ページの先頭です

メニューの終端です。

定期調査報告について

[2015年5月11日]

定期報告制度について

 不特定多数の者が利用する一定規模の建物の所有者・管理者は、建物を適切に管理するとともに、専門家により定期的に調査・検査を行い、その結果を特定行政庁に報告することが義務づけられています。(建築基準法第12条第1項、第3項)

平成27年度対象建築物について

 平成27年度に報告していただく建築物は、下記の建築物です。

 
用途
 規模  定期調査報告時期
 
劇場、映画館、演芸場、公会堂又は集会場
    A’>200u    
かつ、F’≧3階

又は地階
  平成27年4月1日より
  〜  
平成27年10月31日まで
    
 観覧場
    A>1,000u    
 物品販売業を営む店舗(百貨店及びマーケットを含む)  A>500u
かつ、F≧3階

又は地階
 展示場、キャバレー、ナイトクラブ、バー、ダンスホール、遊技場、公衆浴場、料理店又は飲食店   A>1,000u
かつ、F≧3階

又は地階
 事務所その他これに類する用途   階数5以上
A>1,000u
かつ、F≧3階

又は地階
 複合用途建築物   A>1,000u
かつ、F≧3階

又は地階

 A : 当該用途に利用する床面積の合計。
 F≧3階 : 3階以上の階に当該用途に利用する部分があるもの。

 A’F’ : 客席部分の床面積の合計及び用途に供する部分の階を示す。

※建築設備等の定期検査報告は毎年になります。

参考:定期報告制度にかかる調査結果表の変更点について(特定天井)[H27年4月1日施行]

平成26年度の定期報告

 平成26年度の定期報告(旅館及びホテル、並びに病院)を提出されていない所有者・管理者の方は、速やかに提出してください。
  提出先:愛知県建築住宅センター
 なお、定期報告のあった建築物の定期調査報告概要書は、下記の建設事務所で閲覧することができます。

■閲覧できる建設事務所

各建設事務所 管轄地域 連絡先 
尾張建設事務所
建築課(6階)
瀬戸市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村 〒460-0001
名古屋市中区三の丸2丁目6番1号
電話:052-961-1845
(愛知県三の丸庁舎)
知多建設事務所
建築課(1階)
半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町 〒475-0828
愛知県半田市瑞穂町2丁目2番地の1
電話:0569-21-3245
西三河建設事務所
建築課(5階)
碧南市、刈谷市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、みよし市、幸田町 〒444-0860
岡崎市明大寺本町1丁目4番地
電話:0564−27−2734
(愛知県西三河総合庁舎)
東三河建設事務所
建築課(2階)
豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、東栄町、豊根村 〒440-0801
豊橋市今橋町6番地
電話:0532−52−1315
※名古屋市、豊橋市、岡崎市、一宮市、春日井市、豊田市内の定期報告については、各市に直接お問い合わせください。

お問い合わせ

建築指導課建築物安全安心グループ
電話: 052-954-6587