ホーム > 地球温暖化の現状 > 地球全体に広がる地球温暖化の影響

地球温暖化の現状

地球全体に広がる気候変動の影響

地球温暖化が進んでいます。
地球温暖化は、私たちの生活から排出される二酸化炭素(CO2)などが原因となって、大気や海水の温度が上昇するという問題で、このまま進むと、将来、世界中で異常気象や生物多様性への影響、農業への被害など、重大な影響が出ると予測されています。

1.中米、2.アフリカ、3.北極海、4.ヒマラヤ、5.日本、6.沖縄、7.ツバル

1.大雨の増加、ハリケーンの強大化

アメリカを襲うハリケーンカトリーナ

アメリカを襲うハリケーンカトリーナ

写真提供 NASA
NASA VISIBLE EARTHウェブサイト(別ウィンドウで開きます)より

地球のほとんどの陸域で大雨の頻度が増加。日本でも、大雨や短時間強雨が増えています。また、1970年代以降、北大西洋のハリケーンの強度が増してきたと言われています。

2.干ばつ、乾燥化

アフリカの乾燥地帯

アフリカの乾燥地帯

画像提供 UNEP,GRID-Arendal
Vital Graphics Seriesウェブサイト(別ウィンドウで開きます)より

過去100年間にアジア北部・中部などで降水量が増加した一方、サヘル地域(サハラ砂漠の南縁)、地中海地域などは乾燥化が進みました。熱帯や亜熱帯地域では、より厳しく、長期間の干ばつが観測されるようになりました。


3.北極の海氷の減少

北極圏海氷モニター
2012年9月16日撮影

北極圏海氷モニター 2012年9月16日撮影

写真提供 宇宙航空研究開発機構
宇宙航空研究開発機構 第一宇宙技術部門(別ウィンドウで開きます)より

北極の気温は地球全体の2倍の速さで上昇。2012年北極海の海氷面積は、観測史上最小を記録。21世紀後半までに、夏には北極海の氷は完全に消滅するとも言われています。

4.氷河・氷床の後退

ヒマラヤのAX010氷河

1989年11月2日撮影

ヒマラヤのAX010氷河 1989年11月2日撮影

2008年10月7日撮影

ヒマラヤのAX010氷河 2008年10月7日撮影

写真提供 名古屋大学環境学研究科・雪氷圏変動研究室
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(別ウィンドウで開きます)より

南北両半球において山岳氷河と積雪面積は縮小し、グリーンランドと南極の氷床の流出が加速しています。こうした陸上の氷の減少は、最近の海面上昇の一因と考えられています。


5.生態系の変化

愛知県で発見されたセアカゴケグモ

愛知県で発見されたセアカゴケグモ

生態系にも深刻な影響が生じると考えられています。2005年8月、中部国際空港内で、熱帯〜亜熱帯に分布するセアカゴケグモ(毒グモ)が、愛知県内で発見されました。

6.サンゴの白化

沖縄 慶良間列島のサンゴ礁

沖縄 慶良間列島のサンゴ礁

写真提供 阿嘉島臨海研究所
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(別ウィンドウで開きます)より

地球に蓄えられた熱の80%は海洋が吸収し、海水温が上昇したと言われています。多くの生命を育むサンゴ礁を形成するサンゴは、水温の上昇などで白化し、その状態が続くと死んでしまいます。


7.海面上昇

サンゴ礁の島国・ツバル

サンゴ礁の島国・ツバル

写真提供 FoE Japan(別ウィンドウで開きます)より

20世紀を通じた海面上昇は17cm。今世紀末までにさらに59cm上昇する可能性があり、小島嶼(しょ)への影響が心配されています。日本でも多くの砂浜が消失すると言われています。


次のページへ


ページの先頭へ