

前年に育てた植物を利用したオブジェや種の活用など、園児の 興味を引く工夫が多くみられます。
詳細(別ウィンドウで開きます)
○優秀賞○ 
刈谷市立小高原(おだかはら)幼稚園

立派な緑のカーテンとともに、アーチ
状の緑のカーテンを設置し、うまく園児の関心を高めて
います。
詳細(別ウィンドウで開きます)


学校部門
 

○最優秀賞○ 安城市立志貴小学校
 立派なカーテンを作るだけでなく、PTA新聞への掲示や収穫物の地域への配付など、緑のカーテンの普及啓発にも積極的に取り組まれています。
詳細(別ウィンドウで開きます)
        
○優秀賞○  半田市立さくら小学校
○優秀賞○  豊田市立若林小学校

 緑のトンネルと連結することで日陰の幅が伸び、より涼しくなるよう工夫がされています。
詳細(別ウィンドウで開きます)

 タンクに貯めた雨水を利用することで児童が節水の大切さを実感でき、環境学習にも繋がっています。
詳細(別ウィンドウで開きます)



事業所部門

○最優秀賞○ 
中部国際空港株式会社(ちゅぶこくさいくうこうかぶしきがいしゃ)
 (常滑市)

半田農業高校と共同で継続的に緑のカーテン作りに取り組み、FacebookでのPRや周知の看板を設置するなど、ユニークな普及方法がとられています。
詳細(別ウィンドウで開きます)



○優秀賞○

 トヨタ自動車(株)明知(みょうち)工場
工場壁面のほか、地域の方々が利用す
るグラウンドの緑のカーテンで、
広く
取組を
PRしています。
詳細(別ウィンドウで開きます)
































ページの先頭へ